スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
更新が遅れた理由
皆様…この国で起きた悲惨な事故。
バージニア州での大量虐殺事件です。
亡くなられたお友達においては心から哀悼の気持ちを。
残されたご家族、関係者の皆様には本当に安らかなる事をお祈り致します。

でも、何故…犯人は外国の人なんでしょう?
そして、何故…銃による犯行なんでしょう?

この国は地方分権ですから、微妙に法律が違う事は理解してます。
でも美国民でない人に銃を持たせるのは…ほんと?って思いました。

私の住んでる州では、美国民以外(外国人)は当然ながら銃を購入する事も銃を持つ事も、銃を販売してるお店に入る事すら許可されていません。
私個人の意見としては、此処に永住する気のない限り外国の人に銃を許可するべきでは無いと思っています。基本的に一般人には銃の携帯を許してる国は無いのですから。そんな馴染みの無いものを外国人に与える必要はありません。

そして、犯人が大学生であった事。ほんと?って思いました。
もちろん卒業すれば学歴にハクがつき、就職には有利になります。
でも、この国の大学は勉強したい人、しなければならない人が大学に行きます。いざ大学に入っても、卒業出来ない人がわんさか出ます。授業レベルについていけないのです。

大学にいる人達は多くがエリート意識を持って、何らかの意識を胸に必死で勉強します。それは外国から目的を持って留学した人も同様で、日本のように片手間にバイトなどしてる暇はありません。真剣に勉強しないと卒業出来ないのです(それでもバイトしてる人はいますけど)。当然生活全般のお金、授業料は誰かに助けてもらうようになります。目的の勉強以外に余計な事を考える時間的余裕は無いはずなのです。

それなのに…
外国からそれほどの思いをして入った大学で勉強せずに心を病んでゆく。
そして、さも自分が被害者のような意識で犯罪を犯し、正当化する。
自分に課せられた義務を無視して、権利ばかりを貪ろうとする。
私には信じられません。



…感情的になってしまいました。
日本の人達が持ちがちな誤解だけは解きたいと思いました。

此処は銃がまかり通り、確かに安全ではありません。
しかし、それは即『危険な国』ではありません。
全ての人が危険な考えをするわけではありません。
そしてそんな考えを持つ人は日本と同じ数くらいしかいません。
今、私の周りは外国人に銃を持たせた事に対する批判が起こっています。
危険が身近にあるからこそ一人一人が真剣に安全について考え、対岸の火事と思わずに対処しようとしています。

そして、犯人が韓国人であった事に端を発し、此処の人達から東洋人が敬遠され始めているかのような表現の記事。一切そのような事はありません。
犯人は東洋人だと言う事ではなく、ひとりの心の病んだ青年だと認識しています。そして、それを引き起こした原因を探っています。

決して美国は『誰もが銃をブッ放す非常に危険な国』では無く、そしてまた
『みんなが斜め上から特定の人種を見下す人達』でもありません。

…確かにそう言う人もいることはいますが、それは日本でも何処でも同じ。
何の違いも無いのです。

と、こんな処で主張しててもホントに微力なんですけど(汗)
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/21 09:26 】
独り言日記 | コメント(7) | トラックバック(0)
<<夜明け | ホーム | クライスラーの行く末>>
コメント
バージニの事件のことをトッピクにされてたので、
おもわず書き込みさせていただきました。
私もアメリカに留学しているのでとても複雑な気持ちです。
この事件ををきっかけにアメリカ人の銃への
見方が変わるかもしれませんね。
【2007/04/21 12:59】
| URL | hawaiiano #v8cxtbVc[ 編集] |
話ちょっとそれますけど、日本の大学もアメリカの大学のように、
入りやすいけど卒業しにくい、という形の方がいいのではないかと思うんですね。
その方が勉強に励むことが出来ると思うんで。

日本から出たことのない私にとって、このような事件が起こるたびに「なぜアメリカは銃を持つことを辞めないのか」と考えてしまいます。
それくらい、日本人に(というか、私に)とって銃社会というのは理解しづらいものです。
しかし、この事件の後、日本では発砲事件が連続して起きてしまいました。
銃というのは、思っていたよりも身近に溢れているものなのかもしれない、と思うと恐ろしいです。

亡くなった方々のご冥福をお祈りしています。
【2007/04/21 16:06】
| URL | 麻 #-[ 編集] |
日本のメディアはすぐに「東洋人が事件を起こしたことについてどう思われ
ますかっ?」ってインタビューしに行くんですよね。
日本人が外国人を意識してることの裏返しじゃないかと思うんですけど。
それが重なって余計に不安を煽ってるんじゃないかと思います。
アメリカでの考え方が分かって良かったです。

銃のある社会と聞いても、私にも理解できません。
たぶん多くの人はそうなのでしょう。
そういう人が異なる文化のアメリカに行って銃を手にすると、自分が
いきなり強くなったような錯覚に陥ってしまうのかもしれません。
「オレは銃を持ってる!だから前より強くて偉いんだ!」
その考えが間違っていることに気づかずに。
もしそうだったなら、それはとても悲しいことです。
銃を持つ自由というものがあるなら、それに伴う責任は徹底されなければ
ならないと思います。

私からも、ご冥福をお祈りいたします。
考えさせてくれてありがとう。
【2007/04/22 00:52】
| URL | 小箱 #6wH.DH8I[ 編集] |
凛ちゃん、ショックだったね。
私も、日本にいるけど「他人事じゃないな」と思います。

あっちーが考えたのは、犯人青年の経歴から。
少年時代に一家で渡米→有名大学に進学。
少なからずエリートかつ裕福な家庭だったのかしら。
それに、もし彼が韓国に居続けたら、おそらく徴兵制で入隊し、銃の教育も受けたことでしょうね。

外国人には銃を持たせるべきではない、という凛ちゃんはすごいと思うよ。自分も美国で外国人として暮らしてるんだもんね。
この事件は、犯人のパーソナルな問題として結論付けられていくのか、それとも社会背景を重ねて扱われるのか、そこも含めて注目していきたいですね。

【2007/04/23 05:53】
| URL | あっちー #oely/y8c[ 編集] |
>hawaiianoさん はじめまして。

私もアメリカに今住んでいます。凛と言います。
宜しくお願い致します。

私の住んでる所では狩猟の時もボウガンを使って行っています。
拳銃も持っている人はいるのでしょうが、見た事はありません。

今回の事を聞いた時、此処の人達は「売るほうが悪い」と言っていました。
「もっと厳しい態度で販売に臨むべきだ」とも。
『銃を持たない』のではなく『持つ人を厳しく限定する』
この国の本質を見たような気がします。


>麻さん こんばんわ。

日本では、今年は大学卒業した人が過去最高になったそうですね。
学歴がブランドに変わりつつあるような錯覚を覚える出来事かも。

この国では、場所によっては銃が必要な事もあるのかも知れません。
そう言う甘えが一般の人にとって入手し易い環境を作ってると思ってます。
そしてそれが事実として目の前にあり、感覚を麻痺させる。
今回の事でそれに気がつき、前向きに考えてくれたら、と願うばかりです。


>小箱さん こんばんわ。

記事の中には
「韓国人だったからこんな事件を起こした。日本人は安堵している。
それでもアメリカでは東洋人全てを排除する運動が起きている。」
などと、根も葉もないデマを流してるものもありました。
此処では誰もそんな事は言っていません。

此処の人達にとって「銃は車のようなもの」的感覚があるようです。
つまり、「使い方を誤ると凶器になる」
果たして車と一緒でしょうか?
車は使い方によっては「素晴らしい文明の利器」です。でも銃は…
正しい使い方をすれば素晴らしい文明の利器なんでしょうか?
ここに此処の国の人達の傲慢があるような気がします。
大勢の人が犠牲になったと言うのに…。

>あっちーさん こんばんわ。

突然の臨時ニュースであまりにもたくさんの人達の死を報じられ…
暫く浮かび上がれませんでした。

此処に住んでいて私が学んだ事…
『この国は危険』なのではなく『危険な場所が多くある国』だと言う事。
近付かない場所を早く見つける事。多くの場合回避できます。

今回の事件は、危険ではない場所で起きました。
その事は皆がショックを受けた事でした。
それ故にこの事件は個人の問題に集中しがちな傾向になっています。
社会環境ではなく個人の心の歪み…
銃を持つ事が良くないのではなく、良くない人が持ってはいけないもの。
釈然としない矛盾を感じます。
【2007/04/24 12:36】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/24 15:38】
| | #[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/26 06:10】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/526-a1b52b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。