スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
苦悩の7年 訴訟の行方
「陪審員の皆様、トーニャとロベルタにとっての、屈辱と不合理の7年間が今終わろうとしています。」

二人の弁護士であるユミコ・シャックは12人の陪審員を前にして、静かに最終弁論を切り出した。

「今回の訴訟の争点は単にGMの卑劣なセクハラを糾弾するだけのものではありません。二人が真に傷つけられたもの、それはラリー・ミラー・グループに対する信頼です。将来を捧げ、会社に忠誠を誓い希望に燃えて業務を全うしていた二人を、会社は裏切った。

確固とした反セクハラの方針を掲げて全社的にセミナーを実施し、充分な教育システムまでを設け取り組んで来たはず企業の中にあって、一番に己を律すべき幹部の中に憎むべきセクハラをする輩を出現させてしまったのです。
GMは卑猥な言葉をあびせ、必要以上の粘着性を感じさせるほど接近し、接触を図っています。そしてその事を拒否すると何の根拠も無く業務内容を非難し、あげく、顧客と性的関係を持ったと根拠の無い中傷を行いました。

それに対する苦情を訴えた二人を待っていたのはセクハラをした当事者に対する断固たる処置ではなく、二人に対しての『報復と侮辱の日々』そして『敵対的で劣悪な労働環境』でした。二人は堪えられなかった。それほど過酷で屈辱的な状態にまで追いやられたのです。

それを増長させたのは他ならぬラリー・ミラー・グループの幹部達です。二人の正当な苦情に対し、ミラー・グループ幹部は事実の揉み消しを謀りました。特に苦情を直接ミラー社長に上訴しようとしていたロベルタに対し、ある重役は先手を打って電話をかけ、彼女の直接懇願を阻止しています。
そして、劣悪な労働条件で業務遂行を強要したばかりでなく、あろうことか二人を不当解雇すると言う暴挙に至ったのであります。

襟を正すべきは解雇された二人ではなく会社の方針に反し、事実を歪曲してまで社会的信用失墜を免れようとしたラリ・ミラー・グループ幹部、ひいてはそのような暴挙を許す会社全体の体質だと私は断定致します。

彼女達は今でも口をそろえて言っています。
「マネージャーとしての誇りを持ち、仕事に打ち込んでいた。
ラリー・ミラーの理念に賛同し、将来を託していた。」と。
その彼女達の夢を奪ったのは他ならぬミラー・グループ全体なのです。

陪審員の皆様、以上の言葉で、いったい何が真実で、何が悪なのかはお判りだと思います。そうです、唾棄すべきセクハラは事実存在した。そして二人は理由無く解雇された。彼女達の受けた言葉の暴力、行動の暴力、そして受けた傷を…権力に屈し歪めてはいけない。ラリー・ミラー・グループには断固たる処置を希望するものであります。どうか陪審員の皆様、正義の名の下に勇気あるご決断をお願い致します。

最後に、これだけは言わせて下さい。」


ユミコがツカツカとGMの前に歩み出た。ハイヒールの乾いた音が法廷内に響いた。GMは身体を硬くし、正体なさげに目を泳がせている。

ユミコの、モッパのようなつぶらな瞳が鋭く光りGMを睨んだ。サッと人差し指を立てた右手が上がり、一直線にGMを指差した。


「あなた!逃げる場所はありませんよ!







…て、これ、お約束ですから…。

では終わります。」



陪審員席、傍聴席からドッ!と歓声が沸いた。
皆がスタンディング・オベィションで割れんばかりの拍手をした。
そのうち誰ともなくアンコール・コールが始まった。

「アンコール!アンコール!アンコール!」
「アンコール!アンコール!アンコール!」

「静粛に!此処は法廷ですよ!静かにしなさ?い!

裁判長が怒鳴った。ユミコ・シャックが立ち上がった。
さらに大きな拍手が起こった。

「それではアンコールにお答えして…

え?…陪審員の皆様、トーニャとロベルタにとっての、屈辱と不合理n…」


「キミもそこまで最初からアンコールやらんで宜しい。」
「…はい(汗)…。」


陪審員が協議室に下がった。7年間の争いに終止符が打たれる瞬間。
もうどれほどでもない。二人の正義は守られるのか、それとも…。

協議室のドラノブが回った。陪審員達が次々に入廷する。

「陪審員の皆様、見解は一致しましたかな?…では判決を。」

裁判長が結果を促した。
陪審員の一人がコクリと頷き、手に持った書類を目の前まで上げた。
そしてその口が静かに開く。

「陪審員は全員一致を見ました。判決は…」



次回につづく(ちょっとやり過ぎ? 笑)
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/24 04:48 】
三文小説 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<苦悩の7年 判決…そして… | ホーム | 苦悩の7年 裁判の波紋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/543-cfc5a6d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。