スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
『華小町歌集』をお読み頂いた御礼を込めて




筆を持ち 墨をしたため 紡ぎ出す
 たおやかな指 詠う唇


皆様、華小町の処にご訪問下さいましてありがとうございました。
今回の歌集には…数々の『血と心の痛み』があるにも関わらず…
お付き合い頂きました事、本当に感謝しております。

もう一人の小町から今回のテーマを聞いた時の正直な気持ちです。

『…私に務まるのだろうか…』

そしてその日から歌を詠み始めましたが…
私は歌を詠む時、言葉を捜して詠む事が出来ません。
目を閉じ、その場に立たないと歌が湧き上がって来ないのです。
今回のテーマは戦争…私は辛い現実を見、経験致しました。

特に第三夜の時に…現実に戻って来られなくなりました。
痛くて辛くて哀しくて悔しくて…そのような思いが私を押し潰しました。
現実に引き戻してくれたのはテレビのニュース。
首相が靖国神社に終戦の日に参拝する様子でした。

酷い雨でした。画面を通して空が哭いておりました。
それでも首相は毅然として参拝をし、礼を尽くしました。

この事で色々言う人、さまざまな非難をする人はいるでしょう。
その人達に反論するような思い上がった気持ちは私はありません。
それでも公人として、亡くなった人達に礼を尽くす姿。
そして公人として御霊の目の前で二度と繰り返さない事を誓う気持ち。
私は素直に正しい事だと思いました。

第三夜はその姿が私を、華小町の歌を救ってくれました。

各夜の歌は、お見せするギリギリまで出来上がりませんでした。
ですので、お見苦しいところもあったかも知れません。
この場を借りましてお詫び申し上げます。

最後にご訪問下さり、お言葉を頂いたお客様、ありがとうございました。
お声はかけずとも、ご訪問下さったお客様、小町の歌集にお目を通して
頂けただけでこの上ない光栄でございます。ありがとうございました。

そして、拙い私と共に華小町を重ねて下さった かずみ姉さま…
本当に感謝しています。ありがとうございました。

華小町としての私もそろそろお時間が迫っております。

皆様、重ねて御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

…は!…く…くくく…ふぅん…。

て、きゃはは!とけちった(笑)はぁ?あっと…。
スポンサーサイト
【2006/08/13 00:00 】
華小町 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<第三夜 花咲くいのちある限り | ホーム | 飲み物色が特別なわけ>>
コメント
本当に、本当にご苦労様でした。

コメントで応援しよう!と思っていたのに
もやもやモヤモヤした気持ちのままで何も書き込めませんでした。
この3日間、何度も開き読み返しては閉じて・・・の繰り返しでした。
華小町さまお二人には頭が下がります。
お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

(首相の靖国神社参拝は賛否両論ですが、
私は「よくぞ務め上げた!」と心の内で拍手しました。)
【2006/08/17 05:40】
| URL | 桜 #-[ 編集] |
魔法が解けましたか(笑)
お帰りなさい、美国のシンデレラ。

3日間、素晴らしい詩をありがとうございました。
辛い現実を見、体験したって事は、その地へ出向いたのでしょうか。
だから、あんなにも気持ちが伝わってきたのかもしれません。
私は、凛ちゃんの詩を読んでとっても切なく悲しい気持ちになりました。
何も出来ない私でも、忘れずに思い続けてる事が力になるって凛ちゃんに教えられました。
心の奥に今のこの気持ちを忘れないようにとどめておきたいと思います。
難しいテーマにおつかれさまでした。
また次の機会まで・・・華小町おやすみ。
【2006/08/17 11:24】
| URL | ももちぇ #-[ 編集] |
三日間、ありがとうございました。
最近薄れがちだった、戦争と平和について再考するいい機会となりました。
僕は、あの戦争については小中学校で聞いたものがほとんどで、生の声を聞いたことがありません。
これからは機会を逃さず、お年寄りの皆さんからもお話を頂き、自分も若い世代にそれを残していきたいと思います。

あ、三日間、掃除も家事もほったらかし・・・(^^;
【2006/08/17 13:39】
| URL | コーヒールンバ #iJ46pOg6[ 編集] |
>桜さん こんばんわ~vvv

桜さんには本当に応援して頂きました。ありがとうございました。
桜さんはじめ皆様の応援があって最後まで出来たのだと思っています。

ちょっと失言と強引なところのある首相ですけど(笑)
正直に言って今回の事は私は見直しました。
賛否両論は…利害が絡んだ結果なのでしょうね(汗)


>ももちぇ姉さん こんばんわ~vvv

あい、とけちゃいました(笑)

えっと、9.11の事件のほぼ1年後、私はニューヨークに立ちました。
正直に申しまして…『無念』の渦が見えました。痛い思いをしました。
今でも体が縮こまる思いがします。

私、どんなに非力でも正しい事を忘れないで言い続ける事ってすんごい
勇気が必要だと思うんですね。
でもそれを継続する事で必ず正しい方向に向くような気がします。
それが『正しい力』なんだと信じたいです。


>コーヒールンバさん こんばんわ~♪

そう言う風に思って頂いて、本当に光栄です。ありがとうございます。
小さな雫でも汚れてない湖面に落ちると徐々にですが大きな波紋が長く
広がって行きます。ひとりひとりが機会を持つ気持ちを持てば必ずや
大きな正しい世界が広がるかも…ちょっとオーバーですかね(汗)

あ!…私も…ほったらかしにした人間がいる…兄です(笑)
【2006/08/17 23:08】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/382-a516893a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。