スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
好みの違いはここまで?
日本では、野菜は色鮮やかなのを好みますが、その他は嫌います。
原色の加工食品は「劇物」の印象があるからかも知れません。
毒のあるキノコなどは原色に近く、そのせいかも・・・。

美国の人は食べ物にも色鮮やかな原色を使っています。
ここの人達の考え方として、それが味覚を刺激されるみたいです。
お菓子でも、料理でもそれはもう、目の覚めるような(笑)
色の食べ物を好んで食します。

ところが、そんな美国の人達にも苦手な色の食べ物があります。

「黒」!そう!黒い食べ物は駄目なのです!
代表的なのは「海苔」「ひじき」
ほとんどの人が見ただけで拒絶反応を示します。
私が美味しそうに食べると、ものすごい顔で見ます。(°Д°;
そして
「そんなもの本当に美味しいのか?」
と聞いてきます。
「とっても美味しい」と、勧めても手をつけようとしません。
美味しいのに・・・。

それと、これは日本人にもいますが、匂いの強い食べ物。
納豆、するめ、お漬物なども嫌いな人は多いですね。
こっちのピザなんかのほうがよっぽど匂いがキツイのに・・・変。

それから、こちらの女性に多いのが、ご飯や、うどんの駄目な事。
ちゃんとした理由があるみたいですが、日本人にはちょっと
心外な理由なのでこの場は伏せます。

・・・お米のようなダイエットに最適な健康食品を毛嫌いするから・・・
そんな体型になってまうねん!
・・・あ・・・すみません・・・毒舌でした。

国民的な好みの違いはあるものですねvv(て、可愛い娘ぶって!)
スポンサーサイト
【2005/06/16 06:34 】
食べ物 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<おもろい話・・・なの? | ホーム | 前々から不思議だったけど・・・聞けない事>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/45-183640e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。