スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
テンション下げててごめんなさい
急にblogを放置状態にしています。
お友達の所も、ご訪問しても黙って帰ってます。

テンションが上がりません。
理由は、岐阜県瑞浪で起きたあの事。

他人事ではない私。クラクラしました。
でも何故最悪の結果を選んだのか。

此処から先は毒があるかもなので、ご気分を害されると思われるお客様、
<< 続く >>には行かないでスルーして下さい。
私の心を凍らせた事。私も同じ目に遭っていた。同じ時期だった。
10年近く経った今でも聞くだけで身体が震える。
他人事ではない。痛ましい。

でも、死を選ぶ事はなかったと思う。


そんなに思いつめるまで学校に行かなきゃなんなかったのかな。
ご両親は学校に行く事を薦めたのかな。
それとも本人にとって学校が全てだったのかな。
私はすぐに学校から逃げた。

悪意のない表情で当然のように投げつけられる女子の言葉。
醜くゆがんだ男子の口元。
一緒になって笑ってる先生が怖かった。
先生には最初から何の期待もしなかった。
教師と言うものがまともな神経を持っているとは思わなかった。


怖くなって、辛くなって哀しくなって情けなくなって…学校から逃げた。
母は何も言わなかった。
行かない事も当然のように受け止め、普段どおり能天気にしていた。

私はこの家族とずっと一緒にいたいと思った。
辛かったけれど、怖かったけれど死にたいとは思わなかった。

あの娘はそうは思わなかったのかな。
ご両親はどんな接し方をしたのかな。
それともいじめをしたほかの人達への仕返しだったのかな。



最近になって、色んなお友達が出来て思う事がある。
性格の似た人。優しい人。親切な人。
時にはどうしても受け入れられない人もいる。
私も同じなんじゃないか…て、今思う。

いじめは良くない。そんな事判ってる。でもなくならない。
これってする側だけが問題で、される側に本当に問題はないのかな。
私に悪い所はなかったのかな。どうだったんだろ。

私と違って死を選んだあの娘を思う時、何かが違うのかな…て思う。
私とどこが違うかったんだろ。

…て、冷静に見られるように落ち着いてきてる私を感じる時…
時間の経過って人を落ち着かせるには必要。

それを見守ってくれた家族の力って偉大。そして何より…

優しいお友達の力ってもっと偉大。

あの娘にも「生きてていたい」って思って欲しかったな。
スポンサーサイト
【2006/11/01 00:05 】
独り言日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<突然ですが | ホーム | 私の地元で良ぇのん?>>
コメント
私もいじめられっこその一人。
といっても、今思い返せば、バカみたいないじめだったなーって。
鬼ごっこで、いつまでたっても鬼、万年、鬼。
ジャングルジムに登ったら、上の子から靴のまま、頭をぐりぐりされて、落とされる。
むしゃくしゃする!といって、突然腹を蹴られる・・
今の私なら、そんなことされても鼻で笑って、関係を断ち切ってしまえるのになぁ。。。って。
昔はそれができなかったんだよなぁ。。って。

なんか、亡くなってしまった子たちも、生きていればきっと、そのうち、ショーもない奴らにイビラレとったもんやで!まったく!今の自分があの場にいれば、あんな奴ら屁でもないわ!って思えたかもしれないのになぁ・・・って、悲しくなります;

私も、そういう件に関しては、先生を信用してなかったなぁ・・・やっぱ、自分が自分でいれたのは、両親のおかげだったとおもいます。

凛さんの母上は、覚悟の出来た人だなーって思いました。いろんなとこも含めて子供の全部を受け入れる覚悟がないと、怖くなって、無理にでも学校行かせてしまう気がする。

もちろん亡くなった方々のご両親には覚悟がなかったってことじゃなくて、ご両親について私は何もしらないから、批判もなにもできないのですが・・・

心より、彼らのご冥福をお祈りします。
凛さんも、またテンションがあがったときにはいつでも私のブログへいらしてくださいねぇ☆
【2006/11/01 01:37】
| URL | なつれ #QC0gMVdQ[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/01 18:49】
| | #[ 編集] |
僕は、死にたいと思いました。
小6の頃。
でも死ねませんでした。
学校行かなきゃ良かったんですよね。
なんでそれが思いつかなかったんだろう。
友達もいたからかなぁ・・・
教師がちっとも当てにならない、というのは痛切に感じました。
あれから、大人に頼ろうなどと思った事が一度もありません。

今回の事件にしろ、福岡や北海道の事件にしろ、いちばん腹が立つのは大人たちに対してです。
むしろ憎悪の念すら抱きます。
許されるものなら、あいつら皆、いじめ抜いて殺してやりたいとも思います。
亡くなった本人が、そしてご遺族のみなさんが、本当に気の毒でなりません。
【2006/11/02 00:45】
| URL | コーヒールンバ #iJ46pOg6[ 編集] |
>なつれさん こんばんわ。

「生きていれば」ってなつれさんの言うとおりだと思います。
辛い事もあるとは思います。でも自分の命を自分で断ち切る事はないと。
ご両親や、大事な人は目の前に必ずいるんじゃないかと思うんです。

その人の悲しむ気持ちを思って踏み止まって欲しかった。
勉強しなくても学校に行かなくてもその大切な人の前にいて欲しかった。
そうすれば必ず「生きていたい」と思える時が来ると信じて欲しかった。

何も語らなくなったその娘を責めるつもりは毛頭ありません。
今はただ…心安らかにお眠り下さい…とだけ。


>コーヒールンバさん こんばんわ。

ルンバさんは「学校に行かない」とは考えなかったんですね。
それはやっぱり仲の良いお友達がいたからでしょうか?
大切な人がいて、その人の為に生きる事って必要だと思います。

私は転校してすぐの事だったから仲の良いお友達はいませんでした。
だから学校から逃げられたのかな。
それとも、私ひとりだけが標的だったからかな。

『死にたい』と思うほど辛くなった事はありますが、『死のう』と思った
事はありません。
私の事を思っていてくれる家族に哀しい思いをさせたくなかった。
それは私にとって死ぬより辛い事でした。
ただ、そのおかげで私は今、此処でこうして生活してて、仲の良いお友達
と楽しい生活を送り、生きてる事を充分かみしめています。
あの娘にも時を待って、私と同じような楽しさを味わって欲しかった。
必ずその時は来ると…信じていて欲しかった。

一人じゃない事を実感してくれれば…と、思うと可哀想でなりません。
【2006/11/07 03:55】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/436-3ecc2173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。