スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Chicago旅行記 再訪 ふたつめの博物館
ブラインドを通して朝日が私の目を覚まさせた。
『今は…何時?』
私は時計のある場所に手を伸ばした。
『…?…ないわ。おかしい。』
私は素肌に柔らかくかかるブランケットを取り、身体を起こした。
少し昨日と辺りが変わってる…。



て、直角に寝てんやん!

そうです、キングのベッドにちゃんと寝たはずなのに横になってたの。
広いから寝相が悪くても落ちなかったのね…良かった(そう言う問題?)

時間を見ると朝の7時半です。

私は身支度をしてロビーに向いました。兄達がいるはず。

このホテルには『Breakfast Buffet』があります。
無料で朝食を提供してて、何を食べても良いの。
果物やクロワッサン、ワッフル、ベーグル、シリアルなどの食べ物。
100%ジュースに牛乳、コーヒー、紅茶、ココアなどの飲み物。
その脇に、パックのご飯とインスタント味噌汁に海苔とふりかけ(笑)

このホテルは日本人が良く利用するのでご飯を置いているんです。
兄が下りて来るまで私は優雅に紅茶を淹れてその香りを楽しみます。






…て、30分待っても来ぇへんやん!

何やってんねんアイツ等!


と思ったところに二人のでっかい声がして来ました。

「お前の選んだ娘はどうやった?良かったか?」
「おぅよ!すんごいきめ細かな肌しててな、最高だったぜ!お前のは?」
「そらお前より良ぇに決まっとる!何せ若いのに!二十歳やったぞ。」
「オレのも若い娘だっ…げ!凛ちゃん!…お、おはよう…。」

私を見つけた瑛さん、急に口ごもり目を伏せました。

「コショコショ…をぃ…ヤバいぞこれは。さっきの話まる聞こえじゃないか。」
「コショコショ…お前がえらぃでっかい声でしゃべっとるからやないかぃ!
「コショコショ…先にネタ振ったのはお前だろうが!
「コショコショ…アカン…何とか誤魔化してしまえ!早ぅ!


二人はゴショゴショ、急に小さい声でいがみ合い出しました(笑)
はい、お判りだとは思いますが、二人は昨日風俗に行ったんですね。

「二人とも!ネタはあがっとる!おとなしく全部吐いてしまえ!」

ある意味合法の風俗がこの国にもあります。
と言っても、女性はほとんど韓国、中国、東南アジア。
表向きは韓国マッサージなんだそうです。

入ると広間になっていて一方にドリンクのあるテーブル。
反対側には女性が2列に並んでベンチに腰掛けています。

兄曰く「やり手ババァ」が近付いて来てドリンクの注文と女性の指名を
聞いて来ます。そこで指名された女性と手をつないで別室のシャワーに。
身体を綺麗に洗ってくれるそうです。
その後、個室に移動して、うつ伏せになってマッサージを受ける。
マッサージはその女性が背中や腰を踏んでくれるのだそうです。
20分ほど行い、仰向けになった後お決まりのシュチュエーション(笑)
時間にして合計2時間。これで200ドル。…やでやで…。


気を取り直して朝食です。
全部企みを吐いた二人は気が楽になったのか話し始めようとします。
私は早々に食事をして、出発の時間を聞いた後、部屋に戻りました。
聞いてられるか!んなもん!

出発は9時半。今日は別の博物館と近くのショッピングモールです。
外は日が射してるせいか少しだけ気温が上がっていました。
まずはDown Townに入り、それから高速を南下して目的地まで行きます。

時間のせいか、渋滞が少しだけおさまっていました。
CDは百恵ちゃんの物憂げな歌声が響いています。

「♪あとどのくぅ?らぁ?い?♪愛されまぁ?すぅ?かぁ♪
♪あとどのくぅ?らぁ?い?♪生きらぁ?れまぁ?すかぁ??♪」


「さちこぉぉぉ??!!」

…アカン…完全にキテるわ(笑)

そんなこんなで博物館に到着。
『Museum of Science and Industry(科学産業博物館)』

中に入ると広いロビーに長いエスカレータ。平日でやはり人はまばら。
チケットを買って最上階(3階)に先に行きます。

行った処は何だか機械がびっしり。
右に入ると迷路のようになっていてロボットアームがくるくる。
で、そのロボットが似顔絵を描いていました。
子供達が喜んで見ています。

華麗にスルーして(笑)次のエリアに。
此処は工業関係、輸送機の歴史と今のエリア。
古い機関車の模型
これは古い機関車の原寸大模型。ちょっと撮影意欲が湧かない(汗)エリア。

同じエリアにChicagoの町の完全ミニチュア(ジオラマ?)があります。
例によってディスプレィのセンスを疑うようなエリアです(笑)
Chicagoのジオラマ


これまた華麗にスルーすると今度は生命誕生のエリア。
孵化寸前の卵が飾ってあり、実際に殻を破ろうとしている所でした。
3個ほど殻を破ってて、羽の濡れたヒヨコがヨタヨタと歩いてました。

そこを抜けると宇宙開発のエリアを抜けておもちゃのエリアに。
昔懐かしい『禁断の惑星』のロビーを飾ってあります。
知ってます?(笑)

ロビーのおもちゃ各種

真ん中にでっかいロビーが鎮座ましましてました。
ロビーですよ皆さん(笑)

鉄人28号のブリキのおもちゃもありました。

これを過ぎると今度は戦争のエリアに入って行きました。
第一次世界大戦から第二次世界大戦、太平洋戦争に至る全てです。
その終点が『U-505潜水艦』のあるエリア。
本物のU-505を置いてあります。ただ、中に入るのはチケットが必要。
私達は入れませんでした。なので外からパチリ。
本物の潜水艦!

本物ですからちゃんと機関銃も装備。
機関銃の砲台もちゃんと本物(笑)

この潜水艦を沈めるための機雷も陳列していました。
機雷も本物!



…て、あり?此処何処?
…いつの間にか階が変わっています。…ありり?
3人して迷ったようです(笑)

て、とこで続く(長いなぁ…汗)
スポンサーサイト
【2006/11/12 12:12 】
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Chicago旅行記 再訪 博物館は何処? | ホーム | Chicago旅行記 再訪 輪切りはあるか?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/446-29d78435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。