スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
You are Fire!(by ROBO COP)
昨日TVで「ロボコップ1」をやっていました。
題名は、最後のシーンで発するセリフです(ネタバレでしたらごめんなさい)。
「貴様はクビだ!」そう、”Fire”って解雇の事です。

美国では、アウトプットが悪い事は正統な解雇の理由になります。
また、どんなに仕事が出来ても、素行不良は言語道断です。
飲酒や、ドラッグの常用も同じ、突然の病欠も7回で解雇です。

決定権は、その職場の上司に一任されているのだそうです。
…上司の逆鱗に触れて…の場合もあったと聞きました。
もし、良くない上司だったらと思うと…怖いものです。

「明日から来なくて良いよ。」は普通なのだそうです。
兄の会社で、遅刻早退を数回した人が先日解雇になりました。
技術はあって「もったいない」と言っても、えこひいきはしなかったそうです。
それほど、本当に厳しい社会かも…と、思うのは当然かも知れません。

でも、オチがあります。
解雇すると、確かに経歴には傷がつきます。
でも、有給休暇の買取や、失業の補償があり、3ヶ月はお金が貰えます。
その間に次の就職口を探せばいいのです。

また、「自主退職する?解雇にする?」の選択肢を与えられます。
自主退職にすると、経歴に傷はつきません。
そして、有給休暇の買取などで、1ヶ月分のお金が貰えます。

この様な処置をしているのは…訴訟が数多くあるからです。
それこそ、何でもかんでも訴訟ですから…。

んんんん…微妙な問題です。
スポンサーサイト
【2005/05/11 08:13 】
意識 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<”Lynn”って書くの | ホーム | 春は?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/18-f8ad57d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。