スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Chicago旅行記 再訪 Down Townの風景
車に乗り込み一路Down Townに向う一行。
やはり高速道路は渋滞で、なかなか着きません。
ただ、都会の景色なので私は飽きませんでしたが…
イラチーの兄はプンプン(笑)

「大体車が多すぎるんじゃ!こりゃいつになっても着かんで!」
「まぁまぁ…そう焦る事ないって。シカゴは逃げないんだから。
そうだ、お前に買って来たものがあるんだ。凛ちゃん、オレの鞄。」


瑛さんは受け取ったショルダーバッグの中をゴソゴソ。
取り出したのは新しいCDの束でした。

「ほれ!これお前にやるよ。あ、ひとつかけるか?」
封を切り、DEEP PURPLEと取り替えて挿入…

………

「♪あぅ?なたぁが望むなら♪私なにをぅされてもいいわぁ??♪」


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ベスト・オブ・山口百恵!!

大喜びです!!(笑)


「良ぇなぁ!良ぇなぁ!良ぇなぁ!」
連発(笑)兄は大ファンでしたから。

「だろ?!だろ?!だろ?!だろ?!」
瑛さんもファンだったので一緒になって大騒ぎ!
渋滞のイライラ、関係なくなってます(笑)

…けど、二人で大合唱するのはやめて欲しい(怒)

そうこうするうちにDown Townに降りる分岐が近付いてきました。
いよいよ中心街です。
街中はほとんどが整然とした碁盤の目のような道になっていて、その各々
には通りの名前があり一方通行になっています。
前に撮ったChicagoの摩天楼。
これも摩天楼!

テレビに出てくるようなハイウェイの様子。
これも私が撮ったんです(自慢げ 笑)
見て!ハィウェイ!

全てChicagoで一番高い『シアーズタワー』から撮りました。
これがそれ(使いまわしでごめんなさい)
シアーズタワー


「兄ちゃん、先に『ネィビー・ピア』に行こぅな。」

『ネィビー・ピア』と言うのは、ミシガン湖のほとりにある大きいモール
兼遊び場です。
ミシガン湖遊覧船や大観覧車、お土産物屋さんなんかがあります。
休日ともなると人でごった返し、巨大駐車場も一杯になるほど。

街中を突っ切り東に向かうとネィビー・ピアの観覧車が見えて来ました。

「えっと…駐車場はっと…ピアの中やから…。」
って、グルッと廻って外に出ちゃった(笑)

「をぃ!出ちゃったぢゃないか!早く戻れ!」
「待て待て…Uターンするからちょ、まてぃ言ぅてんねや。」
って、高速に入っちゃった(笑)

「ちょ!何処へ連れて行く気だ?!ピアはもう後ろだぞ!」
「しゃぁないやんけ!道が判りづらいんじゃ!ガタガタ言ぅな!」
「くぉらぁ!お前本気でピア行く気あんのか?!」
「次の出口まで降りられへんのやて!覚悟を決めぃ!」


結局、次の出口がなかなか無くて戻るのに30分ロスしました。
瑛さんブーブー文句言う事(笑)

駐車場を何とか見つけてピアの中に入ると…



ガラガラ!

平日の観光スポットはこんなものなんですかね(汗)
此処からはミシガン湖が間近です。
そして『Sea Dog』と呼ばれる高速遊覧船が見えます。
その隣は豪華客船を改造した高級レストランの姿も。ドアの外に出ると…


サブッ!
2℃しかないのを忘れてました。しかも風が強いので体感はそれ以下!
これはホントに耳がちぎれて飛んでっちゃうかと思いました。
湖側は寒くて写真どころじゃなかったのですが、記念にと無理やり1枚(笑)
無理やり撮ったピアの風景

兄と瑛さんはブルブル震えながらタバコを吸ってます(笑)
「ダメだ!寒くて観光どころぢゃねぇよ!」
「誰や此処にしょう言ぅたのは!サブぅて外出られへんやないか!」


…知らんがな…決めて無いほうが悪いんやん… (-_-メ)

「ほな博物館行こか?」

Chicagoには美術館(本物のゴッホの自画像なんかがあります)水族館、
プラネタリウム、博物館がたくさんあります。
特に何処だかの博物館には本物の人体のスライスがあるそうです。
人体の提供者は死刑犯。CTやMRIに多大な貢献をしたそうな。
本当に等間隔に縦切りと横切りでスライスしてるんですって。
ただ…博物館の名前が判んないの(汗)

ピアから5分の処に『博物館キャンパス』と言うのがあって、大きな
フィールドの中に水族館、博物館、プラネタリウム、野球場があります。
まずそこに行く事にしました。
博物館の名前は『Field Museum』

あら?…ずいぶん長くなったわ…てとこで続く(話が進まん進まん)。
スポンサーサイト
【2006/11/14 22:19 】
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Chicago旅行記 再訪 珍遊記再び | ホーム | Chicago旅行記 再訪 博物館は何処?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/443-7d0e4c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。