スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Las Vegas旅行記 ? 自然の芸術
「よし!出かけるで!」

時間は朝5時。外はまだ真っ暗です。

…………



ごごご!ごぉじぃぃ??!!
(石野陽子風 …だれも知らへんやろな

今日はモニュメントバレーまで足を延ばします。此処から2時間半。
朝日を浴びた風景に出会う為に今から出るのです。
外はひんやりと寒く、空気が澄んでいる高地からか満天の星が近いの。

車は街灯もなく真っ暗な道を東にひた走ります。
周りの景色は、ヘッドライトに照らされた限られたエリアの土塊だけ。
後はこげ茶色に漆黒を塗り込めたような暗い闇。
誰かに鼻をつままれても判らないくらいの闇。

「をぃ!ちょっと寂しぃなって来た。何か元気の出るCDないか?」

沈黙に耐えかね、兄が言葉を発します(私は後部座席でグデっと 汗)

「ふぅ?ん…じゃぁこれでいくか?」
瑛さんがCDを入れました。

…………




チッ!…チッ!…チッ!…



♪あのっ人はぁ?♪あぁあくまぁっ!♪
♪わたっしをぉ?とぉりこにするぅ?うっ!♪



キャキャ!キャンディーズぅ??!

「ぅを!良ぇやないかぃ!…ランちゅゎ??ん!!
「だろ?!だろ?!だろ?!」

兄のアクセルが全開(笑)
瑛さん『青春歌謡曲全集』持って来てんの!
しかも70?90年代全部!

瑛さんと二人、次から次へと変わる曲の大合唱です(うるさい 笑)

失恋レストラン、ブーメランストリート、越冬つばめ、春一番、思い出まくら、港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ、林檎殺人事件、フィーリング、セーラー服と機関銃…etc。

ほとんど二人とも唄っていました。彼等の青春時代なんですねぇ…。
特に兄は、小さい時から母に西城秀樹の歌を唄わされていて歌詞を全部
覚えているとか。親の教育は大事です(笑)

3枚目のCDが入る頃、夜が明けて来ました。
辺りが見えるようになると盛り上がった岩肌などが見えて来ます。
モニュメントバレーはもうすぐ。

と、時間が迫り日が昇るその時ひとつの丘を越えたら…

「うぉ!」「ぐぉぅ!」「うひゃ!」
(三人同時に叫ぶ 笑)



壮大な景観!

巨大なモニュメントが見えました!


車を脇に止め急いでカメラを手にします。
雲が朝焼けに紅く染まり、遠くに霞むバレーが見えます。
朝焼けに映るモニュメントバレー


そして、モニュメントのちょうど真ん中から太陽が顔を出す瞬間。
朝日の瞬間


巨大なモニュメントの岩肌が朝日に染められてすごい色に。
萌える巨大なモニュメント


映画やテレビで見慣れた光景が今、目の前に広がっています。
でも此処はまだモニュメントバレーの手前、期待が膨らみます。

「おい!此処から先は違うCDにせぃ!雰囲気のあるやつ!」
「哀愁のカサブランカぢゃダメか?やっぱり?」
「当たり前じゃ!違うんにせぃ!」
「…そうか…んんん…じゃこれだ!」

瑛さんがCDを挿入。

…………(この中途半端な間がドキドキ 笑)



♪うぉなびぃ?なぃっ!♪


をぅ!Eagles!

西海岸のカントリーサウンドがGood!(笑)

モニュメントバレーはあと10数分。

これが実在のモニュメントバレー

メサと呼ばれるテーブル型の岩、ビュートといわれる岩だけの山。
朝日を浴びたメサやビュートはまた独特の神々しさが味わえます。

元々3億年近く前の地層が隆起して現れたんですが、長い期間の風化と侵食によって徐々に柔らかい地層が沈み、堅い岩盤などがそのまま残って今の景色を作り出したモニュメントバレー。マーボロのCMや、映画の舞台でおなじみかも知れません。

メサはナバホの祖先がお祈りをする場所だったと言われ、雨を祈る、風を祈る、天候を占う、など、その目的に関する名前がついていました。昔の人は本当にメサに昇って自然の神々にお祈りを捧げ、自然と共に生かされている自分を感謝し、敬ったのかも知れませんね。




CMでおなじみの朝日の当たった景色。これポスターとちゃいますよ。
私が自分で撮った写真です。
有名な此処の景色
左からウェスト・ミトン・ビュート、イースト・ミトン・ビュート、メリック・ビュート。

こっちはミッチェル・ビュート。朝日で岩の紅さがひときわです。
ミッチェルビュート


私達はトイレ休憩の後、車でバレーのメサやビュートを巡る観光に出発。
ルートは17マイル。道は固い岩と砂地が続き、車はガタガタ揺れます。
喋ってたら舌を噛むほど(笑)

ジョン・フォード・ポイントの写真はありません。
間違って消しちゃいました(汗)

足元は赤い土塊と砂。荒れ果てた雰囲気(笑)
乾いた不毛の地


圧倒される大きさのメリック・ビュート。
これは聖地の銀鉱に無断で入って死刑になった人の名前から来てるそうです。
メリックビュート


右がトーテムポール、左はサンド・スプリングス。
トーテムポール

スペアヘッド・メサからみたすんごく遠くの景色。
モニュメントバレーですよこれ


ノース・ウィンドゥといわれる巨大なビュート。
岩盤が堅そうなのがお判り?
ノース・ウィンドゥ


通称『The Thumb(親指)』シュワちゃんがやった親指立て(笑)
親指(笑)


そしてツアーの最後にメリック・ビュートを至近距離で。
黒光りする岩肌がすんごい堅そう。
これも陽の光が斜めに照らされている冬の朝だからかも。
堅そうな黒光りの岩肌



ドライブはゆっくり走っても40分くらいで終わりです。
大自然の芸術を惜しみながらドライブを終わりにしました。

スケールの格段に違う自然の余韻を楽しみながら…次回に続く。
スポンサーサイト
【2006/12/01 10:33 】
旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<Las Vegas旅行記 ? 自然の偉大なる創造物 | ホーム | Las Vegas旅行記 ? 大都会への帰還>>
コメント
はじめまして♪
ゆうさんのとこから飛んで来ました。
スゴイ景色に感動!
自然のすごさと…空が澄んでいてとても綺麗ですね~。。。
PC見ながら『良いなぁ~』と思わず一人で呟いてしまいましたv-356
【2006/12/06 23:40】
| URL | ピース #/r2FRPR2[ 編集] |
>ピースさん 初めまして、ようこそいらっしゃいませ~♪

ゆう姉さんにはいつもカマって頂いています。
凛と言います。宜しくお願い致します。


天候も良かったので空は抜けるような蒼、朝陽がキラキラと射して岩肌を照らし、そのモニュメントは全ての色を受け入れて荘厳にそそり立ちます。
私もこの自然の創った芸術に、ものすごく感動しました。
そして、この景色をこの目で見られた幸せを噛みしめました。

大自然を旅するって本当に楽しいですよね♪
【2006/12/07 01:00】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/462-211307a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。