スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
美国のイメージ
日本人から見た時のイメージの中で、
「美国の治安は悪い」
と言うのがあります。
『夜、外出するのは危険』
『お金を持っているのが判ると盗られる』
『ピストルや、ナイフで脅される』
『検挙率が悪いので、凶悪犯が近くに居そう』
など、治安に関してはあまり良い印象は無いかもしれません。
事実、最初は私もそうでした。

でもこちらに来て、私の印象は少し変化しました。
美国の治安が「悪い」のではなく治安の「悪い場所がある」のです。
確かに、道を歩いていて刃物で脅される場所もあるそうです。
地元の人も含めて多くの人は、そこへは近づきません。
お金を見せびらかしたとしても、すぐに盗りに来るわけではありません
(もっともそんな事をすると誰でも盗りに来そうですが…)。

検挙率が悪いのには理由があります。
あまりにも土地が広いのです。
州がいくつもあって、ひとつの州が広いので、例えば
指名手配したとしても全員の目に留まるのも難しいのでしょう。
また、誰にもわからず生活出来る所は探し放題です。
電気と水だけを気にしなければ、勝手に家を建てて住む場所はあるのです。
かくれんぼする場所は至る所にあるのでしょうね。

私の住んでいる所は、問題ありません。
夜も外出(私一人ではないですが)出来、脅されはしません。
私達はちゃんと外出時施錠しますが、してない家庭も多くあります。
ピストルも、ナイフも持ち歩いている人はいません。
…て、見せびらかす人おれへんがな!

去年の秋、地元のラジオ放送での事件です。
「本日昼、行方不明になっていた4歳のJhon君(仮名)ですが、4時間後、発見されました。彼は一人でトウモロコシ畑に遊びに行き、迷子になっていたところを、彼の愛犬Inu(仮名)が匂いで捜索し、発見してInuが誘導して連れ帰ったものです。」
これは大きな事件でした。
秋のトウモロコシ畑には危険が一杯です(笑)

スポンサーサイト
【2005/05/14 07:22 】
意識 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<聴覚の感覚 | ホーム | 侮れない出来事(キッチン編)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/21-713456b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。