スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
驚きの事実
えっとぉ…皆様…


ごめんなさい!

最初に誤っておきます。ぢつは私、New Yorkには…


2回行っていました!




おかしいと思ったのよ…
あの貿易センタービル跡地が生々しかった光景。
2年も経ってる訳無かったもの…。

最初はあの同時多発テロの1年後の11月終わりだったんです。
で、2度目がその次の年の9月。
その時に撮った写真を見てて思い出しました。

行った事すら忘れてるこの大ボケ…治らんなぁ(汗)





最初のNew York観光はサンクスギビングの時。
貿易センタービル跡地を見るためだけに行ったんです。

あれはものすごく寒い日だった…。
太陽は顔を出していたけれど、気温は耳を切るように寒かった。
ついた翌日、その現場に向いました。






たった1年後の状態がこれ。
…あ、私の写真はどれもクリックすると大きくなります。

bsb917.jpg


厳重に張り巡らされた柵。
この先にはまだ助け出せない人達が埋まっています。
柵のあちこちに花が添えられていました。

そして、奇跡的に残った鉄骨の残骸。
cross917.jpg




最初に見た時に、涙が溢れて止まりませんでした。
惨いと思いました。
ただ、その思いを忘れないようにわざと残してるとも聞きました。

暫くのあいだ、じっとあの十字架を見つめていました。
…と、気がつくと、あちこちで祈りを捧げてる人たちがいました。



それから、近くの教会の塀に置いてあったFlag…。
無くなった人全ての名前が書かれています。

flag917.jpg

そして此処で亡くなった人への寄せ書きがあります。




言葉もありませんでした。私にはあまりにも衝撃でした。
本当は他に観光するはずだったのですが、全て取り止めました。

何がここまでさせるのでしょう?
色々な思いはあるのかも知れません。
正しい事はその当事者しかわからないのかも知れません。
でも、少なくとも何も知らない人を巻き込む事はない。
ある特定の人達が価値観の違いを押し付けあう事によって、その外にいる
人までもが犠牲になるのです。

直接強い者に向かえない苛立ちを下の者に向ける。
弱い者いじめの無限ループ…。
そんな気がして仕方がありませんでした。

もしかしたら…私が忘れてたのは…
見たくなかった思いが私の記憶を消そうとしたのかも…。
スポンサーサイト
【2006/09/19 00:18 】
旅行 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<何気ない風景 コンサート? | ホーム | blog放置の言い訳(汗)>>
コメント
むっずかしいよね。
例えば自分の目の前で、大事な人間が誰かに危険な目にあわされそうになった時とか、とっさに手が出るもんね。
さすがに命どうこうまではないけど、結局はそういうのがエスカレートしてきたんだろうなあとかとも思うし。
そしてあんな事があっても、レバノンやらイスラエルでは争いが絶えないもの。
現実には祈るぐらいしか出来ないけど、どうにか解決の道を辿ってもらいたいものです。
【2006/09/19 00:59】
| URL | 新田さん #-[ 編集] |
グラウンドゼロですか・・・
なんかいろんな思いが漂ってそうですね。

このような行為は「強い→弱い」という構図だけでは
捉えられないような気がします。
宗教、文化、西側の搾取、軍需産業の利権・・・
人類の歴史上、戦争や紛争の全く無い時期というのは存在しないんです。
その事実を知る限り、今の状態が普通なのかも・・・
と思ってしまいそうですが、
どこかで人が死んでると思うと、やはりやりきれない気持ちでいっぱいです。

人間の命という価値観の見直しが必要ですね。
そもそも白人は黒人を人間と思ってなかったワケだし、
異教徒も人間と認識してなかったワケですよ。

もう人間という定義そのものから違うのかも知れません。
【2006/09/19 01:09】
| URL | satoshi #6x2ZnSGE[ 編集] |
>新田さん ごめんなさいね。重くしちゃって(汗)

この国は強さを前面に出して、挫けない力を誇示しています。
住んでる人達、たとえ私の住んでるド田舎の人達でもそうです。
それが正しいかどうかは私には判りません。
私はひたすら…何も知らないで亡くなった人達を慰霊するだけ。
それが私にとっては正しい事だと信じてます。


>satoshi兄さん お言葉ありがとうございます。

急に違う雰囲気を持って来てごめんなさい。

誰かが口を開きました。
『価値観の違いは埋まる事が無い』
これを『正しい事』として慣わそうとする傲慢が…
意味の無い、いがみ合いを生むのかも知れません。
私は誰の言葉も聞けず、それが故にヒッキーになりました。
ただ、それを許してくれた日本に、ある意味感謝すべきなのかも…。

…て、意味判らんわ(爆)
【2006/09/19 10:49】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
ちわ。

人災なんだよね。って改めて思います。
原因は一つじゃないから根源を考えると嫌になるっていうかきりがないっていうか。
神戸のね?震災跡地にね?そのままを残してある場所があってね?
ここみたいに大きくないし、天災だから諦める気持ちがあるけど。
それでも胸が痛かった。
アメリカって強いイメージがあるけど
一人一人になってみれば弱くて脆いものなのかも知れないんだよね。きっと。

って携帯から失礼しました~。
【2006/09/19 12:09】
| URL | かずみん。 #Lk.JaNtk[ 編集] |
この鉄骨、はじめからこんな風に残ってたんですか?
そうだとしたら、何だか偶然なのか、それとも…

外の、特に日本人の私としては、何て無意味なことをやっているんだろうと感じます。
でも、実際に争っている人にはとても意味があるのでしょう。
出来ることなら、争いなんてやめてほしいです。
でも、それをわかってもらえることはおそらく無理なのだと思います。
お互いに、立場がまるで違うのですから。

って書くと、何だかすべてを諦めているようだ。
もちろんそんなことは思っていません。決して。
【2006/09/19 22:21】
| URL | 麻 #-[ 編集] |
>かずみん。姉さん 国をあげての人災だと思います。

確かに色々な思惑が交錯して、結局実力行使に走ったのでしょうね。
どうしようも無かったのだろうと言う事は理解します。
でも、同情する気にはなれず、納得は出来ません。

価値観を押し付ける当事者に刃を向けるのではなく、まったく関係ない人
を巻き込む事そのものが許せない。

姉さん、それでもこの国の人は強いです。
このグランド・ゼロに崩れた貿易センタービルよりも高い建物を建てよう
としています。助け出せずに埋まってしまった人達の上に…。


>麻姉さん 私も無意味に感じます。

十字架は土台の所だけを補強したと聞きました。
十字架本体は真っ赤に錆びていますが、ものすごく大きい鉄骨です。
完全に此処が復旧するまでシンボルとして置いておくようです。

『一般人を犠牲にした革命に成功した例は無い』と言います。
関係ない人を巻き込むような変革をするような輩は一般人からすると
頂点に立つ人が変わるだけで、実質何も変わらないのかも知れません。
【2006/09/20 04:37】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/407-9db65495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。