スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
「Sir」の意味あい
え?…先日、ブッシュ大統領がローマ法王に内謁した時、

「聖下(His Holiness)」

ではなく

「閣下(sir)」

と呼びかけ、それがおかしいと言うお話がありました。
私、何が不思議なのか判らず、此処の人達に聞いてみました。

結果は…

どうもおかしくないようなのです(笑)

基本的に、此処では「Sir」は敬語の意味合いで使用されるようです。

例えば、食事中。

ガツガツ食べている男性の客の飲み物がカラになっているのを見つけたうら若き金髪、グリーンアイのないすばでぃなウエイトレスさん。

「Will you take more water,Sir?」
(お客様、もっとお水をお持ちしますか?)



例えばウォル・マートに買い物に来て駐車場を歩いている時。

前を颯爽と歩いていたジョニー・ディップのような素敵な男性が、何かの段差にケツまづき『おっとっと!』となった拍子にスリムジーンズのポケットからポロッとイヴ・サン・ローランのハンケチが落ち、それに気づかずに歩き去ろうとした時。

「Excuse me sir? You dropped your handkerchief.」
(あの、ハンケチを落としましたわよ)


「Oh!Thank you!…Could you please drink tea with me,Lady?」
(ありがとう。お礼にお茶でもご一緒しませんか素敵なお嬢さん?此処のテナントに入ってる喫茶店は特に、ダージリンとオレンジ・ペコのブレンド具合が絶妙で私は何回も此処にお茶を飲みに来るんです。おひとつ試してみては如何ですか?それに、店長の自家製チーズケーキは絶妙ですよ。モツァレラ・チーズを新鮮な生クリームで溶いてフワフワに焼き上げた極上品なんです。ひとくち食べると口の中に甘さと、ほど良い酸味が広がりそれでいてしつこくない上品さを兼ね備えていt…



て、そんなに長々喋ってないやん!

…い、いや…妄想が…コホン…


と言う訳で(何この纏め方?)「Sir」には大きな他意はなく、話をする相手
を敬う意味合いを持った丁寧な言い方のようですね。
なので、取り立てて大騒ぎをする事も無いような気がします。
普段からちょっとした問いかけに「Sir」を使うと良いかも知れません。
何気ない丁寧な言葉に新たな出会いと恋が芽生えるかも。
(て、趣旨が変わってるやん 汗)
スポンサーサイト
【2007/06/12 00:03 】
言葉 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<何気ない日常 ショートショート3連発 (トイレ偏) | ホーム | 身体が要求、DAKARA>>
コメント
卓球の愛ちゃんの『サー!』はまさか・・・!
【2007/06/12 00:40】
| URL | ゆう #-[ 編集] |
>ゆう姉さん そうそう!

よく気がつきました。あれは、愛ちゃんの相手に対する敬意の証なんです。
…て、コブシ握ってるやん(笑)

…いや、あれは相手を威嚇してるンぢゃなくて…そう!
彼女特有の敬礼のポーズなんです。
ともかく相手に敬意を払って『サァー!』をつけてるんd…
無理がありすぎですから(笑)
【2007/06/13 21:03】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/548-47410db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。