スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
好みの問題だろうか?
此処はほんとにのんびりした田舎。
誰も彼もがポヤンポヤンしててのんびり。
それは此処の動物達とて例外ではありません。

鳥は車の走る道路で堂々と餌を啄ばみ、車が来てもなかなか逃げません。


「轢かれてまうがな!」

と思う事もしばしば(笑)


で、先日、動物の親子を見かけました。

それがこれ。
usagi2729.jpg
usagi729.jpg

駐車場の隅に巣を作っている野良ウサギの親子です。
ただ、さすがに警戒心の強い動物だけあって、5メートルくらいの距離
までしか近づけませんでした。
私のアパートの傍にも巣があって、夜な夜な走り回ってるそうです。
完全に自然と同化してるような感じですよね。

そう言えば、ウサギの好物はニンジンって言うのがイメージですよね。
ところがそうでもないようなんです。

近くに庭付き一軒家で住んでいる日本人赴任者のお宅。
そこの奥様は家庭菜園が好きで、トマト、キュウリ、ニラ、ニンジン、
チンゲンサイなど、色々植えて育てています。

その奥様が『枝豆』を植えて、育てていたら…







ウサギが全部食べちった!

そりゃもう、実から葉っぱから全部!大好物だったらしい(笑)
見た時は茎だけが寂しく立ってたそうです。ニンジンは無事だったそう。
今は網で囲いをしてもう一度枝豆を育てています。

それを聞いた兄の一言。


「ウサギも枝豆好きなんやなぁ…。
 そや!今度缶ビール横に置いといてやったら良ぇのに(笑)」



そうそう!会社帰りに枝豆ツマミに冷えた缶ビールでキュッと…て




サラリーマンやん!(チャンチャン!)


----------------------------------------------------------
【更新履歴】

『San Francisco旅行記』の順番を並べ替え、プロローグから順を追って
見られるように致しました。
旅行のカテゴリーですと初日から順に見ることが出来ます。
スポンサーサイト
【2006/07/31 00:00 】
日常 | コメント(6) | トラックバック(0)
芸術は…爆発?(笑)
…あ!凛ちゃん!

あぁ?あ…また落書きしちゃって…




けど…前衛芸術にこんなのあったかも…

あ、もしかしたら…天才?!(笑)




































sky729.jpg

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/07/30 00:00 】
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)
真実と正しい事
実は昨日の記事にはもっと哀しい後日談があります。

神を信じてらっしゃる人には少し毒があるので<< 続く >>に入れときます。
ご興味と勇気のある方はどうぞ(笑)

あ、色分けは昨日と同じにしておきます。
判んなくなっちゃうかも知れないので(汗)
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/29 00:12 】
意識 | コメント(2) | トラックバック(0)
信じる心…
昨日の記事、神様の事で興味深い内容。
そして、桜さんのコメントにもある進化論…。

ちょっと笑えないお話を聞きました。
オブラートに包む意味で物語風にっと(笑)でも実話です。
お友達の名前は…仮名ってどこまで来たんだっけ?(汗)…江濡さんだ。

…こんな所でボケてどうするん!…あい、ごべんばばい。

ともかく、微妙なお話で、長くなるので<< 続く >>に。
敬虔なクリスチャンの方はご気分を害するかも…(汗)
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/28 00:09 】
意識 | コメント(8) | トラックバック(0)
お国柄じゃあなく土地柄ですね。
サンフランシスコで経験した虹の旗の意味。
皆さんはこの国全体がある程度同性愛に寛容だと言う印象を持つんじゃ…。
やはり美国は広い国。地域で大きな差があります。

私の住んでる地域では…口に出す事すら憚られるんです。
元々農業中心で閉鎖されたド田舎の此処。ほんの20年前までは…いわゆる
『KKK団』が闊歩していた場所です。

10年くらい前まで…有色人種に差別がありました(きっぱり!)。
街でチラホラ肌の黒い人達を見かけるようになったのは本当にここ最近です。

もちろん、キリスト教に狂信的(あくまで私の印象です)な人達です。
その証拠に、この国にあって離婚すら認められてませんでした。

今でも州法の中でなかなか見直しが可決されない議案。

『婚姻をしていなくとも夫婦同然に生活をしている場合、片方が認めれば
 もう片方の財産を受け取る事が出来るようにする。』


本人がどういう風に言おうと結婚してなければ何ももらえない。
一度結婚してしまうと、たとえその後すぐに離婚しても権利を主張すれば
どうとでもなるようですが(これがこの国のいいかげんな所です…汗)
結婚もしていない人間にはまったく権利が無い。
『結婚前の姦通は神様に背いてる』と言うのが主たる理由です。

もちろん同性愛などもってのほか!
神様が創りたもうた人間、男性と女性はお互いを理解し、お互いを求め
合うようにお創りになったのです。
それを…ワナワナワナ…神様の御意思に反して…ブルブルブル…
同性同士が心を通じ合わせるとはぁぁ!




許せん!…て、私が代弁する事は無いですね(笑)

この地域では神様は絶対!唯一無二の絶対神、キリスト様です。
その神様に背く事は『死』を意味します。
それは自分であろうと、他人であろうと関係ありません。
だから、他人にもビシバシ注意をするんでしょうね(笑)

ただ、ここ数年でずいぶんと変化して来ました。

・離婚が自由に出来るようになって、後ろ指を差されなくなった。
・肌の黒い人と一緒にお仕事するようになった。
(また、肌の色に関係なく役職につけるようになった)
・同性愛をカミングアウトする人が出て来た。
(カミングアウトしても街を出て行かないで済むようになった)
・日本食を好んで食べる人が増えてきた(え?)

だいぶ変化して来ました。でも、それでもまだまだ一握りです。

美国でも地域によってはこんな閉鎖的なんですよ。
【2006/07/27 00:10 】
意識 | コメント(5) | トラックバック(0)
ご当地ものの写真です。
ゆう姉さん のblogで気が付いたんですけど…

何だか私もご当地キティちゃんを持ってました。
それがこれ。

kitty724.jpg

お遍路さんキティです。
お遍路さんだけに本格的なお数珠が上についています。
ただ、本格的と言っても正式なものではなさそうです。

プチ解説:
 本来お数珠は108個の珠が基本になっていて、2個の親珠(おやだま:地蔵菩薩と釈迦牟尼佛に相当します)、リング状の主珠(おもだま)、その中に4個の色の違う四天珠(してんだま:不動明王、愛染明王、善蜜童子、善財童子を表します)、そして大きい親珠のすぐ傍の浄明珠(じょうみょうだま)、その先に弟子珠(でしだま)、そしてその先に露珠(つゆだま:日光菩薩、月光菩薩に相当します)とお房が付いています。
 お数珠の珠の数は108個の半分の54個、またその半分の27個でもお数珠として略式ですが成立します。

 このキティちゃんのお数珠は、お房はありませんが珠の数を数えると27個ありました。また、2個の親珠、透明な四天珠と浄明珠、弟子珠、露珠を持っています。結構本格的ですよね。


今はこのアパートの鍵に取り付けていますが…
どうして持ってたんだろ…。

記憶の糸を辿りました。あれは…んっと…

………………




















思い出せへん!(笑)


兄が香川県に行った時のお土産だったような…(汗)

ご当地キティは何時見ても素敵ですよね♪ウフッ♪


…と、思い出せないのを可愛く誤魔化して見る(笑)






あ、キティちゃんじゃないですが、此処のご当地ものを見つけました。
夏の風物詩、手軽で、ちょっとした小物。















utiwa724.jpg



ちゃっちい??!!(笑)

これを持って、夏のアメリカンフットボール観戦。
情緒があるわぁ?(ないない)
【2006/07/26 00:17 】
写真 | コメント(8) | トラックバック(0)
ドラちゃんは知ってますよ(笑)
えー…私もバトンがだんだん溜まって来まして…
そろそろと捌いて逝かねばなりません(命令形です…笑)

ところがこの私とんでもなく遅筆なもので、筆が進まないと…
どう頑張っても1日1記事が精一杯!!
なのでちょびっとづつ捌いてきますのでご勘弁を(汗)

本日は H×S塾長 から頂いた…

ドラえもんバトン 最強編!
…しやから無駄に字が大きいて…

四の五の言わず逝ってみましょう(笑)






【ドラえもんバトン】


1.どこでもドアを何となく開けたらカップルの修羅場に遭遇してしまいました。さてどうする?

「………

「アンタ!!何この口紅?!」
「え゛?!ししし、知らねぇよっ!」

「%&*@!#+○!!!」
「∵■д■∵!!」

「…ん?…ちょっとそこのアンタ!何見てんのよ!」
「え?…あ!お前!どうして其処にいるんだよ!」


「………」

「何で黙ってるの?!何とか言いなさいよ!」

「……気配を悟られない事がスナイパーとして必要条件だ…。
 さあ、依頼内容を聞こうか…。」




ごごご、ゴルゴ13???!


2.タイムマシンに勢い良く飛びこんだら普通の引き出しでした…さて、傍に居るしずかちゃんに何て弁解する?

「あれ?調子悪い。あ?あ…ウォルマートで150ドルだったからなぁ…
 やっぱり安売り買っちゃダメだね。しずかちゃん?
 タイムマシンはジャパネット・タカタぢゃなきゃ。」


 

…て、それほんもの???!


3.念願のタケコプターをゲットしたので六本木ヒルズから飛んで見ました。が、ただの竹とんぼでした。さてどうする?

このところ 運動不足と 食べ過ぎで
 
 タケコプターでも 飛べず散り逝く


と辞世の歌を詠みつつ落ちてゆく。



…て、にせものって認めてないィィーー!!


4.今日はなぜかサザエさんとお見合い。しかし、急に空気砲が暴発してしまいサザエさんのヅラが飛んでしまいました。さてどうする?

サザエだけにツボに入っちゃった…などとダジャレでごまかす。


5.ドラえもんが失恋しました。さて、どうやって慰める?

…誰に失恋したんだろ…それとも…ま、いっか(笑)

「ロボットの恋…それは人工頭脳の一角を司る形状記憶回路の配列が他の記憶回路より複雑且つ大容量である事を意味する。形状記憶回路は通常予備電子頭脳と隔絶された領域内にありその領域が占有される事によってある一定の対象を認識し記憶に留めそして日常的に脳裏または瞼裏に浮かび上がらせる働きを持つものである。例えもし対象がロボットの認識を希薄にしたとしても形状記憶回路は常に対象を記憶しており動力源である原子炉反応が停止しない限り恒久的に継続される。記憶を消去させる手段としてはロボット本体が削除機構を起動させ強制的に上書きまたは消去の過程を経なければならない。つまり…





気にせず忘れろって言う事。」




まわりくどっ!


6.ドラえもんの秘密道具。ほしい道具3つとその使い道は?

「ドラえも?ん、またジャイアンにいぢめられちったよ?(泣)
 大きくなって仕返しするから『アレ』出してよぉ?。」

「もぉ?しょうがないなぁ…」







チャラララッチャチャ?ン!



「ベータ・カプセルぅぅ?!!」

「そうそう!これ!



…て、違ーーーーう!!

ウルトラマンになれってか!

巨大化しろってか!



「…あ…大きくって大人になるのね…早く言ってよ?。」







チャラララッチャチャ?ン!



「赤いキャンディー青いキャンディー!」

「そう!これで大人になって…





…て、アタシはメルモちゃんか!


「…あら?…ぢ、ぢゃぁ…過去に戻って小っちゃい時のジャイアンを
 やっつければいいんぢゃない?」

「そうだ!その手があったね!」







チャラララッチャチャ?ン!



「デロリア?ン???!!」

「そう!これに乗って1885年の…







…て、バック・トゥ・ザ・フューチャーぢゃん!

過去に戻り過ぎだから!車の運転出来ないから!

それより何で人のアイテムばっかりパクってんだよっ!







「…ウォルマートで安かったから。」




ってそこに戻るぅぅ??!


7.バトンを回す人

実は…私ドラえもんはあまり見ませんでした。
映画は嫌いじゃないんですが…通常のテレビやコミックスはちょっと…。
のび太くんの設定があまり好きではなかったんです。
あまりにも非現実過ぎてて…。
なので、道具もあまり知りません。

この状況を打開する為にドラえもん大好きな人、持ってって下さい!
…と誤魔化してみる(汗)

私のやった過去のバトンリストです こ・ち・ら♪
【2006/07/25 00:09 】
バトン | コメント(5) | トラックバック(0)
…あ…





…………!!


「ぬぅぅ!おのれ!


ベルクカッツェめ!





よし!いくぞ!


科学忍法!火の鳥ー!!」



キュイーーン!





………ゴゴゴゴーー!!




























科学忍法!火の鳥だぁぁーー!!

【2006/07/24 00:24 】
日常 | コメント(7) | トラックバック(0)
Sexy and Dandy
いやぁ…これも強敵でした。
でもこの旬の食材をすぐに捌くセクシーさを持ち合わさなければ
何を持ってセクシーと言えましょう、いや、言えない(強調否定形)

bobanさん が考えた『くりぼーばとん』…あり?


『KRIボバトン』!

生ものですからサクサクっと進めましょう。





『KRIボバトン』


【ルール】
・このバトンはセクシーかつダンディがテーマです。
・面白回答か生真面目回答かセクシー回答でお答えください。
・そして、迷惑でしょうが、2?3名の方にバトンタッチしてください。

[質問1]
世界一セクシーなあなた、
そんなあなたが認める世界三大セクシーイベントは?


・仮装舞踏会…どれかひとつだけ着てしか行けない舞踏会。
 着るものリスト:チャイナドレス(スリット多目)、ベビードール、
 エプロン、ネグリジェ、Tバック、男性用Yシャツ、バンドエイド、
 シャネルの5番。

・秋の芸能人大水中運動会(by 大浜ビーチ)

・凛のサイン会


[質問2]
世界一タクシーなあなた、
そんなあなたのタクシー攻略三大ポイントは?


・到着間際でメーターが上がった時、次にメーターが上がる前の所まで
 走れるギリギリの場所を知っている。
・絶対に乗車拒否されないセクシーな方法を知っている。
・タクシーの中では絶対にタコヤキを食べない。
(実話:運転手さんにめっちゃ怒られました…笑)


[質問3]
セクシー大下とダンディ鷹山。
このコンビを超えるもっとも危険なあぶないコンビといえば??


これは!はずせません。



瑛さんと兄(過去記事参照)


[質問4]
セクシー大下とダンディ鷹山といえば、
『第5回ミスター泣き上戸選手権』の2位と3位コンビですが、
では、第3回の時のグランプリは誰だったでしょう?


高倉 健さん

…自分…不器用ですから…。


[質問5]
セクシーとダンディの両立は可能だと思いますか。
可能なら、どのようなキャラになると思いますか。


はーい!はーい!基本的にセクスィとダンディは別物だと思いま?す!

セクスィは…  『わぁぁ?…』って感じ。
ダンディは…  『はぅぅ?…』って感じ。


…て、訳判らへんやん!
…ぼきゃぶらりぃ少な過ぎ…で、結局一緒やし…。



[質問6]
あなたが『これは絶対!セクスィ&ダンディ』
と思ってやっていたイタい行動は?
(その時のイタいシュチュエーションも含めて答える)


私編:
腰をくねらせ、悩ましく歩くのがセクスィだと思っていた頃。
練習し過ぎて腰が筋肉痛に(ギックリ腰とも言う…汗)

からだ固っ!

兄編:
よく女性に対して

『チッチッチッチッ ヾd ( ̄ー+ ̄)キラーン☆』

これをやっていた。

その後「お嬢さん、そらあきまへん…」

コテコテの関西弁と合わへんがな!


[質問7]
大木凡人をセクシーにするためにはどうすれば良いか?


とりあえず「大木凡人」と名乗るのをやめさせる。
そして、徹底的にシェイプアップ!

…て、別人にさせるんやん!


[質問8]
酔っぱらったダンディがネクタイを巻く場所は?


首に直接ネクタイを巻き上げて気がつかない(実話)


[質問9]
500mlのボトルで一番セクシーなのはどれ?





sexy_bottle.jpg


[質問10]
セクシー・ダンディーをあなたなりに日本語に訳すと?
(チラリと丸見えのワードを使って


【セクシー】
チラリと見える悩ましげな上目遣いの数々を多用してても魂胆が丸見え
にならない狡猾且つ有効な手段を持つ人の事、または態度。

【ダンディ】
チラリチラリと見せるちょっと気取ったお喋りの中に、こじゃれたオヤヂ
ギャグを散りばめ、その魂胆が丸見えなのにそれでも聞いている女性は
許してしまう個性の事、またはその個性を持ったオヤヂ。


[質問11]
あなたの思うダンディーが服着て歩いてるような人物は?
そして、その人物は服の乱れをどうダンディに直す?


工藤俊作。

彼のイカしたスーツは銀座・英國屋の特注だ。

銀座・英國屋のスーツが乱れた時、彼はその斜に被ったハットを右手で
はじき飛ばし、白いジャージに着替えるのだ。
彼は、ネクタイにYシャツ、その上に白いジャージをダンディに着こなす。

探偵はダンディ…お約束である(何が?)
…あちこ姉さんとカブってるんですが…ダンディと言えば彼しか(笑)


[質問12]
では、セクシー5・7・5を作って締めましょう。


小指立て うなじのおくれ毛 そっと上げ


[最後に]
このバトンを回すセクシー&ダンディな2?3名は?


いやぁ…これは強敵でした。特に質問6…て、アタシやん!
いや、ほんとなんです。塾長の『妄想塾バトン』の時も思ったんですが
いかに自分が人の事を考えずに物事をなそうとしてるか思い知りました。

今度は気をつけようっと(と言いながら学習能力のない私は…笑)

と言う訳で(どゆぅ訳?)誰か貰って下さい?♪

私のやった過去のバトンリストです こ・ち・ら♪



-------------------------------------------------------------
私は『24時間…』に挑戦している この方 を応援します。

ad19b1b7-s.jpg

勝手にチャリティーTシャツ(by boban画伯
【2006/07/23 00:12 】
バトン | コメント(10) | トラックバック(0)
信じる事

私は信じてる 
天空に城がある事を

そしてきっと 
いつかどこかで私は見る事が出来るんだ 



だってほら 
考えてみて?

酷い嵐の日は誰も空を見上げないもの
 
見上げたとしても 
そこは土砂降りの雨に遠くを遮られ
 
その酷い雨音に
飛行船の音はかき消されてしまうもの 

でも必ず私は見る事が出来ると信じてる
 
こんなに広い空が目の前にあって 
こんなに空が遠くて 

こんなに空気が澄んでて 
こんなに清清しいんだもの 







あ…雷が鳴った 
サンダーストームが来る 



あ…太陽が雲に隠れそう 
もうすぐ大粒の雨が落ちる 



家に入らなくっちゃ… 




……………
































「親方!空から女の子が!」


raputa629.jpg
【2006/07/22 00:24 】
美国の天気 | コメント(9) | トラックバック(0)
San Francisco旅行記 プロローグ 君は飛行機に乗れるか?!
…あれは…忘れもしない6月29日…あり?28日だったかな…

て、忘れてるやん!と、イタい小ネタはさて置き…

夕方帰ってきた兄が

「日曜日からサンフランシスコ行くで!」

突然のお達しでした(笑)

聞くと、間際のはずが安くチケットが取れて、ホテルも予約済。
期間は3泊4日、7月2日からインディペンデンス・ディを挟んで5日まで
お休みを取って旅行です。
兄は同僚の人から日本語のガイドブックまで借りて、行く気満々(笑)
用意の良い事に日本語現地ツアーの予約まで済ませてました。

「実はな、チケットやけど同列の席が取れへんかってん。やからな、
 チケットは空港でな、もいっかい取り直しや。日曜の始発やから…
 出発の3時間前には空港に行って取り直しして貰わにゃ。」


…3時間前?…え?…そしたら空港まで1時間、飛行機が6時半出発やから…

に、2時半出発ぅ???!

…仕方ありません…寝ないどくかな…。



…………

「をい!起きんかい!」

はい、当日しっかり寝てました(汗)

時間は夜中の1時。私はおにぎりの仕込みです。
4合のご飯を炊いておにぎり作りっと。



…例によって4個しか作れませんでした(笑)

出来上がったおにぎりはラップに包んでっと。
大き目のボストンバッグに着替えやら何やらを詰め込んで準備万端です。

さて!いよいよ!出発です!…と…

「ちょっと小腹がすいたなぁ…おにぎり食べよ。」


…早ょ言え!もっと作ったのに!

私達には、他の人にはないマイジンクスがあります。
旅行や、ここぞ!って言うイベントの時の出発は必ず遅れる事。
どんなに準備してても予定通り出られたためしがない(笑)
今日も今日とて、せっかく握ったおにぎりを部屋で もしゃもしゃ。
出発が遅れてしまいました…悔しいので私も食べちった…にゃはは。


「よし!すっ飛ばして行くで!」

車に乗り込み、ハィウェイをすっ飛ばします。
曲はもちろん DEEP PURPLEHighway Starから Burnへと続き
Fire Ballに…燃えてます(笑)

いつもは夜中にコンボイの群れ(…群れて…)が多いんですけど、日曜日
で、連休になる影響か、車がほとんど走ってません。
此処のハィウェイには照明が無いので、対向車でもないと真っ暗!
道路の白いラインだけが唯一、浮き上がって見えます。

空港に着いたのは夜中の4時。ちょっと遅れました。
で、チケットの変更の為、急いでカウンターに走りこみ…






て、だぁ?れもおれへん!

考えてみれば当然でした。普通は出発の1時間半前にチェックインします。
私達は始発なので、必要以上に早く来ること無かったんですね…。
イラチーの私達は開くと同時に向えるよう、近くのベンチに陣取って
カウンターが開くのを待ちます。

……

5時になりました。誰も来ません。もう来ても良さそうなのに…。
ひたすら待ちます。

……

5時半になりました。誰も来ません。







……てマジ?!


ほんまに時間合ってんのん?!


「えぇぇい!何しとんじゃ!イライラする!タバコ吸って来る!!」
「あ!ひとりで居んの嫌や!」


…で、いったん外に出、5分後に帰ってきたら…

行列が出来てる!(爆)…何の為に早ぅ来たんや…(泣)

もう後出発まで1時間を切った!まだボディチェックがあるのに…。





果たして二人は無事に

サンフランシスコまで辿り着けるのか!



次号!乞うご期待!

…て、無事に行ったから此処でこんな事出来てんねや…
旅行記て…まだ飛行機にも乗ってへんやん…引っ張るなぁ…(汗)
【2006/07/21 00:00 】
旅行 | コメント(6) | トラックバック(0)
San Francisco旅行記 Part 1 君は萌えたか?!
カウンターに並んでたら手招きされて手荷物だけの人は画面を相手に
チェックイン…兄ちゃん…訳判らんくなったらどないしょ…

と思ったら、日本語ヴァージョンがありました(笑)
時代は…あぃてぇ…革命だわ(遠い眼)。

画面に従ってボタンを押します。無機質な日本語が続きます。


『それでは、搭乗窓口にてお座席の確認をして下さい。おわり』





…………え?…



まだ座席取れてへんやん!!

「わわわ!急げぇ!あっちや!」

ボディチェックも行列!急いで並びます。と…


しゅっ!しゅしゅしゅしゅっ!

…ん?エアーを噴出す音…な、何?…

みるとボディチェックのゲート(金属探知機)の前に電話ボックスくらい
の小部屋に人が入った後音がします。
覗いてみると、周囲の壁から入った人に向ってエアーが噴出されるの。
何のチェックなんだろ…。

しゅっ!しゅしゅしゅしゅっ!

…結構な風圧でした。

私のふたつ前のおぢさん…あ…あの髪型は…や、ヤヴァい!
エアーは全身に斜め上に吹き上がっています。

私はワクワクして覗き込みました。…おぢさんが中に!




しゅっ!しゅしゅしゅしゅっ!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




お約束ぅ??!!!















…飛びませんでした。 …あ、何期待してたん?(笑)
でもおぢさん、頭を思わず押さえたんです…やっぱし!謎は全て解けた!

その次の金属探知機を先に私が通過。次は兄の番。

…て、さっきのライター!!

此処では手荷物でも飛行機にはライターを持ち込めません!

どどど、どうするどうするどうする!!!





…て、あり?普通に通過…へ?…
兄が鼻たっかだかになってこちらに来ます。

「へっへっへ…ライター2個も通したった。判ったでどないしたら良ぇか。
 これや!このポケットの中や!」


得意気になってバッグの小さいポケットを開け、車の鍵を取り出す兄。

「鍵やら充電器やらの間に入れとったら判れへんねん!へっへっへ…」

金属の間に紛れ込ませると、形が判り難くなるようです。

…この男は…こんな知恵だけは廻るんやから(笑)
あ!良い子は真似しないで下さいね♪

搭乗窓口のおねいさんが来たのは出発の30分前。
急いで座席の確認をして、その場で並んで座れる事になりました。

…て、早起きして来たん…じぇんじぇん意味無かったやん(泣)


…とまぁ、何やかやで珍しく定刻どおりに飛行機は飛び立ちます。
サンフランシスコ直通は無いので、一度シカゴで乗り換えです。
シカゴまで1時間、1時間の乗り換え時間でさらに4時間の道のり。
ただ、3時間の時差があるのでサンフランシスコには10時半着です。

シカゴまでの飛行機は…予告編にあった戦闘機のようなやつ(笑)
シカゴからはボーイングのでっかい飛行機です。
その機内での事。

3人席の並びに座った私達。乗客は満席で、隣に金髪の若いおねいさんが
座りました。それがまた可愛い人なの。
何かあったら困るので、私はおねいさんと兄の間に座ります(笑)

朝早かったので機内でウトウトしていると…

『チュゥ

急に小っちゃく可愛い小動物の鳴き声が!すんごく可愛いの!

『チュゥチュゥ 

は!っと思って辺りを見ました。すると…





おねいさんのくしゃみ!


もう!もうもうもうもう!


すんごくかっわいぃぃ??!


女性が女性に対して『萌え』と言うのがあるのなら…まさにこれ!

モエェ(*´Д`*)ェエ工

もう私…融けちゃうかと思いました?ん♪
そのおねいさんは自然に出てたんです。殿方が聞くと絶対イチコロです(笑)
…兄は大口開けて眠りこけてました…必見だったのに。

飛行機は大きくても座席が狭くて4時間真ん中の席、外の景色も見られず。
…ちょっと…辛い…けど、着くまで我慢我慢。



この後、二人が眼にした衝撃の事実!

サンフランシスコで待ち受けるものは!

次号!乞うご期待!
…ガチンコファイトクラブみたいや…(汗)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/07/20 00:05 】
旅行 | コメント(5) | トラックバック(0)
San Francisco旅行記 Part 2 君は夢を見たか?!
予定より20分ほど早くサンフランシスコ国際空港に降り立った飛行機。

ゲートを抜け、西海岸の太陽をいっぱいに浴びて♪

…て、外に出たらド?ンヨリと曇り…地面も濡れてる。
おまけに排気ガスの臭いがプンプン…。

私達は強烈な晴れ男、晴れ女です。ほんっとに強烈なの(笑)
イベントの時には濡れた事がありません(キッパリ!)なのに…変…。
それに、私の住んでる処がド田舎なので空気が汚れてるとすぐ判る(笑)

…私の西海岸が…ずいぶんイメージが違うわ…。

ホテルに入るには早いので、空港のベンチでおにぎりを食べて休憩。
今回、グリーンサラダもパットに入れて持って来ました。

「あら?お前、ドレッシングは?」
「…え?中に入ってない?………あ゛…。」
冷蔵庫に入れたまんま持って来るの忘れた…。

「お前!野菜だけ なんもつけんと どやって食べんねん!」
「忘れたんしゃぁないやん。そのまま食べて。」
兄はレタスをそのままバリバリ齧り始めます。


「…んんん…不味い!…こんなん…

オレはキリギリスかっ!

…上手い事言うなぁ…て感心してる場合やないわ…。

それから空港前のBay Shuttle(乗り合いタクシー)に乗り込みホテルまで。
ホテルはダウンタウンのほぼ中央に位置していました。

ホテルに着いたのは12時前。チェックインをしても部屋には入れず、荷物
を預けて市内を散策します。

サンフランシスコは本当に都会(笑)
近くにユニオン・スクエア・ガーデンがあって、人が溢れています。
傍で待ってるツアー用の二階建てバス。
SF_Bus715.jpg

…名物の坂道とケーブルカー。3日乗り放題のチケット購入(18ドルでした)
SF_Cable715.jpg

この周りはブランドの店が林立してて COACH、Tiffany の店が…。
「ほら!ティファニーがある!入ってみよ?!なぁ!」
「アホかっ!サンフランシスコに来てまでチファニー見てどうすんねん!」
…即却下でした(泣)

歩道には人が溢れかえっています。…と、たっくさんの人に混じって…
カップを持った人がウロウロと…ホームレスの人です。
よく見ると…あちこちの交差点に…たっくさんいます!

ほんとの中心街でこんなにもたくさんのホームレスの人。
都会は仕方ないのかな…あぁぁ…西海岸の印象が…。

気を取り直して、チャイナタウンに向います。

♪さぁ?んふら?んしっすっこっのちゃぁ?いなたぁ?うぅん?♪

と、歌になるほど有名な所(サンフランシスコ市民の2割弱は中国人です)。

入り口の …門が見えてきました。
SF_China715.jpg
この頃から晴れ間が!…よっしゃ!!晴れ女の本領発揮ぃ?!

門をくぐってチャイナタウンへ。
SF_China_Gate715.jpg

これがチャイナタウンの風景。
SF_Chinatown715.jpg

サンフランシスコはまた、坂の多い街です。そこに建ってるレストラン。
SF_Chinatown1715.jpg

『Bank of America』は…当然『美国銀行』(笑)
SF_Chinatown_bank715.jpg


と、余り綺麗じゃないんですが、チャイナレストランで昼食。
本場の料理人の本格中華料理を堪能…ンマ?♪

店を出て、橋の見える方向、海に向って歩きます。

これは…ゴールデンゲートブリッジ!…ぢゃなくてベイブリッジ。
オークランドと結ばれています。
SF_Bay_B715.jpg

ゴールデンゲートブリッジは夜、ライトアップは無しですがこっちはあり。
明日の晩見に行きます。…写真…撮れるかな…。

まるで、横浜のレインボーブリッジみたいでしょ?…

…………

「事件は会議室で起こってるンぢゃないんだ!

 ぢけんは現場で起こってるんだよッ!」


…フフフ…この狂言回しの巧みさ…この意味…後日明らかに(笑)


で、ここでケーブルカーに乗ってフッシャーマンズ・ワーフへっと♪
SF_Cable_rane715.jpg

此処の始まりは漁師達が水揚げされたものを即売したそうです。
露天で茹でたカニや海老、バケットに入れたクラムチャウダーを売ってて
客は立ったり座ったりの思い思いの格好で食べてます。
此処もツアー後の明日の昼食に来るので、見るだけ(笑)

時間も押し迫り、ケーブルカーに乗って帰ろうとしたら…


すんごい行列!

ケーブルカーは線路のある交差点のいたる所に停留所があるので、私達は
景色を見ながら少し歩くことにしました。

この辺りから見る景色はほんっとに綺麗でした…けど…

坂道が急すぎる!!

散策は挫折、すぐふたつ先の停留所でケーブルカーに乗り込みました(笑)

見て!このケーブルカーからの写真の数々!
SF_Cable_see715.jpg
SF_Cable_see1715.jpg
SF_Cable_see2715.jpg
SF_Cable_see3715.jpg

坂道がすんごい事になってるの…判る?

………

♪坂ぁ?みぃ?ちぃ?を?♪ころがぁ?るやぅぅ?にぃ?♪(作詞作曲:凛…笑)

…唄い出したくなるほど素敵な風景!…西海岸だわ?♪

夜は日本食を探して美味しい海鮮料理を堪能…と、思いきや…何だか…

美味しくなぁ?い!!変だわ…西海岸は海鮮の宝庫なのに…。



明日はいよいよ市内観光ツアーのイベント!

そこで明らかになる衝撃の事実!!

なぜこんなにもホームレス?!

ぢけんが会議室ぢゃない理由は!

日本料理が何故美味しくないんだぁ!

次号!乞うご期待!

…あなたは…悪夢を見る事になるか?…フフフ
【2006/07/19 03:15 】
旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
San Francisco旅行記 Part 3 君は…衝撃を覚えたか?!
…朝…カーテンの隙間から柔らかい朝日が漏れている。
私はカータンを引き開ける。窓を通して見えてくる景色…








…は隣の壁ぇぇ???!!

そうです、外は隣のホテルの壁なんです(泣)
…街の中心に位置するホテルやからしゃぁないけど…。

本日のツアーは9時半から。
ホテルのテナントにある日本料理屋さんで朝ご飯を食べて準備です。
鮭と納豆と海苔、お漬物にお味噌汁とご飯で22ドル(高っ!)

外に出ると…ド?ンヨリまた曇り、道路も濡れてるの。
…おかしいなぁ…晴れ女が…効かへん…。

集合場所には8人乗りのおっきいバンが待ってました。
乗り込むと後ろにはもうお客様が乗ってます。
運転手さんはもう一組のお客様を待ってるようです。
と、兄が助手席に座ってるガイドのお兄さんに尋ねました。

「ここら辺では他に日本料理屋さんはありまへんか?」
「…あ、私此処は来たばっかりなんですけど。」

えぇぇ?!そんなんでガイド!つとまんのん?!

…と、思ったらその人もひとりで参加したお客様でした(笑)

全員揃い、ツアーに出発です。
この道11年のヴェテランおねいさんが運転兼ガイドでした。
「おはようございます!本日は市内観光ツアーにご参加頂きましてありがとうございました。では早速廻って参りましょう。まずはこの町の行政の中心地に向かいます。」

車は私達のホテルのすぐ裏を走って行きました。
「皆様、今走ってる両端をご覧下さい。何だかいかめしい鉄の柵が家々に張り巡らされてます。この近くにウーピー・ゴールドバーグ主演の『天使にラヴソング』のモデルになった教会がございます。あの、子供達を集めてゴスペルをやって、全国大会で優勝する映画です。この辺りにはそのような小さな教会がたくさんあって、其処では朝食事のお恵みがあるんですね。そのため、ホームレスの人がそれを貰いにたくさん集まるんです。そしてこの辺りをネグラにする。なので、治安が悪くなっています。此処の酒屋さんは柄を割られないように窓まで鉄格子で防御しています。」
liqure717.jpg


…すんごい防御!

ホテルはそう言った事情のある地域に後でたくさん建ったそうです。
…それでホームレスの人があちこちに多いんですね…。
サンフランシスコの中心街は決して治安の良い処じゃないんです。

で、議事堂に到着、サンフランシスコの成り立ち、州の旗のデザイン
が熊、なんて事を聞き記念撮影。
giji717.jpg

…詳しいウンチクは長くなるので <<続く>> に入れときます。
ご興味のある方はどうぞ(笑)

ツインピークスに向かう道すがら…と、道路両端に虹の旗が…。
よく見ると旗の色が6色…何これ?…。

「この通りはカストロ通りです。左右の虹の旗はゲイの人達を示す印なんですね。此処はゲイにとって開かれた場所です。停留所脇のポスターをご覧下さい。男性同士が仲良く収められてますね。サンフランシスコはゲイの発祥と言われています。この通りはゲイのメッカになっています。

…あ、日本の有名な芸能人の方も良く此処を訪れるんですよ。最初はグループだったんですが最近はお一人で…。」


…………

『事件は会議室で起こってるんぢゃないんだ!

ぢけんはカストロ通りで起こってるんだよっ!』


ガイドさんも実際に生で会ったことがあるそうです。ちょっと衝撃(笑)

ツインピークスが近くなると、どんどん霧が深くなって来て…
着いた時はもう辺りは真っ白!
『霧のサンフランシスコ』って有名なんですってね?
大西洋の寒流と大地に熱せられた空気から発生するそうです。
6月から9月終わりまでは此処は乾季なんですがほぼ毎日発生!
市街地は霧で全然見えません(詳しくは<<続く>>で)。

気を取り直してゴールデンゲートブリッジへ。
これが全景。ブリッジの色がレンガ色なのは霧に映える色だから。
上のほうが霧にむせっています(笑)
GGB717.jpg

少し中ほどまで歩いてグッドショットを探したんですけど…
GGB3717.jpg


サンフランシスコの高級住宅街。7棟連なって建つ合計14億円の家。
14house717.jpg


日本人は『いろは坂』と言う坂を廻ってフィッシャーマンズワーフへ。
iroha3717.jpg

此処で解散です。
ガイドさんにシーフードの美味しい店を聞きました。

茹でたカニを丸々頬張り、クラムチャウダーとサーモン、でっかい
エビの茹でたのムシャムシャ…ん?ん…幸せ?♪


この後!!!
フィッシャーマンズワーフからの素晴らしい景色!

そして!強い美国を思い知る出来事が!

…夜の夜景ツアーには何が起こる?!


次回!乞うご期待!

…ご紹介したい事が多すぎて半日しか進めへん…ごめんなさいね。
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/18 00:51 】
旅行 | コメント(7) | トラックバック(0)
Special Thanks !
えー…番組の途中ですが臨時ニュースをお送り致します(笑)

私と言うやつは…正直申しまして何もかも…ハンパものでございます…

…………

♪何かぁ?らぁ何ぃまぁ?でぇ?真っ暗ぁぁ闇ぃよぅ?♪
…知ってる人…おれへんやろな…傷だらけの人生…。

コホン…気を取り直して…
どれもこれもが中途半端でなにひとつ満足するものが出来ません。

そんな私が今回 かずみ姉さん とご一緒にコラボを…。
えぇ!頑張りました、頑張りましたとも!

…ただ…本当は不安だった。

姉さんの足を引っ張ったらどうしよう…
私のせいでお客様の不満が姉さんにまで及んだらどうしよう…
最後までちゃんと出来る?中途半端になんないだろうか…



結果は…ご訪問頂いたお客様は満足して頂けたと思ってます。
かずみ姉さんの優しい、美しい包容力に助けて頂きました。
姉さん…コラボの相手に選んでくれて…ほんとにありがとう。

やり遂げられて天にも昇る気持ちでした。ものすごく嬉しかった…。
最後の感謝の記事を作ってる時は充実して…ほんとは涙ぐんでました。
お客様にこの気持ちを伝える感謝の言葉が出て来ない…そう思いました。

そんな時、H×S塾長 と bobanさん からメッセージがありました。
イカしたナイスガイのお二人からです。

息が止まりました。言葉を飲み込みました。眼が釘付けになりました。

こんな素敵な贈り物を下さったんです。

これはかずみ姉さんに
forkazumi-thumbnail2.jpg
kazumi01-thumbnail2.jpg



これは私に
forlin-thumbnail2.jpg
lin01-thumbnail2.jpg



そして華小町に
forhanakomachi-thumbnail2.jpg



見た瞬間、涙が止まりませんでした。こんな私に…こんな素敵な贈り物…
御礼の言葉も何も、暫くは浮かびませんでした。
落ち着くまで半日くらいかかったのは言うまでもありません。

H×S塾長、bobanさん…ほんっとにありがとうございました。
どんな風に飾ればよいかジックリ考えます♪大事に致します。


そして、かずみ姉さんから私への素敵な短歌

虹のトンネルくぐり抜け空と大地が一つになる時

     光の帯が二人を結び同じはやさで雲流れゆく



そしてそして、新しいお友達、小箱さんがご訪問下さって、
とてもそうは思えない素晴らしい「初めて」詠んで下さった短歌

凛とした 言葉の光が 照らし出す

     貴女の優しさ 限りない宇宙(そら)



本当に幸せです。私を認めて下さったのですね。

かずみ姉さん、小箱さん…心からありがとうございました。
私の大事な大事な宝物です。

そして、ご訪問して下さった皆々様、お声をかけて下さった皆々様…
ハンパな私を励まして下さって…ありがとうございました。


皆様、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

あぁぁ…今、私…ほんっとに天にも昇る 子持ち …気持ち…


て、何でここで落とす?!

良ぇ話が台無しやん!

…あい…ごべんばばい…

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/07/16 05:44 】
華小町 | コメント(5) | トラックバック(0)
San Francisco旅行記 Part 4 君は…何を感じるか?!
フィッシャーマンズワーフ…要するに波止場町ですが(笑)
ピアといって突端が41(だったかな?)あって、ピア39が一番大きい。
其処から見たサンフランシスコの風景です。…霧がまだ晴れてませんけど。
SF718.jpg

私達は食事の後プラプラ散策しました。
此処から、例のアルカトラズ島に行くフェリーも出ます。
これがピア39から見たアルカトラズ島。
arcatraz1718.jpg

港の中に桟橋のようなのがあり、見ると野生のアザラシが…。
野良アザラシです(笑)
azarasi718.jpg

その波止場を歩いてると…巡洋船と潜水艦発見!
近寄ると中を見せてくれます。
…潜水艦は…何だか息が詰まりそうだったので…巡洋艦へ。

この巡洋艦はミッドウェー海戦、レイテ沖の海戦にも参加してました。
…引退して此処に停泊していますが…数々の戦績を飾っていました。
…私としてはちょっと複雑ですが…その時は時代が要求したのでしょう。
今は観光スポットとして静かに余生を送っています。

実際に使ったと思われる大砲(32インチ砲かな?)
kanon2718.jpg
機銃は脇でシートに包まれて見る事は出来ません。


甲板に上って、巡洋艦から望んだ平和なダウンタウンをパチリ。
テーマは…戦争と平和…んんん…トルストイ(だっけ?)
SF_fromShip718.jpg

アルカトラズ島を望む大砲。テーマは…逃がさへんで!
(何のこっちゃ?…笑)
kanon718.jpg


明日はアルカトラズ島観光ツアーですが…今晩、8時半から夜景見物ツアー
があるので今日のところはホテルに引き返し、ダウンタウンへ。

夕食は近くに違う日本食屋さんを見つけました。
で、中に入ってお刺身…んんん…やっぱりあまり美味しくない…。
どうしたんでしょう?
兄が板前さんに尋ねました。
「あの…この魚は何処から仕入れてんですか?」
「…ワタシ日本人チャナイ。チュコク。タケトチョット日本語ワカル。」


ぇええ???!

としたら…。
「ココニハ日本人モウイナイ。マエイタ。オレ、スシ、オソワタ。」
やっぱし…。

サンフランシスコには日本人街もあります。ただ、此処から少し遠い。
かつ他に美味しいお店がいっぱいあるので、別に日本料理は…って感じ。
ただ、ヘルシーブームは此処でも盛んなので、美国の人が好みそうな
それなりの日本料理…って事でした。チャンチャン!


8時半の集合場所には私達だけでした。貸切?♪(笑)

まづ、ツインピークスに行って陸の上から町の夜景を楽しみます。
まずこれが夜景…何とかこれが精一杯。
SF_night718.jpg

フラッシュを使わないとこんなの。
light718.jpg

なぜ、ライトがブレてるかと申しますと…



寒んぶいの!!

8時半を過ぎるとまた霧が出始めます。気温は13?14度。
風が出てくるので体感はそれ以下!ブルブルです(笑)

…いや、笑ぅてるばやいやない、コートを通して寒気が…。

迫り来る霧の恐怖の瞬間をどうぞ!
SF_fog2718.jpg

…て…伝わりませんね(汗)

暗くなっちゃうんですけど、今度は海側から夜景を見ます。
車はひた走りながら島を目指します。

着いた所はベイブリッジの途中の島。
此処からサンフランシスコの夜景を楽しみます。
…次の日はいんでぺんでんすでい(7月4日)なので、今日だけ(笑)
思いっ切り景色を見られます(次の日は柵で囲まれまくり)。

どうです?この景色!…て…やっぱ夜景はダメやなぁ…
SF_night2718.jpg


本日は霧の発生が少ないらしくものすごく綺麗な夜景だったんです。
正に100万ドルの夜景と呼ぶにふさわしい!

…て、伝われへんがな!…あい…ごべんばばい…
このつぶらな瞳にしっかり焼き付けて来ました♪…て…





ますますさぶく!!…もうブルブル!

夜景はやっぱし暖かい時に見たかった…。
皆さんやっぱり霧と雨の少ない5月か10月がお勧めです。





明日は難航不落のアルカトラズ島!

脱獄は?!監獄は?!二人の行く手は?!

自由を手にするのは何時?!

次回!乞うご期待!

…このキャッチ…大げさやなぁ…。
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/16 00:41 】
旅行 | コメント(6) | トラックバック(0)
San Francisco旅行記 Part 5 君は刑務所を体験出来るか?!
今日は難攻不落といわれた監獄島『アルカトラズ島』潜入です!
…いや、もとい、観光です。

実は予約はいっぱいで取れなかったんですが、前日ダメモトで並んだら…

二人分だけ残ってたの! ラッキ?♪

フッシャマンズワーフのピア39から出るフェリーの出航は9時半。
朝ご飯やら何やらを含めるとホテルを出るのは7時くらい。

「早ぅ支度して!クラムチャウダー食べれへんやん!」
前日飲み過ぎた兄は、いつまでもぐずぐず…。

「えぇかげんにしぃや!置いてくで!」

私はさっさと支度して部屋を出ました。兄があわててついて来ます。
エレベータを待ってる時…

「…ん?…あら?…お前…それ靴?…。」

「え?…あ゛!

はい、部屋のスリッパのまま出て来てました…急いでたから…にゃはは

「お前、それでオレにツッコミ入れるつもりやったやろ(笑)」

…くそ…人の失敗わざとおちょくってからに…ほんまにスリッパで殴ったろか…。


気を取り直してケーブルカーを使いフィッシャーマンズワーフへ。
露天の並びで、バケットに入ったクラムチャウダーを朝ご飯に購入。
ハンドボールくらいのバケットパンをくりぬいて容器にして、その中に
熱々のクラムチャウダースープを口元まで入れてくれます。5ドルです。
パンは少し酸味があり、スープはクリーミー塩味サッパリ。
二人でパンも食べてお腹いっぱいになります。

定刻にフェリーは出ました。いよいよアルカトラズ島!
アル・カポネも収容されてた監獄島、未だかつて脱獄に成功しなかった
難攻不落の要塞島。


アルカトラズ島はかつて軍事収容所でした。戦争の捕虜が収監されていたのです。それが連邦刑務所として犯罪者達、とりわけ凶悪犯罪者を収容するようになった理由…それは、アルカトラズ島の立地条件によります。

周りは海、しかも流れの急な寒流。気温は温暖な此処ですが、飛び込む水は冷たく流されてしまう。そして、断崖。余程の覚悟がないと逃げる事は容易ではありません。もちろん、軍事収容所だった名残から、監視体制も完全に近く、警備するほうは楽で、収監されてるほうは逃げる事の叶わない刑務所だったと言えます。

過去、何度か脱獄を試みた囚人はいました。しかし、成功した者は…。

…へへへ…語り出すと長くなるので(笑)
詳細は こちら のご紹介をご参考にして下さい。

まず入り口で15分位の映画を見ます。アルカトラズの歴史です。
そしていよいよ刑務所の中…。

此処はまた、カモメたちの楽園です。予告編でいたカモメは此処のです。
カメラを構えても逃げません。ほんと至近距離で撮れました。

中に入ると、MD付きヘッドホンを渡されます。各国語対応解説です。
その内容に従って刑務所内を歩くと40分ほどで回れます。
「では、そのケージをくぐって通路中央にお進み下さい…。」
などと指し示す場所に移動して刑務所内を案内してくれます。

ズラッと並んだ2階建ての牢屋、そして、建屋内の壁全体に設置された柵、
看守用通路。威圧感があります。
看守さんはマシンガンを持ってこの通路を歩いて警備していたんですね。

基本的に、独房。雑居房はありません。
jail719.jpg
ベッドと、開閉式の机、洗面台とトイレ付きです。

その他に、懲罰房(名前忘れた)。閉めてしまうと真っ暗で不気味。
jail2719.jpg

この刑務所は、思いのほか囚人達の待遇は良かったそうです。
図書館、娯楽室、理容室、食堂、調理場なんかがあります。
ただ、凶悪犯罪人達なので、いざこざはあったようです。
これが食堂の壁。剥がれています。
kichen2719.jpg

解説は当時のままだと言いますが…それがほんとだと…怖っ!

アルカトラズを舞台にした映画は多くありました。
バート・ランカスター主演『Birdman of Alcatraz』などもそうです。
(私は見た事ありません)

この中で一番有名なのは、クリント・イーウトウッド主演の…
『アルカトラズからの脱出』 知ってます?
これは実在の人物をモデルにしています…実際に脱獄した…。

…………

フランク・モリスはある日、壁のコンクリートが老朽化してスプーンで簡単に剥げる事を発見する。そしてジョン、レンス・アングリン兄弟と共に脱獄を計画する。

食堂でくすねたスプーンで通風孔を少しづつ削り取り大きく広げてゆく。
そしてバレないようにダンボールと絵の具で蓋をし、床屋から切った髪の毛を盗みダミー用の人形に貼り付け…計画は着実に進んでゆく。

そして…Xデー。いよいよ決行の日。空白の時間は2時間。何人かの囚人にはその日を告げてあった。固唾を呑んで見守る囚人達。3人は大きくした通風孔から壁裏に出、配管を伝って屋根裏にそろりそろりと進む…。


カラ?ンカラ?ンカラ?ンカラ?ン…

3人の誰かが何かを落とした!乾いた音が木霊した!

『見つかる!』誰もがそう思った。が、神は彼らに味方した。
看守はラジオに夢中で気がつかなかった。屋根裏に急ぐ3人。
上手く外に出られても、外は高い断崖と冷たい海…。
レインコートの浮き輪で果たして彼らは逃げられるのか?




なぁんて(笑)
これがフランク・モリスが実際に広げた通風孔です。
escape719.jpg

参考に広げてない通風孔をパチリ(笑)
escape2719.jpg


映画ではひとりだけ脱出したことになってますが実際は3人でした。
そして、その後の消息がない事から彼らは溺死した言われています。
なので、公式には誰も脱獄には成功していないんですね。

さて、アルカトラズ島ツアーも終え、フェリーに乗り込みました。
ピア39に変える道すがら…て、あり?…気持ち方向が違うような…






ツアーを終え、帰ろうとした二人!

フェリーはサンフランシスコを遠ざかる!

何故?!何処へ?!

二人の運命やいかに!


次回!乞うご期待!
【2006/07/15 00:44 】
旅行 | コメント(4) | トラックバック(0)
San Francisco旅行記 エピローグ 君は行ってみたいか?!
フェリーは何故かピア39に帰らないで『エンジェル・アイランド』と言う
島に行きます…何があるんだろ…。

20分ほど行った所、エンジエル・アイランドは避暑地のようです。
EI719.jpg

青い空、爽やかな…ちょっと強い海風、そして瀟洒な別荘。
こんなところで過ごしてみたいわ…。

丁度お昼になったのでイタリア料理屋さんでお昼(はい、食い気です)。
パスタとシーフードを注文して…これがまた美味しいの!
最高の料理でした?ん♪

また、この日丁度、W杯のドイツ?イタリアの真っ最中でした。
イタリア人の応援はすんごいの!スポーツバー並みでした(笑)

帰りの船で海からゴールデンゲートブリッジやアルカトラズ島、それから
市街地をパチリ。
fromShip2719.jpg
alcatraz720.jpg
fromShip719.jpg
fromShip3719.jpg

あ、私が連絡船の事をフェリーって言ってるのは…
先のエンジェルアイランドも含めてサイクリングコースがあるからです。
人々は車じゃなくて自転車でサンフランシスコのあちこちを廻ります。
避暑地の島とて例外ではありません。自転車を持って島に渡ります。
自転車を運ぶ連絡船、フェリーです(笑)

フェリーを降りたのが4時半。ピア39はもう独立記念日に浮かれてました。
こんなモニュメント……の格好をしたオヂサンも(笑)
piero719.jpg

独立記念日は毎年、夜大きく花火を上げて大騒ぎするんですね。
此処は海の間近、そうとう派手に花火を上げそうです(笑)
でも私たちは疲れてホテルに向います。

昨日の地元テレビでやっていた『ダーティハリー3』舞台は此処です。
その冒頭でキャラハン刑事が車で走る道が此処。
saka2719.jpg

そしてその反対側、車のガラスが夕方の太陽を反射させています。
saka719.jpg
遠く流れる川の水面がキラキラ輝いているかのようです。



…てこの写真…何かに気がつきますか?(クリックして大きくしてね)

奥のほうの車…道路に直角に停めてあります。
手前の車もよく見るとハンドルを切って前輪が曲がっています。

これはサンフランシスコ特有の路上駐車方法。
此処ではだいたい路上駐車が認められてます。
駐車出来ない所は路肩の縁石に色分けしてあって判るようになってます。

そして、坂ばかりのこの街。通常の坂道に停める時はハンドルを切って
車輪を道筋から傾けて、もし車がズレて下がっても坂道を下らないように
しているんです。これを怠って車輪が真っ直ぐだと違反キップ100ドル。

また、坂の急な所は路上駐車で道路に直角に停める事が許されてる。
車が直角に止まってる場所は、坂がすんごい急なんだとご理解下さい。
そうしとかないとコロンコロン車が転げちゃう(なれへんなれへん)。





?ほんとのエピローグ?

サンフランシスコは最初私が想像してたのとちょっと違いました。

個々はすんごく素晴らしいんですけど…何だか感動が…。
何だろ…うまく表現出来ないわ…
観光地として完成され過ぎてるって言う印象かな…。

ただ、今回の旅行で心残りがあります。


本格海鮮中華料理を食べてない事。
美味しい日本のお刺身を食べてない事。

…て、食い気ばっかし!(汗)


いやいや、ヨセミテ国立公園に行かなかった事です。
地元の人でも何度でも行きたくなる場所だそう。
見ごろは5月(10月は乾季の終わりなので滝が涸れるそうです)。

もう一度此処に来て今度はヨセミテだ!


…寄席見に来るんとちゃいますよ(笑)
て、…締めくくりがオヤヂギャグ…イタいなぁ…。シマらん話や…。

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】

バナーを1件追加致しました。
ももちぇさまのblog 『雲間からちゃっかりHACHIBEI』 です。
絶妙な語り口、垣間見える美貌と知性の溢れる言葉…。
ご訪問なさる事をお勧めします♪

華小町の記事の掲載順を入れ替えて、最初から順番にお読み頂けるように
致しました。…て、日にちを書き換えただけなんですけどね(汗)
【2006/07/14 00:00 】
旅行 | コメント(6) | トラックバック(0)
Collaboration ?重なり合う魂 ?

華小町


垣根越しに…ふと目に留まるその女性。
その白魚のような指先に筆を持ち、じっと机を見つめていた。
襟足から見える、透き通る肌がほのかに上気している。

時折小首をかしげ、視線を遠くにやる。
そして…しなやかに筆は動き、たおやかに和紙に踊らせる。

微かに濡れた憂いを含んだ、優しい大きな瞳がこちらを見る。
そして紅を引いたその唇がフッ…と緩み、柔らかい笑みが零れる。

ハッとするような…軽やかな鈴の音のように透明な声音。
そして、その音は重なって聞こえる。

よく見ると彼女の輪郭も、どこか幻のように儚げに見える。

そして朧に消え入りそうなその姿も何かしら重なって見えた。

『…あなたは…』

『私達は姉妹、二人の心が呼応して姿かたちがひとつになるの…
 私達の名は 華小町 あなたの心に語りかける…』


ひとつになった美人姉妹…華小町の詠む歌の不思議な世界…。
今宵、もうすぐあなたの元に届きます…。

魂のふるえるその歌を、聞いてあなたは私の虜…。


『ほら、またひとり…虜になったH×S塾長がこんな素敵な贈り物。』

img21790.gif

小町のために…塾長ほんとにありがとう。大事にするわね…
?華小町?
【2006/07/13 20:06 】
華小町 | コメント(1) | トラックバック(0)
Moon Light Dreams

LUNA in America

『月』と書き 『LUNA』と呼ばれる 白い光
 
ただ繰り返す 満ち欠けの顔




漆黒に 淡い月光 落ちる先

息吹(いき)も聞こえず ただ静寂(しずか)のみ




LUNA in America 2

暗闇に 冴え冴えと輝る ピアノ線

生命(いのち)感じず 張りつめた絹糸(いと)




闇の藍 東に朱(あか)が 滲む時

追われるように 逃げ沈み行く西
 



眠りつく 閉じた瞼に 浮かび来る

霞の如き 泡沫(うたかた)の夢






あなたの為に 歌を詠み 心を伝える 華小町
img21790.gif
扉の鍵が届きますように
【2006/07/12 00:00 】
華小町 | コメント(5) | トラックバック(0)
人知れず神々の飛翔する朝

APOLLON in America


凍てついた 朝に射し込む 陽の光

感じるものを 柔らに融かす




空の蒼 大地の緑 雲の白

全て煌く 我が陽の光から


APOLLON in America 2



時が経ち 西の彼方に 朱の空

なお躍動する 生命(いのち)の息吹




何もかもの 風の動きを 感じる時

ふと思い出す 遠い日の既視感(デ・ジャヴュ)







あなたの為に 歌を詠み 心を伝える 華小町
img21790.gif
扉の鍵が届きますように


【2006/07/11 00:00 】
華小町 | コメント(5) | トラックバック(0)
…APOLLON feels LUNA, and LUNA feels APOLLON…


20060711065920.jpg



顔を上げ 生命(いのち)の息吹 消えた瞬間(とき)

夢と気がつき 目を俯ける




湧き上がる 記憶の欠片 繋ぎ寄せ

シンクロされる ふたつの時間




見る夢が 誰かの現実(うつつ)で あるならば

今の私は その夢幻想(ゆめまぼろし)




hoshizora-anime02.gif



見上げれば 一等星の 瞬きに

無音の命 微かに感じる




c-b-star2-3.gif



ふと下の 蒼い芝生に 蛍舞う

淡い白金(プラチナ) 煌く天と地




陰と陽 ふたつの対極 相容れねども

強い光で 生命(いのち)は芽吹き

淡い光で 優しく休息(やす)む

世の理(ことわり)を 感じるこの時










あなたの為に 歌を詠み 心を伝える 華小町
img21790.gif
扉の鍵が届きますように

【2006/07/10 00:02 】
華小町 | コメント(6) | トラックバック(0)
華小町から感謝を込めて?紅を差した唇で?

私の名前は華小町。
小指で掬った薄紅を
そっと私の唇へ
鏡を見ながら引きました。

そして私は今日も一日
単(ひとえ)の姿で机に向かう…。


花を愛で 月に涙し 風を見る

    自然の理(ことわり) 浮かぶ言の葉


私達、華小町が今回題材に選んだのが「胡蝶の夢」
その昔、荘子が記した斉物論に夢と現実を語る「胡蝶の夢」…
その話をそれぞれ太陽と月におきかえて詠みました。

…月は太陽の夢を見、太陽は月の夢を…
果たしてそれは夢?…それとも…


歌集「太陽と月」「月と太陽」をお読みいただいたみなさま。
本当にありがとうございました。
そしてお褒め下さったお客様、身に余る光栄でございます。

遠く異国の地を住まいとしております私としては、日本語の持つ雰囲気…
「優雅」「優しさ」「柔らかさ」「暖かさ」
を特に感じております。
日本語の魅力に…湧き上がる心を綴り…命を吹き込んだつもりです。
ご堪能頂けました?…ウフフ…。

…あら…もうこんな時間…お迎えの時間が迫っております。
華小町の嫋やかな姿はもうすぐ終わり…。
ふたたび合間見えるのは…葉月半ばになります。

残り少ない華小町の時間…感謝のお言葉をしたためたいと存じます。

>>かずみ様

姉さまには本当にお世話になりました。
私にその才能と美貌を惜しげもなく分け与えて下さいました。
そして、日本語を教えて下さったのも姉さま。
今、此処に華小町としての私が存在するのは姉さまのおかげです。
感謝して、感謝しても余りある姉さま…本当にありがとうございます。

そしてもうひとつの姉さまのご成功を祈って…

手を合わせ 今この時が 永遠に

    続けと願う 煌く星に



>>H×S塾長様

陰になり 陽になりて さしのべる

    その手の温もり 永遠(とわ)に忘れず


塾長にはバナーからご紹介まで色々とお世話になりました。
そして優しいお言葉…本当に痛み入ります。
心から御礼申し上げます。ありがとう御座いました。

…あ、第二夜までのお写真は私が切り撮りました美国の風景です。
…て、え?…私に惚れますと…大ボケが伝染ってしまいますわよ…ウフフ♪


>>6階の新田さん様

降る月に 街の灯りの 朱や白

    瞬き染まる 地の恒星(ほし)として


小野ヤスシ…ぢゃなく小野伸二…でもなく小野小町のお言葉、嬉しいです。
遠く離れた此処だとて空は繋がり、月と陽は同じ顔を見せて下さいます。
同じように心は距離を置かず繋がるものかと…。
それは星も、月も陽も全てが同じなのではないでしょうか?
いくら遠くとも、いくら眼に見えなくとも、感じるものは全てが傍に。
至福を感じるひと時です。

>>ももちぇ様

眼を閉じて尚 色を感じる その心

    神が与えた 温もりの加護


倭の国からお褒めのお言葉…本当にありがとう御座います。
姉さまのお言葉の中にはいつも朗々と響く物語がございます。
素敵なお言葉…私のほうこそ心に沁み入ります。

皆様に失礼のないように出来るだけ雰囲気を大事に致しました。
汲み取って頂けると…満足至極にございます。

>>boban様

湧き上がり 絵筆が翔(はし)る キャンパスに

    心を込めて 生命(いのち)吹き込む


お褒めのお言葉…この上ない喜びで御座います。
私には筆を取ってキャンバスに心を込める事は出来ません。
そう言った意味でもbobanさんを尊敬致します。

…あ、第三夜のイラストのみ お借り致しましたものです。
bobanさんと同じく、胸に深く沁みるものを残して下さいます。

>>monta様

鍵の奥 鼻に小鉢が あるのなら

    罰当たりのばち 当ってしまえ


鼻小鉢のお言葉…鼻の奥に血の匂いを感じます。
ありがとうございます。お褒めのお言葉…本当に痛み入ります。

悶子様までお連れになり、ご訪問恐縮至極に御座います。
今回のコラボは、かずみ姉さまの発案でございます。
姉さまの心の迸りを私も分けて戴いたのです。
楽しんで頂ければ幸いです。

次回のコラボは葉月を予定しております。
もう一度私達の虜になって下さいませ。

>>小箱さま

ご訪問 言葉を綴る 懸け橋は

    小さき箱に 胸いっぱいの愛


初めまして、そしてお褒めのお言葉…ありがとうございます。
華小町の扉を開け、ようこそいらっしゃいました。熱烈歓迎致します。
お声をかけて下さって、小町は大喜びしております。
何時でも何処でも何度でも…大歓迎致します?♪

…は…フュージョンがだんだん…そろそろお迎えが…まだ待って…(笑)

>>あちこ様

時空(とき)を超え 知らず交わる 詩(うた)と短歌(うた)

    静寂(しずか)の中に 重なり共鳴(ひび)く


お褒めのお言葉…本当に嬉しゅう御座います。
普段の凛は世を忍ぶ仮の姿、本当はお上品なお姫様…って、謀り事です。
かずみ姉さんとのフュージョンのおかげでここまでになりました。
全て姉さまのなせる業です。
…は…もう…お迎えが…く…くくく…

…て、へへへ…魔法が解けちった(笑)
いやぁ…慣れへんことは続きまへんなぁ…にゃはは。


感謝の気持ちが余りにも強くて、御礼のお言葉が長くなっちゃいました。
今一度…ご訪問下さいましたお客様、本当にありがとう御座いました。
コメント下さらずとも、立ち止まり覗いて頂けただけで本当に幸せです。
ましてや、お言葉をかけて下さったお客様…この上ない喜びです。
コラボを行って、ほんっとに良かった…。

かずみ姉さん、皆々様、この場を下さって本当にありがとう!
感謝の気持ちを唇に込めて… (*^3^)/?☆



あなたの為に 歌を詠み 心を伝える 華小町
         img21790.gif
       扉の鍵が届きますように

【2006/07/09 00:01 】
華小町 | コメント(9) | トラックバック(0)
今の時期にだけ見られる夢
つい先日、夏至は終わったんですが、今が此処でも日の長い時期。
日の出は大体 午前6時半くらいで、日の入りが午後9時過ぎ。
夜は9時半を過ぎると辺りが暗くなって来ます。
昼間は鮮やかな緑の芝も、宵闇に深緑色を濃くして行きます。

で、何気に窓の外を眺めてると…


ポワ?ン…ポワ?ン…ポワ?ン…  とほの白い光がちらほら…。

蛍です。儚い色合いですが、それでも力強く光を煌かせます。

ぼんやり見てると、あちこちに光が…。


ポワ?ン…ポワ?ン…ポワ?ン…。

写真を撮ってお見せ出来ないのが悔しいくらい素敵です。
何も考えずにずっと眺めていました。すると、芝生の奥の木立にまで…


ポワ?ン…ポワ?ン…ポワ?ン…。

此処の辺りに綺麗な水の流れる川は見当たりません。
それでも田舎で、環境そのものが自然に近いからか、蛍は大量にいます。
だいたい7月半ばまではたくさん見る事が出来るようです。

ずっと眺めてたら、兄が何気に言いました。

「此処の蛍はごっつ多いんや。林のある処や行ってみぃ。それこそな、
 クリスマスツリーのイルミネーション並みや。凄い事光ってるわ。」


近くの林に行くと木立いっぱいに蛍が舞って、冬のツリーのように明るく
素敵に煌くんだそう。

…サンタさんがお休みする夏に、蛍が代わって私達を祝福してくれる…。
空の星の瞬きに合せて、蛍は木々をデコレーションする…素敵…。


「もう10時か…今頃が一番蛍が出る時間やな。どや、ごっついやろ。
 これ、蛍やからずっと見てられるんや。これが蝿やったらお前… 
 うゎんうゎんおって うっとぉしぃて かなんくらいやで。」




は、蝿やったらて…………





をい!蝿と蛍を一緒にすな!

おのれは

風流のカケラも無いんかぃ!


わびさびも理解出来んこのスカタンめ…。



------------------------------------------------------------

【更新履歴】
バナーを1件追加致しました。

あちこ様blog『あちこち歩記』です。
ナイスミセスの素敵なblog。誰も彼もがセンスに首っ丈!
…な気持ちになる事必見!
一度ご訪問なさる事をお勧めします♪
【2006/07/08 00:21 】
日常 | コメント(4) | トラックバック(0)
…予告編…
……………!! 


な、何だあれは?!



鳥だ!




















bird706.jpg




いや!飛行機だ!!


plain706.jpg



いや!あれは…


















凛が帰って来た!!



lin520.jpg





映画に紹介されるウェスト・コーストの何気ない風景…

太陽がサンサンと照りつける筈のカリフォルニア…
暖かい潮風が頬をなぶる筈のサンフランシスコ…
蒼い海原がきらきらと光る波を輝かせる筈の太平洋…
人々は陽気に歌い踊り、優しく声をかけてくる筈だった。











が!


それは凛の思い込みに過ぎなかった!

今、語り明かされる真実のサンフランシスコ!


ゴールデン・ゲート・ブリッジが!

アルカトラズ島が!

坂道を往来するケーブルカーが!




♪さぁ?んふらんっしっすっこっのちゃぁ?いなたぁ?うぅ?ぅん♪が!

全て白日の下に晒されようとしている!




空高く…舞い上がれ!









bird7061.jpg







天に向かって…叫べ!


ten706.jpg







その鋭い切っ先を…刺せ!


yari706.jpg








夜のイルミネーションを…揺さぶれ!


irmination706.jpg



総制作費1500ドル!
制作期間3泊4日をかけた壮大なロマンが今、始まる!

監督、脚本、演出、主演:凛・ザ・チビッ娘!

『サンフランシスコ旅行記

 ウェスト・コーストの真実』


近日公開!!


 …居ながらにして体感できるアナタ…
 フッフッフッフ…夢と悪夢…さあ、どちらを選ぶか…
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/07 03:03 】
旅行 | コメント(4) | トラックバック(0)
文字の持つ印象
昨日の車の文字の事でもうちょっと…(笑)

アルファベット26文字の中でもウケる人気の度合いが違います。

もっとも人気があるのが『X』
キャデラックの『SRX』、ジャガーの『Xタイプ』、ボルボ『XC-90』など、
24以上の車種で『X』が使われます。
…やっぱりシャープで謎めいたイメージなんでしょうか?

他には、メルセデスベンツの『Sシリーズ』に代表する『S』
『Special(特別)』とか『Super(最高級)』のイメージかも。
そしてBMWの『Z4』に代表される『Z』
『Zip(ビュッという擬音語から来る素早さ)』や
『Zoom(ブーンというスピードを上げる擬音語から来る力強さ)』
のイメージからでしょうか?

逆に人気の無いアルファベットもあります。
『O』『P』『U』『Y』

『O』は、『ゼロ(何にも無い)』と間違うので駄目。
『P』は、『Perfect(完璧)』や『Precision(正確)』をイメージすれば
すんごく良いと思うんですけど、此処の人達は逆に『Poor(貧弱)』とか
『Plain(地味)』を連想するんですって。

『U』は、『Under(下級)』『Un-(否定の接頭語)』のイメージ。
『Y』は…何なんだろ…(汗)…『Yankee』かも…。

その他、
『B』(二流品と言う印象)『N』(No!って言う感じ)
『F』…言わずとも「ファ○ク!」の罵倒、『Fail(落第!)』。

やっぱり印象の問題ですから、文字からネガティブな言葉を連想するのは
敬遠されるんでしょうね。


ところが、問題はそうそう単純じゃなかったんです。

ちょっと前に高級車向けに一般公募した時。
木星の衛星であり、ギリシャ神話の神の名でもあり、空港コードにも使用
されるアルファベット『IO』が候補に挙がり『IO6』『IO8』などの名前を
使おうとしたら…

「だぁ?みだぁ?それ!何だかオラんとこに借金ある(I owe)みてぇで
 ねぇ?かぁ?!いやぁ?だぁ?それ!」


とダメ出しされて中止しました(笑)

また、スポーツカーの『MR2』
発音がフランス語の下品な言葉(知ってる人います?)に似てると言う事
で、『クーペMR』と変名されて販売されてます。

日本でも前にありました。
トヨタの『セリカ XXX(トリプルエックス)』
『スープラ』と改名されて売り出しました。
『XXX』は…成人指定のハードを意味しますから(笑)

事ほど左様に、ますますアルファベットを使った車名の取り合いは…
どんどん激烈に、過酷に微妙になって行くんでしょうね(笑)


----------------------------------------------------------
【更新履歴】

この『美国の車事情』をひとつのカテゴリーとして独立させました。
ゆう姉さんがカテゴリーの整理をやってるのに触発されたのと、
たぶん好評(?)なので今後も続ける気になりました(笑)
過去の事情をお知りになりたい方はカテゴリーをお選び下さい。
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/02 00:51 】
美国の車事情 | コメント(9) | トラックバック(0)
美国の車事情 第六弾 仁義ある戦い?
車の販売戦略の中で、最近注目を浴びているのがインパクトのある名前。
特に高級車はかっこいい名前で売ると言うような方法も取られます。
で、最近の傾向はアルファベットと数字の組合せでブランド感を出すの。

当然アルファベットは26文字しかなく、それ故自動車メーカーは各社で
熾烈な文字の取り合い合戦が展開されているの、知ってました?

まず、ホンダ。
高級車ブランド「アキュラ」からSUV車の『MDX』を生産してます。
ところがフォードリンカーンがSUVの新車『MKX』と名づけました。
ホンダは…

「ぬぅぅ!うぬ等!似たもの車種で名前も似せ、変わり身の術とは!
 ちょこざいな!ワシ等忍びの裏をかきおって!許さん!許さんぞ!」

(…えっと…鈴鹿は伊賀甲賀の里だと言う事で…汗)

と、本当に訴えています。

次にドイツのBMW。
『M3』『M5』『Mロードスター』などのMシリーズを生産しています。
で、ニッサンの高級車ブランド「インフィニティ」が『M45』を発売して
カナダで盛大に宣伝を始めました。
当然、BMWは…

「イッヒ!ズリーベ!ディンガナッヒ!ナーニやってるんだッヒ!
 Mはウッチの専売特許ダッツォ!訴えッツェやんディッヒ!!」

(く、苦しい??…)

そのニッサン。
インフィニティからは『Q45』と言う車を販売しています。
ところがこれもワーゲンのアウディが『Q7』と言うSUV車を販売しました。
ニッサンは…

「おめーらよーこの野郎!よこはいりすんじゃねーよー!そんな事すんの
 ずりーじゃんかよー!したっけ、オレ等売れんくなんじゃんよー!
 業界にゃ業界の掟があるっしょー!けったりーけど訴えてやんよー!」

(…横浜がメインだという事で…)

今、此処美国で販売されている車種は、26文字のうちすでに22文字が使用
されています。もうあんまし残って無いんです。
これじゃあ…あちこちで訴訟が出る可能性が高いわ…(笑)

…と、こんな小さな所でも激烈な戦争が勃発してるんですね。
不思議な業界?それとも…普通?(笑)



-------------------------------------------------------------

えー…ここで私の車事情の中で訂正がございます。

『NEON』と言う燃費の良い車のメーカーはクライスラーです。

Fordと今まで思い込んでいました。
謹んでお詫びして、訂正させて頂きます。 <(_ _)>
【2006/07/01 00:23 】
美国の車事情 | コメント(5) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。