スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
お国柄じゃあなく土地柄ですね。
サンフランシスコで経験した虹の旗の意味。
皆さんはこの国全体がある程度同性愛に寛容だと言う印象を持つんじゃ…。
やはり美国は広い国。地域で大きな差があります。

私の住んでる地域では…口に出す事すら憚られるんです。
元々農業中心で閉鎖されたド田舎の此処。ほんの20年前までは…いわゆる
『KKK団』が闊歩していた場所です。

10年くらい前まで…有色人種に差別がありました(きっぱり!)。
街でチラホラ肌の黒い人達を見かけるようになったのは本当にここ最近です。

もちろん、キリスト教に狂信的(あくまで私の印象です)な人達です。
その証拠に、この国にあって離婚すら認められてませんでした。

今でも州法の中でなかなか見直しが可決されない議案。

『婚姻をしていなくとも夫婦同然に生活をしている場合、片方が認めれば
 もう片方の財産を受け取る事が出来るようにする。』


本人がどういう風に言おうと結婚してなければ何ももらえない。
一度結婚してしまうと、たとえその後すぐに離婚しても権利を主張すれば
どうとでもなるようですが(これがこの国のいいかげんな所です…汗)
結婚もしていない人間にはまったく権利が無い。
『結婚前の姦通は神様に背いてる』と言うのが主たる理由です。

もちろん同性愛などもってのほか!
神様が創りたもうた人間、男性と女性はお互いを理解し、お互いを求め
合うようにお創りになったのです。
それを…ワナワナワナ…神様の御意思に反して…ブルブルブル…
同性同士が心を通じ合わせるとはぁぁ!




許せん!…て、私が代弁する事は無いですね(笑)

この地域では神様は絶対!唯一無二の絶対神、キリスト様です。
その神様に背く事は『死』を意味します。
それは自分であろうと、他人であろうと関係ありません。
だから、他人にもビシバシ注意をするんでしょうね(笑)

ただ、ここ数年でずいぶんと変化して来ました。

・離婚が自由に出来るようになって、後ろ指を差されなくなった。
・肌の黒い人と一緒にお仕事するようになった。
(また、肌の色に関係なく役職につけるようになった)
・同性愛をカミングアウトする人が出て来た。
(カミングアウトしても街を出て行かないで済むようになった)
・日本食を好んで食べる人が増えてきた(え?)

だいぶ変化して来ました。でも、それでもまだまだ一握りです。

美国でも地域によってはこんな閉鎖的なんですよ。
スポンサーサイト
【2006/07/27 00:10 】
意識 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<信じる心… | ホーム | ご当地ものの写真です。>>
コメント
同性愛者は一種の病気にかかったようなもんだもん。
だったら、なぜ神は性同一性患者にそうゆう試練を与えたの?
って思っちゃうのが私の意見。
神って、平等ぢゃないもんねー。
なぁんて、ちょっと真面目に考えてみたり。

差別はなかなかなくならない問題だよねー。
【2006/07/27 12:23】
| URL | ももちぇ #-[ 編集] |
『バナナフィッシュ』でアッシュが「アメリカは大きな田舎だよ」って言ってたのを思い出しました。

ダーウィンの進化論が、最近になって一部認められた、って州もありますもんね(汗)
日本からテレビを通してみるアメリカの有名な都市は、異例というか異種というか、アメリカ全体を代表するような所ではないんですね。

美国のお話、ほんとに興味深いものばかりで楽しいです。
【2006/07/27 16:14】
| URL | 桜 #-[ 編集] |
同性愛を語るのなら「愛」の定義から始めなくちゃならないからなぁ・・・
ももちぇさんの言う「病気にかかったようなもの」
ってのが一番シックリくるかも。

一神教ってのは、どの宗教もある程度は排他的なもんです。
また、そうでないと宗教ってのは広まらないし。
オレの持論ですが、宗教は芸術と一緒で、
自己啓発的なものですよね。他人に押し付けたり、
ルールを制定したりするもんじゃないと思っております。

今日はマジメなsatoshiクンでした♪
【2006/07/27 23:17】
| URL | satoshi #6x2ZnSGE[ 編集] |
私は、誰かを本気で愛せるなら、それは素敵なことだと思ってしまう。
相手が同性でも異性でも、ね。
人を愛する気持ちなんて易々と持てるもんじゃないし、大事にしてほしいなぁ、なんて。
それを拒絶するか受け入れるかは本人たちの意志かなと。
うーん、satoshiさんの言うとおり、「愛」の定義の話になりそうですね。

中学時代、アメリカは人種のサラダボウルだと教わりました。
それぞれの人々が、互いを尊重しつつ自分を主張している、そんな意味だったように記憶しています。
だからってアメリカ全てがそうではないんですよね。
一文で表してしまうって、なんて乱暴なんだろう。
凛さんのこの記事を読まなかったら、きっと言葉通りに受け取ったままだったんだろうなぁ。
少しお利口になりました。ありがとう☆
【2006/07/28 00:02】
| URL | 小箱 #-[ 編集] |
>ももちぇ姉さん いらっさいませ~vvv

動物の世界で、同性しかいない場合、子孫を残す為に性転換する種がある
事は良く知られています。これはあくまで子孫を残す為です。
逆に言えば、どのような動物も『子孫を残す為』なら、性転換する可能性
があると言う事ですよね。意識の中で両性を具有している。

人間は知能が発達し過ぎて、『子孫を残す為ではなく』意識が性転換する
のではないかと…なんて勘ぐってみたりして(笑)

此処最近は差別意識は薄れているようです。
文化が発達した結果ではないかと…て、有史時代みたい(笑)


>桜さん いらっさいませ~vvv

この国ってとんでもない都会は1割くらいで、残りの9割は此処のように
電気も通ってないような田舎だそうです。
…此処は電気通ってますけど(笑)
で、私の近くに住んでる人達の口癖

「Yew Yorkったら!あれはアメリカでねぇ!あったら怖ぇ~ところ、オラ
 行きたくもねぇだよ!おぉぉ…怖ぇ~ところだぁ~…」

て、言葉遣いまで変えてどないすんねん!
ともかく、此処の人達も都会は特別な場所だと思ってるようですよ(笑)


>satoshiさん いらっさいませ~♪

うぉう!(叫び声変!)『愛』の定義!
…風邪引くようなものなんですかね?←全然判ってない人。

今、此処でこうして宗教の事で冷静にお話出来るのも日本人だからかも
知れませんね。神様のお考えがひとつではないと言う事が理解できるのは
日本に色んな神様が共存してるからだと思うんです。
だから、極端な事になりそうになると、ス…と一歩下がる事が出来る。
…とことんハマっちゃう人もいますけど(汗)


>小箱さん いらっさいませ~vvv

よく「男が男に惚れる」とか「お姉さまに憧れる」とか言いますね。
これと、同性を愛する事とが私は繋がらないんです。
…チビッ娘には難しい世界です(笑)

この国は、単純に神様に背くから同性愛を受け入れない。
日本は…もしかしたら肉欲が背後に見えるから受け入れられないのかも。
精神の深い繋がりだけであれば日本でも「愛する」って言うのもあり
なんでしょうね。

私の住んでる地域、前はアングロサクソン系の人達だけだったようです。
なのでますます閉鎖的だったんでしょうね。
最近は此処もまさに人種のサラダボウルの如く色んな人種がいます(笑)
そのせいで徐々に悶子 門戸を開くようになったのかも…
…て、悶子て!良ぇ話台無し!(汗)
【2006/07/28 02:30】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/365-f0b05104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。