スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
San Francisco旅行記 Part 3 君は…衝撃を覚えたか?!
…朝…カーテンの隙間から柔らかい朝日が漏れている。
私はカータンを引き開ける。窓を通して見えてくる景色…








…は隣の壁ぇぇ???!!

そうです、外は隣のホテルの壁なんです(泣)
…街の中心に位置するホテルやからしゃぁないけど…。

本日のツアーは9時半から。
ホテルのテナントにある日本料理屋さんで朝ご飯を食べて準備です。
鮭と納豆と海苔、お漬物にお味噌汁とご飯で22ドル(高っ!)

外に出ると…ド?ンヨリまた曇り、道路も濡れてるの。
…おかしいなぁ…晴れ女が…効かへん…。

集合場所には8人乗りのおっきいバンが待ってました。
乗り込むと後ろにはもうお客様が乗ってます。
運転手さんはもう一組のお客様を待ってるようです。
と、兄が助手席に座ってるガイドのお兄さんに尋ねました。

「ここら辺では他に日本料理屋さんはありまへんか?」
「…あ、私此処は来たばっかりなんですけど。」

えぇぇ?!そんなんでガイド!つとまんのん?!

…と、思ったらその人もひとりで参加したお客様でした(笑)

全員揃い、ツアーに出発です。
この道11年のヴェテランおねいさんが運転兼ガイドでした。
「おはようございます!本日は市内観光ツアーにご参加頂きましてありがとうございました。では早速廻って参りましょう。まずはこの町の行政の中心地に向かいます。」

車は私達のホテルのすぐ裏を走って行きました。
「皆様、今走ってる両端をご覧下さい。何だかいかめしい鉄の柵が家々に張り巡らされてます。この近くにウーピー・ゴールドバーグ主演の『天使にラヴソング』のモデルになった教会がございます。あの、子供達を集めてゴスペルをやって、全国大会で優勝する映画です。この辺りにはそのような小さな教会がたくさんあって、其処では朝食事のお恵みがあるんですね。そのため、ホームレスの人がそれを貰いにたくさん集まるんです。そしてこの辺りをネグラにする。なので、治安が悪くなっています。此処の酒屋さんは柄を割られないように窓まで鉄格子で防御しています。」
liqure717.jpg


…すんごい防御!

ホテルはそう言った事情のある地域に後でたくさん建ったそうです。
…それでホームレスの人があちこちに多いんですね…。
サンフランシスコの中心街は決して治安の良い処じゃないんです。

で、議事堂に到着、サンフランシスコの成り立ち、州の旗のデザイン
が熊、なんて事を聞き記念撮影。
giji717.jpg

…詳しいウンチクは長くなるので <<続く>> に入れときます。
ご興味のある方はどうぞ(笑)

ツインピークスに向かう道すがら…と、道路両端に虹の旗が…。
よく見ると旗の色が6色…何これ?…。

「この通りはカストロ通りです。左右の虹の旗はゲイの人達を示す印なんですね。此処はゲイにとって開かれた場所です。停留所脇のポスターをご覧下さい。男性同士が仲良く収められてますね。サンフランシスコはゲイの発祥と言われています。この通りはゲイのメッカになっています。

…あ、日本の有名な芸能人の方も良く此処を訪れるんですよ。最初はグループだったんですが最近はお一人で…。」


…………

『事件は会議室で起こってるんぢゃないんだ!

ぢけんはカストロ通りで起こってるんだよっ!』


ガイドさんも実際に生で会ったことがあるそうです。ちょっと衝撃(笑)

ツインピークスが近くなると、どんどん霧が深くなって来て…
着いた時はもう辺りは真っ白!
『霧のサンフランシスコ』って有名なんですってね?
大西洋の寒流と大地に熱せられた空気から発生するそうです。
6月から9月終わりまでは此処は乾季なんですがほぼ毎日発生!
市街地は霧で全然見えません(詳しくは<<続く>>で)。

気を取り直してゴールデンゲートブリッジへ。
これが全景。ブリッジの色がレンガ色なのは霧に映える色だから。
上のほうが霧にむせっています(笑)
GGB717.jpg

少し中ほどまで歩いてグッドショットを探したんですけど…
GGB3717.jpg


サンフランシスコの高級住宅街。7棟連なって建つ合計14億円の家。
14house717.jpg


日本人は『いろは坂』と言う坂を廻ってフィッシャーマンズワーフへ。
iroha3717.jpg

此処で解散です。
ガイドさんにシーフードの美味しい店を聞きました。

茹でたカニを丸々頬張り、クラムチャウダーとサーモン、でっかい
エビの茹でたのムシャムシャ…ん?ん…幸せ?♪


この後!!!
フィッシャーマンズワーフからの素晴らしい景色!

そして!強い美国を思い知る出来事が!

…夜の夜景ツアーには何が起こる?!


次回!乞うご期待!

…ご紹介したい事が多すぎて半日しか進めへん…ごめんなさいね。
【この街の歴史と興味深い事実】

サンフランシスコはその昔メキシコ領でした。そんな中、アメリカとして独立する雰囲気を盛り上げ、この西海岸でも戦争を起こしました。そして激戦の中、色々あって独立する事が出来たんです。

今のサンフランシスコ州の旗に『熊』が飾られてるのはね?理由があるんです。その当時、独立戦争を起こした時の将軍は、今のbobanさんのように絵心がありました。そして、この地方にはすんごい数の熊が居たんです。その将軍が、志気を高める為に旗を作る時…チョチョイっていっぱい居る熊をモチーフにして描いたの。それが今でも州の旗として残ってるんです。何だか素敵な話ですよね♪

その後、アメリカ領として泣かず飛ばずだったサンフランシスコ。
脚光を浴びる事になる事件が…。

ある日どっかのおぢさんが川の中で綺麗な石を見つけました。
洗って見ると何だか素敵な綺麗な石…金でした。
此処にはでっかい金脈があったんです。

そして、ゴールドラッシュが始まりました。
最初にそれに乗って入植した人は49人。彼らは必死で金を掘りました。
今でもサンフランシスコのアメリカンフットボールのチーム名…
『サンフランシスコ・フォティナイナーズ』はこれです(笑)

彼らは金の鉱脈を掘り当て、また、金を掘る為に人がどんどん集まって来ました。金を掘るのは殿方のお仕事。家族が此処に移るには厳しい環境だったので単身赴任(笑)
でも…男性だけで…色々生臭い事は…ご想像つきますよね?(笑)
そう言った意味で…ゲイが広まったのです。

また、サンフランシスコは戦争中、特に海での戦いが多かったんです。船に乗って戦いをする。船の中は男性ばっかし…ご想像がつきますよね?(笑)ただ、軍隊は規律が厳しく、判っちゃうとすぐに除隊させられます。クビになった人達は…
『何で急に帰って来たん?』
の言葉を聞きたくなくて里に帰らず、サンフランシスコの近くに定着してしまいます。そう言った意味で…此処にはゲイの人が多く住むようになったそうです。

これが開かれた同性愛の街、サンフランシスコのカストロ通り(笑)
男性同士は恋人ツナギで手を組んで、普通に街を歩いています。
私は否定するつもりはありませんけど…(笑)

…あの人も…

♪ららら?らっさんばでとぅなぃ?♪

って歌いながらこの通りを誰かと一緒に歩いたんでしょうか?


【サンフランシスコに霧の多い事】

この街は西海岸に位置しますが、春夏秋冬の季節の他にもうひとつ、
「雨季と乾季」と言う季節の分け目があります。
雨季は11月から4月、とうとうと雨が降ります…雨男関係なく(笑)

乾季は5月終わりから10月終わりくらいまで。この時期は雨が降らない代わりに海の寒流との気温差で、ずっと午前中濃い霧が街を包みます。そりゃあもう!毎日!手を伸ばした指先が見えなくなるほど濃い霧が街全体を覆い尽くすんです。

この霧は、午後になるとすっかり晴れて、また夕方7時くらいになるとまた濃くなって来ます。晴れ女の私でも、お約束には逆らえません(笑)運がよければ早い時間に晴れるんですが、ほとんどは午前中まったく見えない。

皆様、サンフランシスコに行って、素敵な景色や夜景を見るのは…
5月が最適かも…。此処の気温は1年を通じて5度から25度と安定してます。しかも、雨季が終わったばっかしなので水が豊富!お勧めです。

今後もウンチクは<<続く>>に入れときます。
…ずいぶん長くなっちゃうんで(汗)
スポンサーサイト
【2006/07/18 00:51 】
旅行 | コメント(7) | トラックバック(0)
<<San Francisco旅行記 Part 2 君は夢を見たか?! | ホーム | Special Thanks !>>
コメント
おはようございます♪
勉強になります。
凛さんの解説っていうんでしょうか?
こういう隠れたエピソードやお国事情話。
好きです♪
しかし、熊にはそんな理由があったんですね。
てっきりあれはスデクマ隊員レジェンドの証かと(笑)

天使にラヴソングをの教会は行ったんですか?
すごい見たいです♪
太陽とシスコムーンもいつか行ってみせます!

関係ないですけど、そういえば普段は食事どうしてるんですか?
やっぱり和食なんですか?
凛さん=おにぎり名人のイメージですけど、米ってそんなに簡単に入手できるんですかね?
・・・もしかして、すごいこと聞いてます?(笑)
【2006/07/18 07:34】
| URL | H×S #WVb5vgCk[ 編集] |
前回のケーブルカー(?)
あれ衝撃でした。
あんな坂登るんですか!?
坂が上れたら長崎のちんちん電車も
かなり便利になるのになぁ・・。
なんてちょっとずれた感想ですいません。
くしゅん(あらやだ、萌えクシャミが)
【2006/07/18 11:03】
| URL | monta #-[ 編集] |
こんにちは。
まずビックリしたのが・・・
>お漬物にお味噌汁とご飯で22ドル
約2500円!!高っっっ!!!
オレは凛さんのオニギリなら払いますよ(笑)

それにしても晴れ女なのにどうしたんでしょう?
ツアー客にすんごい雨男or雨女がいるんでしょうか。

ああ、それとシスコに行っても、カストロ通りには
たぶん行かないと思います(笑)
【2006/07/18 12:32】
| URL | satoshi #6x2ZnSGE[ 編集] |
ゲイのメッカって・・・。
ゲイの人たちはぜひともそこへ一生に一度はいってみたいっ!
てな衝動にかられるのかなぁ。
てか、そんな場所に男一人で行ったら別世界が開ける事確実だねー♪
次回の八刑ツアー楽しみでっす♪
【2006/07/18 18:25】
| URL | ももちぇ #-[ 編集] |
昨日たまたま友達ととある芸能人のとある話をしていたんですよねまあどうでもいいかこんばんわ。
飯高っ!
米好き・味噌汁好き・漬け物好きな私はおそらく暴れると思います。
凛さん、普段何食べてんですか?(どんな質問だよ)

霧がかかってる橋もむしろ味があるというか…
これはこれですごくいいと思います。

そういえばゴールドラッシュ云々の話、中学の英語で習ったかも。
【2006/07/18 22:17】
| URL | 麻 #-[ 編集] |
ぢけんの真相が分かってスッキリ☆
・・・でもないか。
ゲイのメッカなんてあるんですね~。
「あの人」のファンに言うのはやめとこうと思います(笑)
シーフード、想像しただけでお腹がなります。
夜中はお腹がすくもんですが、ここは我慢!
素晴らしい景色、期待してますね。
【2006/07/19 00:42】
| URL | 小箱 #-[ 編集] |
>H×S塾長 いらっさいませ~♪

当時はこの辺りに普通に熊が歩いてたそうです。
なので新田さんも修行してたとか…て、何時の時代の人や!

例の教会は通り過ぎただけで降りる事が出来ませんでした。
観光客にとっては身の危険を覚えるほどの場所なんです。
雰囲気がすんごい怖いの!…仕方ないですけど(汗)

美国には米などの日本食材は日本食材専門店で購入します。
米は10キロで…2千円くらいですか。やはり割高ではあります。
日本食材は何もかも1.5倍くらいの値段ですね。
ニッシンカップヌードルが300円くらい(笑)

その他の食材は例のウォルマートで買うんですがそれは安い。
ステーキ用牛肉2キロで千円。ジャガイモ10キロで200円くらい(笑)


>montaさん いらっさいませ~♪

あのケーブルカーで人を満載して坂道を上り下りします。
昇るのは難なくやってますね。楽勝のようです。
ただ下る時はブレーキを身体いっぱい使ってレバーを引いてました。
なので運転手さんのガタイのすんごい事(笑)
腕なんか女性のウエストほどもありました。


>satoshiさん いらっさいませ~♪

このお店、何だか高級料理店を気取ってるお店だったので高かったのかも。
美味しかったんですが…値段ほどでは…(苦笑)

サンフランシスコの今の時期は、毎日午前中は霧、昼に晴れる、夜が霧
って言う図式らしいです。私も晴れ女の効力が切れたかと思いました(笑)

カストロ通りで、男性がポケットからハンカチを少しだけ覗かせてると…
『募集中』だそうですよ。お試しあれ♪(と煽ってみる…笑)
ただ、ここに住んでる人達はみんな紳士なんですって。この辺りでも夜、
安全に歩ける通りだそうです。特に女性は、ね?(笑)


>ももちぇ姉さん いらっさいませ~vvv

彼らにとっては、自分達の事を理解してくれる人の集まる所なんでしょうね。
あ、女性同士も住む所です(笑)そして、オープンに町を歩ける。
その人たちにとっては天国なのかも知れません。
…私には理解できない世界です。


>麻姉さん いらっさいませ~vvv

はい、霞を食べて生きてます…て、仙人か!
日本食は普通に食べます。て、調味料で日本風味になるのが多いですかね。

ゴールデンゲートブリッジは近くで見るとレンガ色の橋なんですね。
『なんや…金色やないやん…看板に偽り有りやな…』
と、素で思った事はナイショです(笑)
でもそれが霧に映える色と聞いて、ちょっとありがたい気持ちになりました。

>小箱さん いらっさいませ~vvv

そうなんです、ぢけんはカストロ通りで…てしつこかったですね(笑)

あのねあのね!本当にシーフードはとびっきりだったんですよ!
目いっぱい堪能したって言う感じです。
…と、すきっ腹の追い討ちをかけてみたりする(笑)
【2006/07/19 00:43】
| URL | 凛 #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/357-e6ce735a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。