スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Naiagara旅行記 Part4 地球が創りたもうた驚異
極めてゆっくりと休憩をして、のんびりまったりと走ったので、
ナイアガラに着いたのは5時間後の3時でした(笑)
車の窓を開けると、流れ落ちる水の音が・・・ワクワク・・・。

そして!本日の宿泊場所は・・・
hotel.jpg
シェラトンですよシェラトン!(もんのすんごく自慢気へへへ)
窓から滝が一望出来る部屋を取ってくれました?ん♪

滝の目の前のホテルなので、車は不要です。
すぐにチェックインをして歩いて滝に向かいます。
カナダの国旗と共に銅像があります。
1zou.jpg
・・・発見した人だと思いますが・・・忘れました(爆)

いよいよ滝の前です。
観光客が一杯です。日本人と、インド人がほぼ7割。
後は、欧米系と黒人の人でした。
インドの人は、水に対する意識のせいで多いとか。
日本人が多い理由は・・・お解りですよね(笑)
1park.jpg


ナイアガラはアメリカ滝、カナダ滝と2種類あります。
アメリカ滝は、岩場に直接落ちる滝。
アメリカ国境側から流れ落ちています。
america1.jpg
america2.jpg
右下にカナダの国旗と人が見えます。滝の大きさが判ります。
その場所は『Maid of Mist(霧の乙女号)』の乗り場になってます。

カナダ滝はアーチ型で、水量も多そうです。
カナダ国境側から流れ落ちています。
canada1.jpg
canada2.jpg
右下にあるお船が『Maid of Mist』。
名前の由来は村を追放になった乙女が滝の精霊と一体になって、
今でも立ち上がる霧の中に姿を現すと言い伝えられてる所から来ています。
何ともミステリアスな雰囲気ですね。

明日はそれに乗ったご報告・・・次回に続く
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/09/14 06:56 】
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Naiagara旅行記 Part3 カナダからのアプローチ | ホーム | Naiagara旅行記 Part5 Maid of Mistとの出会い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://linwuzi.blog8.fc2.com/tb.php/114-326cec96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。