スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
会話
言葉について、もう少し書く事があります。

よく「英語は早いうちから勉強していると話せるようになる。」
と言われます。これが(決して間違ってはいませんが)正確ではないのです。(°O° ;)

これは、家族で美国に住んでいる日本人の方から聞いた話です。

ご両親はどちらも日本人で、二人姉妹の子供のうち、妹さんは美国で生まれました。以来ずっと美国に住んではいます。
ところが、5歳になるまで妹のほうは英語を話せませんでした。
普通に話し、理解出来るようになったのは幼稚園(Kindergarden)に行くようになってからです。

プチ解説: 4 ?5 歳 Preschool(幼稚園の年少さん)
       5 ?6 歳 Kindergarden(幼稚園の年長さん)
       7 ?12歳 Elementary school(小学校)
       13?15歳 Junior high school(中学校)


まず第一に、土地が広大すぎて、お隣さんが1km近くも離れている事が理由です。他のお友達と遊びたくても、近くにお友達がいないのです。
(これは、私の住んでいる所だからかも知れません)
当然、ご両親のお友達の所のお子さんと遊ぶ事になります。
そのご家族は、ほとんど日本人のお友達家族とのお付き合いをしていました。会話は日本語。その結果、英語に触れる時期が遅くなったのです。

もうひとつは、美国の習慣(あり?法律だわ)にあります。
美国では、ほぼ12歳までは子供だけで家にいさせてはいけません。
常に保護者がいなければなりません(そういった意味でベビーシッターが必要なのです)。
それが発見されると、両親は罰せられます。

先の日本人ご家族の場合、ご主人はお仕事ですが、奥様は常に家に居ます。ベビーシッターは必要なく、日本語で会話する為、ここでも英語に触れる機会を遅くしました。

ご両親の言葉です。
「私らが気を使って教えへんかったから、下の娘は日本語でもない、英語でもない、なんやごちゃまぜの言葉喋ってて、えらい難儀したわ(関西の方達です)。何ゆってるかわからへんねんもん。」
冗談のつもりで言ったのだと思いますが、私は笑えませんでした。
美国には、日本語放送のTVもあり(標準語です)、当然英語でのアニメも放送し、ご両親は関西弁で喋り…。子供にとっては…もしかしたら辛かったのかも知れません。

でも、幼稚園に行くようになって、ほんの数週間で英語を理解しました
(す、すごい!)。
今では、ご両親は別の悩みを持っています。
子供達と話してる娘の…英語が…理解出来ない!
これには笑いました。そして、子供達に諭すように言っているのだそうです。
頼むから…私らと話す時は日本語使って。」(笑)
スポンサーサイト
【2005/04/28 04:55 】
言葉 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< | ホーム | 言葉>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/6-856f265a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。