スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
教育って何?
え?…


私、今の今まででっかい…
くじらの爪楊枝のように(でっかいくせにセコっ!)
それはそれは大間違いをしておりました。

前にどこかの記事で私は
『此処の義務教育は高校まで』とか、抜け抜けと言ったと思います。

でっかい、それはそれはくじらのt(ry
…間違いだったようです。

この国は自由の国。
守る『義務』はありますがそれはルール(法律なんかの事)。

『義務教育』っていうのはこの国にはないそうです。
あるのは「教育を受ける権利」。

言ってる事判ります?いいですか?
この違いをよぅ?く判りなさいね(わぁぁ…斜め上だ 笑)

例えば

15歳の悪ガキ「おぅよぅ!オレッちだって勉強してぇんだよ!
学校に行かせろよ!」

学校側「あ、そ、ぢゃ通えば?」
悪ガキ「へ?…ずいぶんあっさりだな…入学試験はねぇのか?」
学校側「ともかく教育を受けたいんだから学校に来れば?」

そして暫くして…

学校側「あんたテスト出来ないから落第ね♪」
悪ガキ「をぃ!さっぱり授業わかんねぇぢゃないか!
もっと優しく教えろよ!」

学校側「私達には判るように教える義務はないからね♪
授業について行けなかったら違う学校に行きなさいね♪
教育を受ける権利の行使は違う学校でも出来るから♪」

悪ガキ「えぇぃもう!やってられっかよ!もう学校行かない!」
学校側「あ、そ、ぢゃぁねぃ?♪」

つまり、「本人が教育を受けたい」と言ったら教えてあげる。
学校側はわかるように教える義務はない。ついてこれなきゃ切り捨て。
本人が辞めたい(権利を放棄する)のは自由。

ただ、学校側はその学力アップレベルで査定される。
学力レベルによって国からの援助金が違う(優秀な学校は援助が多い)ので
出来ない子供は違う学校に行ってもらうように半強制的に説得する。

…さすが自由の国(なのか? 笑)
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/11 05:48 】
意識 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<どねぃしょん | ホーム | んっと…何気ない日常>>
コメント
アメリカって、大学以降のレベルが高いイメージがあるんですけどね。。。

分かるように教える義務は無くても、分かりやすく教えてくれなかったらキツイなぁ^_^;
自分で勉強しろってことですかねw
【2007/05/11 09:14】
| URL | だいすけ #-[ 編集] |
>だいすけさん こんばんわ~♪

学校は基本的に判り易くは教えてくれないようです。
例えば小学校ではハイレベルクラスでは宿題の山なんだそうです。
つまり、勉強の内容が判ってるかどうかを宿題で判断するの。

基本的に「教える」んではなくて「勉強する」んでしょうね。
…自主的に(笑)
【2007/05/12 00:28】
| URL | #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/533-24b878d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。