スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
じっちゃんの名にかけて!
お金を別の名前で言ってしまう謎・・・そんな大げさな(笑)
私、どうしてなのか考えていませんでした。

で、此処の美国の人にその理由を聞いても多分判りませんので(汗)
兄に、此処に長年住んでいる自称有識者の 絵夢さん(仮名)に聞いて
もらいました。

プチ解説:
絵夢さん(仮名)はもう、10年ほどこちらに住んでいる日本人です。
仕事でこちらに来たのですが、もう帰りたくなくなってるとか。
『美国のいろんな事を知っている』と常日頃 豪語しています。
悪い人ではないんですが、ちょっと考え方が偏ってるような・・・。
で、私の兄より・・・もっと口が悪いんです(汗)
・・・て、そんなこと解説してどないすん!・・・いや、重要なんです。






謎は解けたっ!!(堂本 剛くん風)
・・・絵夢さんが本当に正しければですけど。

で、聞いて来た事を総合すると・・・

『Bill』とは、「紙幣」の事。『1 Bill』は「1ドル紙幣」の意味。
『10 Bill』だと『10ドル紙幣1枚』の事になる。
例えば『8 Bill』だと、どれかは不明でも紙幣だけで8ドル分。

次に『Box』は、非常にくだけた本当に親しい人達だけに話す時使用。
正式な銀行、レストランなんかでは使わない。
日本で言えば、そう!おばちゃん達の使う「・・・万円」と同じ感じ(笑)

硬貨のそれぞれの名前は固有名詞として通っている。
使い方は、「20セント」を『2 Dime』と言うと10セント硬貨2枚。
『4 Nickel』と言うと、同じ20セントでも5セント硬貨4枚を出す。
当然、『1 Gold』だと、同じ1ドルでも紙幣ではなくて硬貨を出す。

要は、何故そんな事を日常の会話で使うか?です。

前にもお話しましたが、此処の人達は計算が得意ではありません。
お金を渡す時になって、どれをどれだけ払うかがすぐに出て来ない。
要するに数えるのに不自由さがあるんですね。
「足し算引き算も満足に出来ない国民」と絵夢さんは言います。
・・・このへんの口の悪さが・・・私は苦手です。

ただ一桁の数字はすぐに数えられるので、計算の出来る人が計算をして
「Quarter!」と言えば、納得をして25セント1枚を渡します。
もし、25セントを持ってなければ・・・

すぐさま『I have no Quarter!』
と正直に言い、次に出す硬貨を言ってくれるのを待ちます(苦笑)

これがもう、通常になってるんですね。計算そのものを面倒がってる。
その典型が、例えば23セント払うとすると・・・
『Quarter』1枚を出してすぐに店を出て行きます。
店の人も(小さい所は)2セントなんか出そうとしません(笑)

合理的?それともアバウト?
どちらにしてもこの国の、国民性の違いのなせる技みたいです。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/01/20 07:01 】
意識 | コメント(3) | トラックバック(0)
<<兄の事 | ホーム | かなぁ?しぃ?事がぁ?あるぅ?とぉ?・・・良ぇ唄やね。>>
コメント
なるほど~計算が苦手というか、細かいことはどうでもいいというか、そういう文化なんですね。ふむ。やはり、さまざまな人種、文化圏の人が集まってきたという背景からかもしれませんね。
【2006/01/21 07:30】
| URL | 出人 #X.Av9vec[ 編集] |
私なら

Give me change! (表現あってるのか?)

って言うてしまいます・・・(苦笑)
生粋の関西人なので、お金にはいろんな面でシビアになってしまう気質ですね;はは
【2006/01/24 01:34】
| URL | なつれ #QC0gMVdQ[ 編集] |
>出人さん 文化の違いってすごいですよね。
確かに細かいことは気にしていません。
ある意味、おおらかなのかもしれませんよね。

>なつれさん こんばんわ~vvv

充分伝わります(笑)
いや、私も最初すんごい気になってたんですけど・・・
今でもキッチリ要求します(にゃはは)。
【2006/01/25 03:21】
| URL | #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/203-a190b7c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。