スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
兄のお腹が丈夫になった訳
何度も聞かされてる内容です。兄が貧乏大学生1年の時の事です。
ドキュメンタリー風(ノンフィクション風?)にしてみました。
出来るだけ忠実に表現しているつもりです。
(兄が吹いてなければ)脚色はほとんどありません。

・・・て、人を春一番みたいに言ぅなぁぁ?!!

コホン、気を取り直して・・・と。
ちょっと表現に一部難がありますので、お食事中のかたはご遠慮した
ほうが良いかと思います。後、実経験のあるかたも(笑)

ではどうぞ。
-------------------------------------------------------------
あまりにも蒸し暑くて目が覚めた。全身に寝汗をかいていた。
真っ暗な4畳半一間の窓がそばの信号のせいで赤く点滅している。
蛍光時計の針は3時を示していた。無性に喉が渇いた。

『飲み物はあったかな・・・』  彼はゴソゴソと布団から這い出した。
薄暗がりの中、部屋を見渡す。
6月なのに置いてあるコタツ。ビニール製のファンシーケース。
無機質を強調するスチール製の本棚。この部屋にあるのはそれだけ。

『さうだ!ハイチョウの中に牛乳があったはず・・・』
本棚の一番下に、調味料と一緒に牛乳を置いていた事を思い出す。
500ccの牛乳パックを取り出し少し振ってみる。半分以上ある。
喉の渇きは頂点に達していた。寝ボケも重なって一気に飲んだ。

ゴックッ・・・クッ!!


『・・・・・・?!』

口の中にドロッとした感触がした。そして鼻から酸味が抜けた。

『い、痛んでる!!!』
窓まで這い寄り口の中の牛乳・・・のような物を吐き出した。
ヨーグルト状の半固形物が瓦にぶちまけられた。

『腐ってんやないかい!・・・ちょっと飲んでもぅたがな・・・!』
梅雨の時期、部屋の温度はたぶん20度。
冷蔵庫に入れてても痛みは早いこの時期に、常温で3日の牛乳。
『失敗失敗。意地汚いのも考えもんやな、ははは・・・。』
彼はなめていた。その少量の牛乳がどんな結果を生むのかを・・・。


『・・・グググッ・・・ギュルギュルググググッ・・・』
朝5時、重く響く音で彼は目を覚ました。自分のお腹が鳴っている。
下腹部に猛烈な蠕動が感じられる。差し込む痛みも同時に来る。
彼はお尻を押さえ、急いで共同トイレに走った。

Piiiiiiiii・・・・・・・・・

彼は和式のトイレに暫く座り込んでいた。
『わぁ?えらいことになったなぁ・・・ははは』  まだなめていた。
5分後、のろのろとトイレを後にし、自分の布団に潜り込む。
下腹部の差し込みが波をうって襲ってくる。
吐き気もある。がそれよりもお腹の痛みが激烈である。
まるでお腹の中で轟雷が荒れ狂っているよう。
暴れん坊将軍の雷様が太鼓をどんどん打ち鳴らす。
10分もせぬうちに、彼はトイレに駆け出す。

そして・・・Piiiiiii・・・・・・。

5分後、またのろのろと布団に戻る。そして10分後・・・また・・・

Piiiiii・・・・・・(と言うより、もう・・・Shyaaaaa・・・)。

「ええぃ! 連邦のモビルスーツは化け物か!」
・・・あ、これはシャアか・・・(汗)

共同トイレと布団との往復。何回目だろうか、腰が立たなくなった。
力が入らない。でも痛みは止まらない。漏らすわけにはいかない。
彼は這ってトイレに向かった。
いざりながら歩を進めると、暴れん坊将軍が何かを押し出す!
力を入れては危ない・・・踏ん張れず、腕を折れず・・・。
お腹に力を入れずお尻に力を入れて、ゆっくりゆっくり這う。
共同トイレまで這って1分。こんなに遠いとは思わなかった。
と、毒づきながら・・・Piiiii・・・・・・Shyaaaaa・・・・・・。

「ん!赤い色のモビルスーツ。シャアじゃないのか?」
・・・あ、これはアムロか(何のこっちゃ?)

脱水症状であろう、喉が渇いてきた。彼は這って共同炊事場まで行き
水道水をガブ飲みした。こぼれた水で襟元がびしょ濡れになった。
立てないからしょうがない。這って布団に戻った。
そして10分後・・・また・・・。
水道水を飲んだのがまずかった。ますます酷くなっていた。


何時間経ったろう、往復したろう、日はとうに昇っていた。
目が霞んでいる。体に力がなくグッタリする。
朦朧とした頭に母や同級生の顔が浮かんでくる。
『俺・・・多分これで死ぬな・・・熱もある・・・もうアカん・・・けど・・・


こんなんで死ぬん嫌やぁぁぁ・・・。


-------------------------------------------------------------

すんでの所で兄は助かりました。
同級生がたまたま部屋に立ち寄り、何くれとしてくれたとか。
その後2日ほど生死を彷徨った後、復活した兄のお腹は・・・


『強靭』
と呼ぶに相応しいほど強くなっていました。

少し痛んだ材料は、兄に総て食べさせてます。
気にせず普通に食べてます。
・・・て、酷い妹?ありり?酷い妹かな?(チャンチャン!)
スポンサーサイト
【2006/01/13 02:01 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<日本と違うなあ・・・と感じた瞬間 | ホーム | 美国の(日本では積まないんじゃない?って思う)常時車載物>>
コメント
感服いたしました。。。

高校の時、クラスの女子(まぁ女子校だったので女子しかいないのですが)が蜂蜜牛乳という購買で売っていた飲み物を蜂蜜ヨーグルトにするんだとこっそり教室で発酵させていました・・・(not 発酵。これを腐敗といふ)

ものすごい異臭で先生が気づいてやめさせてましたがね。生物の先生だったので、
『乳酸菌ならあげるから、もうこんなことはやめて!!』と。

お兄様は生死をさまよう危険にあって、生態防御反応で強靭な腸内細菌を獲得されたのですね・・・(かっこいい理屈?)

あ、リンクはりましたので、またお暇なときにご確認くださいませ♪(^_^)v
【2006/01/14 16:04】
| URL | なつれ #QC0gMVdQ[ 編集] |
>なつれさん いらっしゃいませ~vvv

わぁぁ~すんごいかっこいいぃぃ~!
生態防御反応は自己防衛自浄再生機能搭載ですか?
・・・ん?あり?うちの兄は・・・アンドロイド(笑)

なつれさんとこのお友達もすんごいですね。
室温で作るヨーグルト!
バイオテクノロジーの最先端です(・・・何かが違う)。

リンクありがとうございました~vv
これからも宜しくお願い致します♪♪♪
【2006/01/15 03:16】
| URL | #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/195-89fe4d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。