スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
第三夜 花咲くいのちある限り



人の死が テレビゲームを 見るように
弾け飛び散り 『You are lose.』




そして終焉


「譲らない 正義!」が人を 狂わせる
意地の張り合い そして…終焉



「勇気ある 撤退!」などと 言葉を飾り
捨てられる街 屍の丘

20060815194023.jpg


数年に 及ぶ戦火の その果ては
朽ちた景色と 饐えた臭いと



土塊と 瓦礫ばかりの 街の痕(あと)
二度とは咲かぬ 生命の気配






 

荒れ果てた はだしの足元 目を落とす
名も知らぬ花 揺れる一輪

名も無き…花


儚くとも 生き残る事の 難しさ
二度と言わさぬ! 「我、正義なり」など! 




慰霊碑の 前で合せる 掌に
        起きてはならない 願いを胸に


手を合わせ 伏せた瞼に 平和をと
        思いを馳せて 安らかを祈る


目を閉じて 頭(こうべ)を垂れて 手を合わす
        合せた両手に 涙ひとすじ


童たち 「何を祈るの?…」 問いかける
        無邪気な問いに 優しく話す


悲しいねぇ…身近の人が亡くなるの…
つらいねぇ…身内が会えなくなるの…
悔しいねぇ…大切な人がいなくなるの…
いやだねぇ…こんな事をもう繰り返すの…

見たくないねぇ…もう二度とこんな事…



ただ祈る 生き延びた事の 幸運を
ただ願う 平和である事 続けよと
ただ思う 辛い出来事 忘れぬと

ただ…繰り返したくないと誓いを胸に…。


雨が降る… 逝くもの達を追悼し 何かを洗い流すように 
天が哭く… 無言で捧ぐ哀しみに 真をもって答えるように
花が舞う… 命の言葉を聞き返し 安らかなれと詠うように







もうひとりの小町の扉をお開けなさい

img21790.gif

異国での ふたつの体と 一つの心 今宵あなたに お見せしましょう

心の鍵は ふたつでひとつ

スポンサーサイト
【2006/08/14 00:00 】
華小町 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<第二夜 慟哭 | ホーム | 『華小町歌集』をお読み頂いた御礼を込めて>>
コメント
荒れ果てた死の大地に咲いた一輪の花。
そこから咲き乱れたものが今の日本だと思います。
僕等に見える景色は一面お花畑。
でも、忘れてはいけない。
ここは死の大地だったということを。
そしてもう枯らしてはならない。
この咲き乱れる花達を。
そんな気持ちになりました。

今回の歌集を通して、僕はいろいろと忘れていた記憶を思い出しました。
いや、忘れていたわけではないんでしょうね。
奥深くに閉じ込めてしまった記憶なんだと思います。
恐怖から逃げるために。
辛い現実から目を背けるために。
しかし、それではダメだと思いました。
この現実を乗り越えていかねば、輝く未来などない。
しっかりと胸に刻んで歩んでいきたいと思います。

3日間、お疲れ様でした。
素敵な詩をありがとう。
【2006/08/16 00:37】
| URL | H×S #WVb5vgCk[ 編集] |
戦争が、ゲームのように捉えられてしまう。
何度でもやり直せるゲームの中とは全然違うのにね。
そうでなくても戦争という状態に慣れてしまうと、
「今日は○○で△人死んだんだって」「ふーん、また。」
なんてやり取りが見られることだってある。
どんな時も命の重みを忘れないために、
戦争を繰り返させたくないと願い続けるために。
もっと戦争について知り、語り合っていかねばならないと感じます。
「慰霊碑の~」から最後までの所を、思わず手を合わせて祈るように読みました。

3日間で感じたことを、うまくまとめられません。
悲しみとか憤りとか、ほかにもたくさんの気持ち。
言葉にしてしまうと、なんだか薄っぺらくなってしまうので。
感じたたり考えたりしたことは、これからも抱えていこうと思います。
3日間、考えさせてくれる歌集でした。ありだとう。
【2006/08/16 02:11】
| URL | 小箱 #-[ 編集] |
先日、大切な身内を亡くしました。
僕が生まれてからずっと一番身近に感じていた親戚。
それは戦争ではないけれど、
今僕が思うことがココに書いてある気がしました。
ありがとう華小町。
【2006/08/16 10:40】
| URL | monta #-[ 編集] |
お疲れ様でした。
私たちは、戦争を後日談としてしか知りません。
聞いた話なんていうものは、いずれ忘れてしまうのです。
でも、その時何を感じたか、どんな痛みを覚えたか、そういったことはいつまでも心に残っていると思います。
心の痛みは、決して忘れることはない、まして、忘れてはならないんです。

凛さん、そしてかずみさん。
私は本来、こういったことに関してはとてもネガティブなんです。
でも、気が付くと胸が痛くなっているのは、やはりお二人と気持ちが同じだからだと思っています。
本当にありがとうございました。
【2006/08/16 18:47】
| URL | 麻 #-[ 編集] |
あの戦争の記憶が薄れつつあります。
あの戦争を商売のタネにする人がいます。
歴史をいじくり「日本が勝った」ことにされてしまいます。
TVゲームとなり、その勝者は「俺がやれば日本は勝っていた」などとおかしな方向へ思考が流れてゆきます。
ハイテク化した戦争は、まさにTVゲームのように、画面の中で相手を追い詰めて行く様を見るようになりました。

またもや、だんだんとおかしくなってきています。

戦争がよくないものばかり残すのは、皆分かっているはずですが。

平和ボケになるくらいでもいい、なにものにも怯えずにすむ日々が、早く世界中に訪れて欲しいです。
平和についての再考の三日間、ありがとうございました。


【2006/08/16 22:24】
| URL | コーヒールンバ #iJ46pOg6[ 編集] |
皆様…大変申し訳ありません。
コメントをお返しするのを忘れて…
フュージョンをといてしまいました!(爆)

んっとんっと…く…

>H×S塾長さまへ

華小町のお付き合い本当にありがとうございました。
忘れないで記憶に留めておく事が一番必要なのでしょうね。
でも、それがいかに難しい事かは私も良く判っているつもりです。
本当に辛い事は記憶から消し去りたいですものね。
それでも記憶に留める事…本当の勇気なのかも知れません。


>小箱さまへ

華小町にお付き合いどうもありがとうございました。
拙い私の歌でお心を感じて頂いて、手まで合せて頂いて…。
小町は本当に感無量でございます。
お言葉に勝る嬉しさでいっぱいです。


>montaさまへ

御訪問して頂いてありがとうございました。
故人を偲び、その姿をいつまでも記憶しておく事。
そして安らかなれと手を合せる事。
本当に大切な事だと私も思います。


>麻姉さまへ

御訪問ありがとうございました。

私達は実際に体験していない時代と場所に生まれています。
それは…もしかしたら…傲慢なのかも…と、思う事があります。
本当に辛い事を体験した当事者にとっては思い出したくも無い、
記憶から消し去ってしまいたい事かも。

ただ、その痛みを和らげるために、痛みを共有する事も必要なのかも知れません。そして…二度と同じ思いはさせません、と思い出す。
そうする事も大切なのかも…と言う思いを歌にしました。


>コーヒールンバさまへ

華小町にお付き合いありがとうございました。
正しい事を正しく理解する事の難しくなってる時代だと私も思います。
その中で少なくとも『人の心の痛み』を一番に考えて、事実を見て
正しいものを記憶に留めたいと私は思っています。


……アカンがな…戻ってへんやん…。
もし失礼な表現がございましたら謹んでお詫び致します。
大変申し訳ありませんでした。
【2006/08/17 17:30】
| URL | 華小町 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/376-619aeb45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。