スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
あの夏の日を忘れない






アメリカ、イラク、イスラエル、レバノン、韓国、北朝鮮、そして日本…。

意味の無い『いがみ合い』の横行する今。
いや、それぞれの誰かにとっては意味はあるのでしょう。


でも、そんなものは命を奪われるものには届きません。

華小町は経験の無い時代と場所に生まれました。
その目的、その正義、その主張に直接触れたことはありません。

ただ唯一華小町の肌に触れるもの…それは…


何の理由も知らされず死の恐怖に怯えるもの達の心の叫び。

華小町は…なにものかに蹂躙される儚い生命の声を聞きます。
激しく、切ない小さな怒り、やり場の無い憤りを詠います。

愚かな『いがみ合い』を二度と繰り返さないために…。






明日からの3日間 歌集「花のいのち」をお送りします。

forhanakomachi-thumbnail2.jpg
もうひとりの小町の処へお行きなさい

異国での ふたつの体と 一つの心
今宵あなたに お見せしましょう

心の鍵は ふたつでひとつ
スポンサーサイト
【2006/08/17 00:00 】
華小町 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<またまたいきなり更新履歴(笑) | ホーム | 第一夜 深憂>>
コメント
テンプレートが変わっててビックリしました!

若いお二人がこのような企画をしたこと、素晴らしいです。
尊い命が奪われることは、どんな理由であっても許せません。
その想いをぜひ歌に託してください。

・・・今日はよくわからないのですが、なぜか涙もろくなっています。
もしかしてこの企画を予感していたのかな。
【2006/08/13 00:27】
| URL | ゆう #B3PQ8KOc[ 編集] |
こんばんわ♪
戦争が無意味な出来事とは言いません。
戦った人達は、命をかけて戦ったわけですから。
でも、だからこそ、戦争の無意味さを問いたいですね。
命をかけて僕等に見せて、僕等に教えてくれたこと。
たかがくだらない国のプライド如きでおこなっていいものではないということを。
国とは場所ではない、人なんだということを。

華小町の歌集、興味深く読ませてもらうと共に、戦争というものを自分の胸に刻みたいと思います。
【2006/08/13 00:30】
| URL | H×S #WVb5vgCk[ 編集] |
戦争で犠牲になるのは戦争を起こした人ではない。
個人のケンカなら当事者だけで済むのに、理不尽なものですね。
亡くなった人が多いと、全ての個人が「~万人」という単語に集約されてしまいます。
事実の前に掻き消されやすい、1人1人の声を聞けたなら、といつも思います。
3日間、凛さんの綴るいのちを感じさせてくださいね。
【2006/08/13 06:35】
| URL | 小箱 #-[ 編集] |
『うた』とともに、命の重みを再確認していきたいと思います。

「頑張ってください」

なんて、あまりに投げやりで相応しい言葉ではありませんが
お二人が
華小町さんたち自身の言葉に押しつぶされはしないかと心配で、
「頑張ってください」
と、つぶやいてしまいました。
【2006/08/13 08:23】
| URL | 桜 #-[ 編集] |
>ゆうさまへ

御訪問ありがとうございます。
今回の短歌はもうひとりの華小町の発案でございます。
尊い命を奪うものを許さず、それでも起きてしまったこの愚行を
二度とその記憶から消し去らないよう、そして繰り返さないよう…。

本日からその思いを残すべく詠ってまいります。
お付き合い下さればこの上の無い幸せでございます。


>H×S塾長さまへ

御訪問ありがとうございます。
塾長さまのコメントを頂いて、華小町は涙してしまいました。
下らない国のプライドが誰かの命を奪う愚行…。
あってはならない、そして戒めとして忘れてはならない言葉です。

そのお言葉を胸に詠ってまいります。
お付き合い下さると幸いに存じます。


>小箱さまへ

御訪問ありがとうございます。
個人の言葉ではない何かが人々を駆り立て、戦地を作り出し命を奪う。
理不尽と言うにはあまりにも悲しい切ない事実だと小町も思います。

聞く事の出来ない悲しい声を聞き、詠っていきたいと存じます。
お付き合い下さると光栄に存じます。


>桜さまへ

御訪問ありがとうございます。
実はこの華小町…
歌を詠んだあと現実に暫く戻れなくなった時間がありました。
心を声に奪われ、思いを馳せたまま暫く佇んでおりました。

忘れてはならない、風化させてはならない事実。
そして繰り返してはならない未来。
数々の思いをお伝え出来るように言葉を綴っていきたいと思います。
お付き合い頂きましたら幸いでございます。
【2006/08/14 00:56】
| URL | 華小町 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/381-947d0783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。