スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
今日はちょっと・・・重いお話かも
長くなるので、お時間を頂きます。

日本では美国の牛肉輸入を再開する検討を始めているそうですね。
TV JAPAN(日本語放送)で話題に上っていました。
狂牛病の危険性を指摘する声があるのでまだ決定ではないとか。
美国のニュースでも、時折取り上げて放送しています。
でも此処の人達は驚くなかれ、誰も話題にしていません。
まったく気にしていないと言うより・・・もしかしたら・・・
狂牛病って言葉すら知らない人も居るんじゃないでしょうか?

これは私の個人的見解です。
美国の牛に本当に狂牛病ってあるんでしょうか?
発見されたのは事実ですけど・・・本当に美国の牛なんでしょうか?

基本的な原因は「肉骨粉」を食べさせたのだと言われていますね?
私の見る限り此処の牛達は放牧していて、草と穀物だけ食べてます。
飼料としては、前にお話したトウモロコシは売るほど作りますし、
草は雑草を「グラスロール」にして豊富に持っています。
うなるほどある飼料に事欠かないこの国で、わざわざ牛達に肉骨粉を
食べさせる必要があるんだろうか、と・・・。

美国在住の日本人のある人は言います。
「この国の人間はずるいから、日本の牛肉の味が良いのを調べてて
 肉骨粉を食ってるって言うのを見つけて、それを猿真似して此処の
 牛にもわざわざ肉骨粉を食べさせたかも知れない。
 つまりは、日本向けの牛にだけ肉骨粉を食べさせてるって事。
 ありがちな話だよこの国じゃ。何でも真似するから。
 国内向けはそんな事する必要無いからこの国で食べる牛肉は安全。」


耳にした事があります。
少なからず、食肉用牛をメキシコやカナダから密輸してるとか・・・。
安く作って美国ブランドで日本に高く売るんだそうです。
もしかしたら・・・その密輸された牛が肉骨粉を与えられてたんじゃ・・・。

真偽のほどは判りません。
少なくとも、日本が慎重になっている訳でもなく、美国側が無理矢理
輸入を押し付けてる訳でもない事は確実だと思います。
美国には、全頭の詳細検査など出来ないほど牛が多く居ます。
かつ、密輸で本当の数が判らなくなっているので尚更です。
日本側の言う
「全頭検査しなければ不安でしょうがない」
って言うのもその通りですし、美国側の言い分である
「全頭検査など、やってられない、やる必要が無い。」
って言うのは、公に口に出来ない事情があって、日本側もそう言った
裏事情を充分知ってて、輸入再開をズルズルと引き伸ばしているのかも
知れません。

私は安全なんじゃないかと思いますけど・・・。
・・・て、何年か後に私の脳味噌スカスカになったらどないしょ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/06 00:30 】
食べ物 | コメント(3) | トラックバック(0)
<<冬時間での出来事 | ホーム | 驚愕の事実 in 美国  運転免許編>>
コメント
長文でゴメン。

安全かどうかを推測しててもキリがありません。
国vs国の問題だから、当然ある程度の駆け引きもあるでしょう。
実際、目を向けるべきは現実です。
牛肉を輸出できなくてアメリカは本当に困ってるのか?
逆に輸入できなくて日本は困っているのか?

肉類を含む食材を扱う仕事をして十年ほどになりますが、
現場では言うほど困ってません。

結局はその国の経済活動を握る一部の人間が
国に影響与える部分において困っているかどうか、
というコトでしょう。

つまり一握りの金持ちが「金儲けできない!」と
叫んでいるだけだと思いますよ。
でも、そんな人たちが国の経済を動かしているのも事実ですけど。

どのような食材を食べても同レベルの危険性はあるでしょう。
「安全」と「安心」はかなり違いますので、
そこはメーカー的にも判断が難しいトコロだと思います。
【2005/11/06 00:45】
| URL | satoshi #-[ 編集] |
危険がある以上、気にかけない訳にはいきませんね。
無理やり輸入しろってのも無理だと思います。
【2005/11/06 16:49】
| URL | テツ #-[ 編集] |
>satoshiさん こんばんわ~♪

>現場では言うほど困ってません。
そうなんですか。
私、吉○家の牛丼の事があったので、すんごい混乱してるのかと思ってました。
多くは混乱してるわけではないんですね。
やはり『お金儲け』って言うのが絡んでるんですね。

確かに「安全」と「安心」は本当に違いますわね。
・・・どんな食料にも電磁波が出てるって言うし・・・。

>テツさん いらっしゃいまし~♪

そうですね、危険が内在するの判ってて、って言うのは無理ですよね。
そう言った不安を払拭出来る最善の方法を皆で考えてくれれば良いんですけど・・・。

あ、その方法がなかなか見つからなくて苦労してるんでした(汗)
【2005/11/06 23:53】
| URL | #W.2ysQK2[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/157-be27060e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。