スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Miami旅行記 Part 6 資本主義社会痛感記
マイアミの高級別荘地は「West Palm Beach」という所です。
ともかくリタイアしたお金持ちの人達のすむ場所。
エバーグレース国立公園と反対側になるので急いで出発です。
・・・蚊にも閉口してますから・・・。
ただ、瑛さんのおかげで私は助かりました(苦笑)
国立公園から北に向けて車で3時間。

「早いとこ此処から逃げろ!・・・うぅぅ痒い!」
瑛さんはあちこちボリボリ掻いています。
「まぁまぁ、そない怒らんかて・・・。」
怒らいでかっ!ほら!すっ飛ばせ!これでもかけて!」
瑛さんの出してきたCDは・・・



RUNAWAYSの『Cherry Bomb』
・・・こんなんどこで探して来んねん・・・。


何だか本当に高級そうな雰囲気が漂って来ました。
歩道には大きな犬を連れたおじさまがのんびり散歩しています。
そして、広い庭のある大きなお家。
此処のあたりの大邸宅は別荘だそうです。

適当に車を停めて私達はそこらを散策しました。
何処も大きなお家がいっぱいです。
golf2.jpg

で、大西洋の近くのお家をブラブラ歩いていると・・・何だか柵が・・・。
近くによって見てみたら・・・・・・え?・・・


・・・プププ、プライベートビーチぃぃ??!
private.jpg
ありゃりゃ!大西洋の浜辺を個人所有していました!
奥では、30代くらいの女性がビーチチェアに寝そべっています。
そう、どこかの有閑マダム(死語やね)みたいです。

「おい・・・あるとこにゃあんねんなぁ・・・。海を独り占めやで。」
「こっちじゃ若いうちにリタイアするのがステータスらしいぞ。」
「そんな早いうちにブラブラしててどないすんねや、なぁ?」
「そだそだ!人間若い時はバリバリ働くもんだ!ボケるぞ!」

「・・・て、言ぅてたら何や俺寂しぃなって来た。帰ろうで!」
「・・・そうだな・・・俺も言えば言うほど貧乏臭く思えてきた・・・。」
わぁぁぁ・・・何この雰囲気(笑)

帰りの車では二人とも憮然としたまま・・・。
次元の違う人達に余程ショックを受けたみたいです。

夕食は例によって日本食なのですが、今度は家庭料理の店でした。
そこで注文した『なすのシギ焼』(なす田楽みたいなの)が・・・

米ナスを半分切った上に味噌付けてんのっ!
3人でも食べ切れません(笑)
それでも、カニやエビを目一杯食べて満足です。
明日はとうとうマイアミを後にします・・・て事でつづく。
続きはどなぃ?(笑)
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/30 07:27 】
旅行 | コメント(1) | トラックバック(0)
Miami旅行記 Part 7 空港への道中記
「おい!もう出るで!早ぅ仕度せぇ!」
「何で?まだまだ時間あるやん。」
今は朝7時、飛行機の時間は11時。4時間前?・・・。
「道に迷ぉたら困るさかいな。ごちゃごちゃ言わんとやれぃ!」

瑛さんも急かして出発の準備をします。
急いでチェックアウトして・・・て、預けたレンタカーが来ない!
その間私はホテルの庭に出てパチリ。
hotel2_ks.jpg

結局30分待って車に乗り込みます(遠い駐車場やなぁ・・・)
「だけど空港まで距離で10分だろ?1時間以上も取るか普通?」
「そうや。早過ぎるんとちゃうちょっと?」
「早いに越した事無いで。それにガソリン満タンにせにゃ。」
「スタンドは空港近くにもあるじゃないか。」
「空港に近ぁなったら高ぅなんねん。」
「何だ、じゃあさっきShellがあったぞ。」
「・・・!何でそれ早ぅ言わへんねん!引き返すど!」

交差点を右折します。それから右折して、右折して・・・
有料道路に出ました。

・・・て、ここどこ?!

あちこちやたらにグルグル廻ってホテル前に到着。
この時点でもう8時・・・ほんまにだいじょぶなん?

スタンドに着くと、メータの傍で椅子に座ってるおじさんが居て
「シッシッ!あっちいけ!」の合図。
マイアミでは、美国で普通のセルフサービス給油だけじゃなくて、
日本のように従業員が給油してくれるサービスがあります。
・・・ただ、ホースを給油口に入れてくれるだけですけど・・・(爆)

ガソリン満タンで再スタート。
「もう、これで一路空港や。もうすぐやで。」
兄は快調にハィウェイを飛ばします。

空港が近づいていました。
「もうすぐ高速降りるはずや。降り口の番号見てくれ。」
兄の悪い癖で、道順を良く確認せず走り出し、ナビは人に任せます。
助手席は・・・瑛さんですから・・・。
「ちょっと待てよ・・・んと、そうそう、そこのジャンクションを・・・。」
「え?!あっ!アホッ!もっと早ぅ言え!
通り過ぎちゃいました。
「お、お前どないすんねん!こっち行ったら何処行くねん!」
「大丈夫だよ。次の出口から引き返せば、な?」
「ほんまか?大丈夫か?保障出来るか?命かけるか?」
まるで小学生のケンカです(笑)

で、次の出口に曲がったら・・・

マイアミ空港の中!!(爆笑)

「こらぁ!レンタカー返さんで空港行ってどないすんねん!」
「ははは・・・手間が省けたじゃないか。近くて簡単だったな。
 じゃあ俺達だけ先に空港に降ろすって事で。」

「お前!自分だけ助かろうやなんてそんなんするかっ?!
 俺が飛行機乗り遅れたら祟ったる絶対!」

「お前は生き霊かっ!(笑)」

それでも車は広いマイアミ空港の中をのろのろ出口を探して走ります。
『Rental Return』の看板を見つけその方向へ。
やっとの事で車を返して時間を見るともう9時過ぎ!
・・・2時間前にホテル出てよかったぁ・・・。

乗り込む前にバーガーキングの朝食を食べて飛行機を待ちます。
で、乗り込む飛行機はアメリカンイーグル、こんなの。
plein1_ks.jpg
plein2_ks.jpg


小っちゃっ!!・・・ははは・・・戦闘機みたいです。

中はこんなの。
plein4_ks.jpg

・・・ほんとに飛ぶのか・・・ちょっと不安。

窓から見える景色です・・・ちょっとリアルだわ・・・。
高所恐怖症気味の私は下が見られなくて、瑛さんに頼んでパチリ。
sky1_ks.jpg
sky4_ks.jpg
sky3_ks.jpg




エピローグ

空港を降りた時間は午後2時だったのですが、気温は5℃。
ブルブル震えながら車に乗り込み帰宅しました。
・・・あぁぁ・・・やっぱりマイアミの暖かさが懐かしい・・・。

ただ、今回は観光は楽しんだのですが、ハリケーンの爪痕が痛々しくて
ちょっと・・・小っちゃな胸が痛みました(ほっとけ!)。
でも、本来は常夏のキラキラした素敵な場所(のはず)です。
出来れば・・・もう一回行ってみたいなぁ・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/29 18:23 】
旅行 | コメント(3) | トラックバック(0)
本日の天気
本日の美国の天気は晴れ。
朝の気温は5℃。車が霜に覆われています。
明日から3日間、此処は雪。
木曜日はサンクス・ギビングなんですけど・・・。
で、その日から日曜日までお休みです。

プチ解説:
サンクス・ギビング(収穫祭)は美国の祝日です。
初めてこの国に移住した人が苦労して開拓をして、収穫が出来た初めての時期なのだそうです。初めて実った食べ物に対し、その苦労と、労いの意味を込めて神様に恵みを下さった事を感謝し、その日を祝日として皆でお祝いをしたんだそうです。七面鳥を丸ごと焼いて皆で食べるのが此処の習慣で、今、ウォルマートでも丸ごとのでっかい七面鳥1羽が売られています。


って、言う事で、仏教徒の私達は優雅に・・・

マイアミでぇっす!!(すんごい自慢げ・・・てへへ)。

避寒(・・・こんな言葉あるのかな・・・避暑があるんだから・・・)です。

私の所から飛行機で3時間、往復の運賃はひとり500ドルくらい。
大西洋を見て、暖かい潮風に触れて、美味しいシーフードを食べて・・・
うふふ♪楽しみです?♪
美国の最南端、キー・ウエストにも行く予定です。
また、写真一杯撮って来ます。

・・・でもその前に、マイアミまで飛行機飛ぶんだろか・・・不安。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/22 00:42 】
美国の天気 | コメント(2) | トラックバック(0)
どうしても一言もの申すっ!
あの町田市での事件・・・。
私の記憶を無理矢理引きずり出し、思い出させた出来事。
あの事件での犯人は同級生だった。
「自分を無視した。」だと・・・。それで、刃にかけた。

何なのだ、その理由は!

それとも、私達の知らない他の理由があるのか?!

暴力を起こすきっかけが色々ある事は知っている。
どちらもの、何らかのすれ違いが生み出す事も。
双方言い分はあるだろう。
でも、暴力が最悪の結果を生む事は間違いない。

当事者は裁かれれば良い。あきらめもつくだろう。
自分がその己の意思で決断し犯した事だから。
しかし、周囲の人はどうなのだ。
自分中心の行動が、どれだけ周りを傷つけるか・・・。
ひとりで生きているわけではない。

暴力は、殴ったり蹴ったりだけじゃなく、言葉でもある。
そして、全てがズタズタに引き裂かれる。

私は言葉の暴力で私の空間がペチャンコに潰れた。
同級生の男達の言葉の暴力、女達も同じだった。
生きる気力もなく、死ぬ勇気も無く、ただ日が過ぎて行った。
毎日考えた。自分の事だけを毎日考えていた。そして引き篭もった。
『どうして私がこんな目に・・・』
『私にもそうされる理由があるんだ・・・』
『どうしたら・・・』
何も生みはしなかった。





私には、母と兄がいる。
今思う。私より、母と兄のほうが大変だったはずなのだ。
部屋から出なくなった私に対し、いつも能天気な母は、何も言わず
自由にさせてくれていた。
兄は無言でマンガを置いていった。
私が、気持ちの整理がついて部屋から出た時、母はたった一言

「あら?もう出ても大丈夫?」

何気無い表情、何気無い言葉・・・。救われた。
本当はものすごく心配させ、償いきれないほどの迷惑をかけたはず。

今、心の底から言いたい。
本人はどうでもいい。自由に決めなさい。
そうする理由を見つけ、自分で選んだ選択肢なのだろう?
でもその前に、最初に自分の身近の人の事を考えなさい。
その人達への思いやりを忘れてはいけない。
もしその決断で、周りに迷惑がかかるのだったら、それは正しくない。

そんな決断は、ドブにでも捨ててしまえ!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/20 00:08 】
独り言日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
ちょっとした衝撃
昨日、雪がちらつきました。気温は0℃になりました。
もう、冬はすぐそこです。

で、町に出ると、ワゴン車がこんなんなってました。
Wagon.jpg





・・・うそですごめんなさい!!(笑)

またまたチェィンメィルが来たんです。
今回はちょっと衝撃です。
場所は美国ではなく、フィンランドだそうです。
これは『Ice Storm』と言ってずいぶん有名らしいです。
では行ってみましょう。


Road3.jpg
木々は・・・つららと言うには申し訳ないほどの尖った氷がっ!
風の凄まじさと、温度の低さが想像を超えています。
吹きすさぶ冷たい嵐が凍って、ベンチも、木々も氷に覆われています。

道路もこの通り!
Road1.jpg
町そのものが凍ってしまって機能してません。
それでもそこに人は居るんですね。
Road2.jpg
Cars.jpg
車も何もかもが氷に覆われています。
これって・・・氷が融けたら車・・・動くんだろか・・・。

『バットマン・リターンズ』って映画をご存知です?
シュワちゃんがMr.フリーズって役をやったの。
その中で、ゴッサム・シティを氷まみれにしましたよね?
あれってCGだけかと思っていたら、現実にもあったんです。

まさに映画そのもの!!

氷の重さで船も沈んでしまっています。
Ship2.jpg

これなんか氷の船そのものです。
Ship.jpg
嵐が吹いて、氷がどんどん成長した姿なんですね・・・。
この写真を見て思い浮かべたのが、札幌雪祭り。

・・・てシャレになれへんがなっ!!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/19 00:15 】
写真 | コメント(2) | トラックバック(0)
カミングアウト
いつからだろ・・・私の中のわだかまりに気がついたのは・・・。
急に気に病むニュースが続いたんだっけ。
その時は・・・何とか落ち着く事が出来た。
でも、とどめはあの事件が飛び込んで来た時だ。
町田の・・・殺人事件報道。

あの夜、夢を見た。・・・あ、夢じゃない、悪夢だ。
もう、何年になるんだろ・・・怖かった、苦しかった、辛かった時の悪夢。
あの時の事が夢に出て来た。フラッシュバック?

私は、環境が変わって、優しく声をかけて下さる人達がいて、自分自身が
気持ちを強く持つように心がければ、辛い思い出はどんどん忘れていって、
時が経てば『風化』するんだと思ってた。
でも、それって『封印』してるだけだと判った。
何かのきっかけで封印が破れて噴き出すんだ・・・。

此処は美国、誰も私の昔を知らない。
私が何も喋らなければ誰にも判りはしない。
でも・・・ずっとこのまま黙ってられるんだろうか?
やっぱり『封印』してるだけなのかな・・・『風化』はしないのかな。






完全には復活していない・・・だらしない凛ですこんばんわ。
ここ数日、苦しい日を送りました。

出人さんの緋夏集にお邪魔致しました。
ものすごく心を打たれ、私は救われました。
たけおさんのblogにお邪魔致しました。
あの、のほほんとした調子に満たされた思いを感じ、癒されました。
satoshiさんのblogにお邪魔しました。
軽妙な語り口に引き込まれ、知らず笑ってる私に気がつきました。
その他、色んなサイトさまにお邪魔しました。
気がつきました。皆さん、色んな思いが詰まってるんだ・・・と。
楽しい事も、辛い事も、悲しい事も自然体でお書きになっていました。

今まで、少しでも私の所で元気をお分け出来たら・・・て思ってました。
でも、辛い事を隠していても元気は伝わらないのかもしれません。
逆に痛々しくなるのかも・・・って思いました。

で、復活しようと思いました。
能天気な凛も私、イタイ凛も私、毒づく凛も私、暗い凛も私です。
これからは自然体で行こうと思います。私のblogですから・・・。
イタイお話や、下らないお話も出るかもしれません。
そんな時でも・・・我慢してくれますよね、ね、ね、ね?(縋ってる・・・笑)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/18 01:57 】
独り言日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
表と裏
この世には表と裏が必ずある。
・・・美と醜、善と悪、苦と楽、ボケとツッコミ(あ、これは違うか・・・)

人の感情もそうだ。
気持ちの盛り上がりには大きな起伏が付き纏う。

・・・何が変わった訳ではない。
ネタが無いわけではない。そう、断じてだ!!
ここ2,3日・・・どこかが昨日の私と違う。

重い、深い、暗い、醜い・・・どうしたんだろう。
胸の中に、何か黒いしこりのようなものがブスブスと燻る。
何色をも吸い込む黒の上にさらに漆黒を塗り固めたようなもの。
小さく、暗い熾きが私の感情を蝕んでいる。

何とかしなければ・・・。
続きはどなぃ?(笑)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/13 22:13 】
独り言日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
美国のオヤジギャグ発見 Part2
どの国でも、ダジャレやオヤジギャグを連発する人はいます。
この間、お友達のShaniaの家に行った時の事。

届いた荷物を開けようとして、ハサミを探していました。
どうしても見つからなくて、お父様に聞きに行ったのです。

「Daddy,Do you know where is scissors?」
(お父さん、ハサミどこにあるか知らない?)

「Oh!I know!」(知ってるよ)

すると、そのお父様はそばの引き出しを開け、葉巻を取り出しました。
そして、おもむろに火をつけ、のんびりくゆらし始めます。
「・・・What's?」(・・・な、何なの?)

「Cigar!HAHAHAHA!・・・」
「・・・・・・。」 (・◇・ ;)



シザーズとシガーをダジャレてるぅ?!!

お父様はバツが悪かったのか、そのまま葉巻を吸いながらどっか行ってしまいました(笑)
結局ハサミはそこのお母様に出して貰いました(チャンチャン!)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/11 21:30 】
日常 | コメント(2) | トラックバック(0)
このところ・・・くらい話が多くてすみません。
フランスでの暴動のニュースは此処美国でも伝わっています。
事の発端がどう言う事かはさておいて、悲しい出来事です。
双方に言い分があるのは理解しますが、同じ人間同士の争いは・・・。

『皆仲良くね』なんて奇麗事を言うつもりはありません。
善悪って言うのは相対的なものです。
その中で衝突があるのは当り前だとは思います。
でも、迎合して一緒になって暴動を起こすのはどうでしょう?
まるで自分の意見があるかのように振舞うのは如何なものか!
意見があるのなら、ひとりで向かって行けば良い。

正しいと思ってるのでしょうが、迷惑に思っている人も居ます。
中国でも靖国問題なんかで日本を非難している自国の人を

 ┐(´?`;)┌
って思ってる人も多いのです。

・・・あ・・・難しくなっちゃいましたね(汗)
何を言いたいかと申しますと・・・私の住んでる此処では、
そんな事が一切無い平和な所なのです。

静かでのんびりゆっくりまったりとした場所です。
兄の言葉を借りますと
「緊張感や、逼迫感のかけらも無い人達の住む場所。
 みんなが、ポヤ??ンっとしてて、せっかちに動きまわる日本人を
 見て『大変だねぇ』と優しく声をかけて来る人達。
 自分達がアセアセしてるのが、バカバカしく思えてくる所。」


・・・良い所ですよ(笑)ちょっと不便でも私は此処が大好きです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/10 05:02 】
意識 | コメント(4) | トラックバック(0)
天災の恐怖
日本でも報道されたそうです。
私の住んでいる州で、美国時間日曜日午前4時くらいに、
トルネード(竜巻)が発生して22人が亡くなったそうです。

その時、私の住んでいる地域では・・・サンダーストームでした。
アパートが崩れるかと思うほどの激しい落雷が続いていたんです。
目がくらむほどの閃光!そして耳を劈くばかりの轟音!地響き!
立ってられないほど揺れて、凄まじいものがありました。

その時ちょうどトルネードが人々を飲み込んでいたのですね・・・。
自然の猛威です。
22人も・・・と言う事は余程大きかったのでしょう。
亡くなった方々に、ご冥福をお祈り致します。

次の日は雨が治まっていたのですが、今度は靄!
手を前に出したら、その手が霞むほどです。
朝8時くらいにやっと晴れました。

そのニュースを本日、火曜日に知りました。
私の所には、ほとんどトルネードが近寄りません。
州の中央部に位置する此処は少し凹んでいるんだそうです。
なので、大きいトルネードが通り過ぎてしまうとか。
ものすごい田舎ですが、地形に守られている事は幸いしてます。
天災は防ぎようが無いですから・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/09 05:02 】
美国の天気 | コメント(3) | トラックバック(1)
瑛さんがまた来ます。
ご記憶のかたはいらっしゃるでしょうか?
あのうちの兄と名(迷)コンビの瑛さん(仮名)がまた来ます。
今度も1ヶ月ほどだそうです。
またあの大ボケぶりが見られると思うと・・・今からワクワクです(笑)

で、またお家に招いて食事をするはずなので、料理を仕込んどきました。
今回は・・・ローストポーク!(ヒネリも何にもありません)

えっと、ブロックの豚肉を買って来て、コーラに浸して3日間っと。
下に敷き詰める野菜を買って、赤ワインを買って、塩コショウとニンニク。
お肉に擦り付けて、野菜は切って、タッパウェアに乗せます。
後はオーブンで焼くばかり、と。






・・・で、こんなんなりましたが何か?
Pork1.jpg
焼く前の写真。左にあるのは普通の一味唐辛子のビンです。

これで、暫く・・・豚肉見たぁ無ぅなるわ(笑)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/08 03:25 】
食べ物 | コメント(3) | トラックバック(0)
冬時間での出来事
先週の日曜日に『冬時間』になった事をお話しました。
テレビでは、
「日曜日(10/30)の午前5時から冬時間になります。
 ですから気をつけて下さい。」

と土曜日から放送していました。

プチ解説:
美国では10月の終わりと4月の終わり前後に、その州の標準時間を変更します。これが冬時間と夏時間です。冬時間だと今までより1時間時計を遅らせます。つまり冬時間になると、日の出の時間が相対的に言って早くなるわけです。


国内で時差がある訳ですから、美国はいかに広いかって言う事ですね。
私の住んでいる州は、時間の変更がありません。
多分、時間変更線のギリギリに位置するからだと思います。

皆さんは、年中標準時間の変更が無いほうが良いんじゃない?
って思うかも知れません。
けど、こっちのほうが私は大変なんです(笑)

テレビの始まりの時間が変わるから週間予約は変更しなくちゃなんないし、
標準時計のエリアを中部から東部に変えなきゃなんないし、違う州の人との
会う約束時間を勘違いしないように言わなきゃなんないし・・・

兄なんかは最初、時間変更になった時、会社の人に
「今何時!」と聞きまくっていました(笑)

その兄が、たまたま今回の日曜日の朝4時頃起きていました。
何だかそわそわしています。
で言った一言。
「冬時間になったら1時間遅ぅなる訳やろ?
 そしたら、テレビ番組の内容も1時間分ズレる訳や。
 番組表にはその1時間分の内容は載ってへんねんで。
 その空白の1時間にどんな番組やるか興味あれへんか?
 俺前から見たかってん。」


・・・・・・・・・・・・そやな・・・・・・




て、番組の流れは変わらへんがな!

時間だけが変わるんやて!!

あぁぁぁ・・・まだ判ってへんなぁ・・・・・・(汗)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/07 00:29 】
日常 | コメント(7) | トラックバック(0)
今日はちょっと・・・重いお話かも
長くなるので、お時間を頂きます。

日本では美国の牛肉輸入を再開する検討を始めているそうですね。
TV JAPAN(日本語放送)で話題に上っていました。
狂牛病の危険性を指摘する声があるのでまだ決定ではないとか。
美国のニュースでも、時折取り上げて放送しています。
でも此処の人達は驚くなかれ、誰も話題にしていません。
まったく気にしていないと言うより・・・もしかしたら・・・
狂牛病って言葉すら知らない人も居るんじゃないでしょうか?

これは私の個人的見解です。
美国の牛に本当に狂牛病ってあるんでしょうか?
発見されたのは事実ですけど・・・本当に美国の牛なんでしょうか?

基本的な原因は「肉骨粉」を食べさせたのだと言われていますね?
私の見る限り此処の牛達は放牧していて、草と穀物だけ食べてます。
飼料としては、前にお話したトウモロコシは売るほど作りますし、
草は雑草を「グラスロール」にして豊富に持っています。
うなるほどある飼料に事欠かないこの国で、わざわざ牛達に肉骨粉を
食べさせる必要があるんだろうか、と・・・。

美国在住の日本人のある人は言います。
「この国の人間はずるいから、日本の牛肉の味が良いのを調べてて
 肉骨粉を食ってるって言うのを見つけて、それを猿真似して此処の
 牛にもわざわざ肉骨粉を食べさせたかも知れない。
 つまりは、日本向けの牛にだけ肉骨粉を食べさせてるって事。
 ありがちな話だよこの国じゃ。何でも真似するから。
 国内向けはそんな事する必要無いからこの国で食べる牛肉は安全。」


耳にした事があります。
少なからず、食肉用牛をメキシコやカナダから密輸してるとか・・・。
安く作って美国ブランドで日本に高く売るんだそうです。
もしかしたら・・・その密輸された牛が肉骨粉を与えられてたんじゃ・・・。

真偽のほどは判りません。
少なくとも、日本が慎重になっている訳でもなく、美国側が無理矢理
輸入を押し付けてる訳でもない事は確実だと思います。
美国には、全頭の詳細検査など出来ないほど牛が多く居ます。
かつ、密輸で本当の数が判らなくなっているので尚更です。
日本側の言う
「全頭検査しなければ不安でしょうがない」
って言うのもその通りですし、美国側の言い分である
「全頭検査など、やってられない、やる必要が無い。」
って言うのは、公に口に出来ない事情があって、日本側もそう言った
裏事情を充分知ってて、輸入再開をズルズルと引き伸ばしているのかも
知れません。

私は安全なんじゃないかと思いますけど・・・。
・・・て、何年か後に私の脳味噌スカスカになったらどないしょ・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/06 00:30 】
食べ物 | コメント(3) | トラックバック(0)
驚愕の事実 in 美国  運転免許編
「たっだいまぁ?!帰ったでぇ!」
うぉう!久しぶりのテンションの高さ
兄がネタを仕入れて来ました(爆)

運転免許の事です。今回はオートバイの免許。
自動車の免許が簡単に取れる事はご紹介しました。
50ccのスクーターには免許不要な事も。
自動二輪の免許も簡単です。いわゆる大型バイクですね。

普通にペーパー試験を受けます。
これは自動車の免許があれば当然不要です。
次に、実際に乗る試験です。
兄の言葉をそのまま表現すると、
「近くの高校の駐車場にパイロンを置いてスラロームするだけ」
・・・?・・・何のこっちゃ・・・

パイロンって工事中なんかで置いておく三角の置物です。
それを何個か置いて、その間を交互に右左と廻るのがスラローム。
バイクに乗って、ちゃんと廻れれば合格です。
大きい排気量のバイクだと大変なんですけど、・・・使うバイクは・・・



二輪車であれば何でも良いのです!
50ccのスクーターで充分なんです。
・・・自転車は駄目ですけど(て当り前!)

美国では日本と違って取得した免許に排気量の制限はありません。
50ccのスクーターで試験に合格して、そのまま1,500ccの大型バイクが
乗れるんです。
大型バイクを売ってるディーラーでは、試験に合格させる為に・・・
50ccのスクーターを試験場まで持って行くサービスまであるんです。
これって本当にアバウト!

ハーレィダビッドソンのチョッパー仕様が乗り放題!

デニス・ホッパーやピーター・フォンダも真っ青!
(古っ!)
・・・誰も知らへんやろな・・・イージーライダーです・・・

で、国際免許がすぐに取れますから、たったこれだけの試験で・・・

日本でも大型バイク乗り放題!(煽る煽る)

美国への往復飛行機代は、だいたい往復10万円なので、日本で教習所に
通って取るより簡単で安いかも・・・って思った人・・・




此処に住まないと免許の試験は受けられませ?ん
・・・持ち上げといて落とす落とす(笑)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/05 02:54 】
| コメント(0) | トラックバック(0)
驚愕の事実 in 美国
前に、
「子供の時にプラチナブロンドでも大人になったら色褪せる」
と言うお話をしました。
ブロンドや、赤みがかった色になるのです。
その話を聞いた時、私は陽射しが強くて変わるのだと思っていました。
日本でも、黒髪でも強い日差しで色が茶色く褪せますよね。



とっこっろっがっ!!!



どうも陽射しのせいではないのですっ!



美国の水のせいですってっ!

・・・無駄に強調しすぎっ!

此処の水はカルシウムやマグネシウムを多く含んでいます。
いわゆる硬水です。それも濃いぃのっ
お湯を沸かすと鍋の内側が真っ白くなるほどです。
その水で髪を洗ったりしてる内に色が変わってくるんですって!

そう言えばそうです。
石鹸もなかなか泡立ちませんし、洗った後もヌルヌル感が取れません。
日本ではカルキーをよく入れていますが、こちらで水道水に入ってる
のは硬い水を柔らかくするものなんですって。

世間話をしてるうちにこの話題になったのですが・・・驚愕!!
またひとつ、謎が解けました(笑)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/04 06:40 】
日常 | コメント(3) | トラックバック(0)
そろそろ目にする冬将軍
昨日のblogは先週日曜日の写真でした。
本日の朝日です。午前7時に撮りました。
morning30p.jpg

私の住んでる所は時間が変わらないんですが、多くの州は日曜日から
「冬時間」になりました。今までより1時間早く夜が明けます。

で、寒かったので近くのゴルフ場に行ったら案の定・・・

霜が降りてるぅ???!!

朝8時半に撮った写真です。
PA290003_ks.jpg

日の当たってる所は、そろそろ霜が融けかかっています。
PA290004_ks.jpg

基本的に西洋芝なので緑の色は褪せてはいません。
その芝に霜が降りると、当然芝全体が白くなります。
PA290006_ks.jpg
PA290005_ks.jpg
芝生の上を歩いたら・・・サクッサクッサクッって・・・



嬉しい事も何ともあれへん!!(笑)

もう、本格的な冬の到来です。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/03 03:51 】
美国の天気 | コメント(2) | トラックバック(0)
紅葉鑑賞旅行記(旅行なのかな・・・?)
「紅葉の綺麗な所あるから行くか?」
兄が聞いてきました。まだ、散ってないのかな・・・。
「なんて言ぅとこ?」
「えっと・・・そや!モトローラちゅうとこや!」

・・・え?・・・それ・・・ケータの会社と一緒な名前みたいやな・・・。

ともかく出発です。
CDは、RAINBOWKILL THE KING(笑)
・・・よぅこんなん探して来るわ・・・
車で1時間、ちょっくら走った所にあります。
行く途中で結構、紅葉の綺麗な場所がありました。
でも兄は構わず走り過ぎて行きます。
くねくねとした、日本の「いろは坂」のような道をひた走り、1時間。
「もうすぐや!」
駐車場の入り口に看板が見えてきました。

「・・・!?」


メタモーラやん!何がもとろーらやっ!
・・・この大ボケ野郎は・・・(笑)

ともかく、気を取り直して観光です。
此処は、どうも紅葉の名所らしく、観光客が多くいます。
・・・何て言うのかな・・・
日本のひなびた観光地を想像してもらえば良いかな・・・。
入り口メインストリートに大きなカエデの仲間の木がありました。
黄色く色付いています。
street.jpg

中に入ると、やはり、木が色付いています。なかなか鮮やかです。
tree.jpg

街中(村中?)のすぐ入り口に、ディーゼル機関車が停まっていました。
train.jpg
写真左側が客席で、観光客が乗り込んでいます。
右側に機関車の部分があります。古い機関車だけど・・・動かしてるんだ・・・。
と、その時!

『ふぉ????ぅ?!!!』

・・・レイザーラモン住谷さんではありません念のため(笑)

その機関車が汽笛を鳴らしました。出発するようです。
機関車が・・・ゆっくりと動き出しました・・・ゆっくりと・・・




て、逆やんそれ?!!

そうです、こちらに向かって(写真左方向に)動き出したのです。
どうも線路は一直線に単線しかなく、言ったら逆送するんですって。

・・・へんなの!(笑)

それから歩く事数十秒(すすす、数十秒かい!・・・ツッコミ入れて見ました)
観光客向けに、馬車がありました。見辛いですけど、栗毛色の馬です。
これに乗って、10分ほど走るようです。
basya1.jpg


・・・あり?ずいぶん長くなっちゃいました(汗)
明日に続くにします(余計な事ばっかり書いてるからや!・・・カンニンな

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/02 09:00 】
旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
紅葉狩りの後編
昨日の続きです。

すぐそばに、水車小屋がありました。
今でも動いていて、トウモロコシを挽いているのだそうです。
suisya5.jpg

水車は脇の川から水を引いて廻しています。
suisya4.jpg

これが挽いた粉を集める所。粉の大きさを分けています。
suisya2.jpg

これは臼です。直径2メートルくらいです。
usu.jpg


外に出て、プラプラ歩くと、例に漏れず民芸品の店があります。
shop1.jpg
吊ってあるのは風鈴(の様なもの)。
風が吹くと・・・桶屋が儲かる、じゃなくてクルクル廻ります。
廻ってるのを見てると、結構飽きずにいられます。
・・・て、催眠術?(笑)

ハロウィンの飾りなんかも売っていました。
shop3.jpg
ひなびた感じがとってもほのぼのです。

お店の通りは2本だけです(ずいぶん狭いの)。
その裏は広い牧場になっていて、馬が草を食んでいました。
馬車を牽くのかな・・・。
horse2.jpg


ちょっと風はあったのですが、日差しが温かく、最高の日和でした。
車で片道1時間、メタモーラで歩いて4時間を過ごしました。

帰りの車では、CDを変えて帰宅です。
曲は紅葉だけに・・・

DEEP PURPLE の BURN!!

・・・あり?あんまり紅葉がなかったなぁ・・・(汗)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/11/01 01:07 】
旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。