スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ノンフィクション 苦悩の7年
あのぅ…ついやってしまいました(笑)

元々、小説を書くのが夢だった私です。
ただの訴訟記録をご報告するつもりだったのですが長くなっちゃいました。
で、思い切って連続ノンフィクション小説風に加工してしまいました(笑)
で、イントロダクションと共にひとつの記事とリンクにしときます。
お客様が、お時間のある時に順番にお読みになれるようにっと。

カテゴリーにも「三文小説」として作りました(笑)
ご利用下さいませ?♪

凛のご提供するノンフィクション小説「苦悩の7年」

ではどうぞ。

ちなみに、この物語は事実に基づいたフィクションのはずです。
登場する人物、固有名等は実在のものとは関係ありますん。
…と、言っとかないと私が訴えられる(笑)




【登場人物】

トーニャ・ハウス:財務マネージャー。当時28歳。セクハラ訴訟の原告。
ロベルタ・パルス:会計監査マネージャー。当時36歳。同原告。
ラリー・ミラー:ミラー・グループ社長。
GM:新任GM。トーニャとロベルタのセクハラの張本人。名は無い(笑)
ハマー重役:ミラー氏の配下にいるいわゆる取り巻き。
トニー・シュナール:ミラー・グループ上級副社長。セクハラ揉消し画策。
サマンサ・シュナール:トニーの妻。もしかして…奥様は魔女?(笑)
リチャード・ニューエンダイク
トム・クルーズと同じく問題児排除の任務を遂行するMI5のメンバー(え?
ボブ・コッカハム:同上。ただし、目的の為には手段を選ばない?
裁判長:本裁判法廷のツッコミ担当
ユミコ・シャック:七人の女弁護士事務所所属の弁護士
心無い人々 ABCD:権力とつるんだマスゴミに踊らされた埒もない人
陪審員団長:ポール・ニューマンに似た本訴訟の陪審員の一人

プロローグ:トーニャとロベルタ
第一章  :理不尽の芽
第二章  :裏工作
第三章  :リチャードの決断
第四章  :ボブの謀略
第五章  :ラリー・H・ミラー
第六章  :裁判の波紋
第七章  :訴訟の行方
最終章  :判決…そして…
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/25 07:35 】
三文小説 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<あとがき(へへへ…小説家♪) | ホーム | 苦悩の7年 判決…そして…>>
コメント
私も小説書くの好きかも・・・
作文は得意だったからね(笑)
【2007/05/19 06:37】
| URL | ゆう #-[ 編集] |
>ゆう姉さん こんばんわ~vvv

小学校の頃、友達に私の読書感想文を売ってました。
様々な読書感想文と、色々な文体を駆使したんですが…バレました。
どうしてバレたかって?短編マンガの読書感想文だったから(笑)
【2007/05/22 04:55】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/539-0dd3f8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。