スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Chicago旅行記Part 2
私は、兄の機嫌を害わないように助言しました。
「地図、買っといたほうがえぇんちゃう?」
「何で?えぇやないか。こっちの高速は判り易いんやで。」
「そんな事ゆぅても、高速降りてから困るやろ?
 買っといたほうがえぇと思うで?」

「さよか……ん…そやな、そしたらシカゴで買ぅたるわ。」

プチ解説:
美国の高速道路は、大きく東西と南北に作られています。
番号は日本のような作った順番ではなく、意味があります。
東西の高速はほぼ偶数番号、南北は奇数番号が充てられます。
インターの番号は、南北の場合、北に向かって数字が上り、
東西の場合、東に向かって数字が上がります。
ですから高速の番号やインターの番号を見れば、方向音痴でも
行く方向が正しいかどうか判ります。


なんとかシカゴ行きの高速に分岐出来て、私達は目的地に向かって、
一路高速をひた走ります。
周りの景色は畑か木々だけ。たまに住宅街のような所もあります。
また、地平線が見えるかと思うような広い所にも出ます。
どこまで走っても景色は変わりません。

そんな平地の、一直線の高速道路を私達は100キロで走ります。
車には「オートクルーズ」が付いていて、かなり楽のようです。
日本語だと『自動速度調整機構』でしょうか。
アクセルを踏まなくても、設定速度で走ってくれます。







…飽きて来ました(てへへ)。
1時間以上、シートベルトで縛られて、姿勢が一定です。
まして、兄の車はアメリカの車です。
シートは硬いわ凸凹は激しいわ振動は大きいわうるさいわ…。

「トイレ。」
「ん?丁度、レストエリアがあるからそこ行こ。」
日本で言うパーキングエリアです。
トイレと、自販機と、インフォメーションがあるだけです。
ただ、日本のように高速道路自体を仕切っている訳ではないので、
近くに住むおばさんが、犬の散歩に訪れていました。
そして、そして、車から降りた人達に話しかけています。
世話好きそうな人だったので、たぶん、
「どこから来たの?どこに行くの?」
などと聞いていたのでしょう。のどかです。
ちょっと休憩をして、また出発。








…飽きて来ました(をぃをい!)。
次のレストエリアにも立ち寄ります。
トイレをすませ、また出発です。

30分も走ったでしょうか、兄が急に叫びました。
「しもた!ガソリンがない!」
インターを降り、ガソリンスタンドを探します。
いいかげんな地図を持って行こうとする兄もアイタタですが……………
飽きっぽい私もアイタタ…………。
いいコンビかも(て、わががゆぅな!)
……………こんなんで…えぇんやろか…。
スポンサーサイト
【2005/05/28 07:36 】
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Chicago | ホーム | Chicago旅行記 Part 3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/28-e7bcd56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。