スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
こんな交通規則
美国の車は左側にハンドルがあります。
日本と逆ですね。

プチ解説:
「MAD MAX」と言う映画はご存知でしょうか?
メル・ギブソンの主演のハリウッド映画です。
あれは、オーストラリア(澳大利亞)で撮影をしたので、右ハンドルです。


交差点で、例え信号がでも、車が来ないのを確認できれば、右折はして良いのです!
信号の無い交差点には、やたらに「STOP!」の標識もあります。
ただ、その下に「4 WEY」と書かれています。
これは、交差点に入った順番に、優先的に出て行って良いのです。
まさに「早いもん勝ち!!」

それと、多い標識が「鹿に注意!」
野生は本当に大きいので、ものすごく危険です。

スクールバスが停まっている時、後ろの車は追い抜いてはいけないのですが、反対側の車も、バスが動き出すまで、動いてはいけません。
つまり、スクールバスが停まっていると、どの車も硬直して、動き出すのをじっと我慢して待っているのです。

美国で、日本と違って気をつけなくちゃならないのは、
「方向指示のランプを信用するな!」
です。
たとえランプが「右曲がるよ」と言ってても、曲がらず素通りする事があります。
ランプを消すのを忘れているのです。
また、ランプを点けないで右折や、左折をします。
右折、左折専用の道路が至る所にあるので、皆は
「この道は専用やから、ランプなくとも判るやろ。」
と言う、生意気と言えば生意気、当り前と言えば当り前の考えです。
ランプが点いている時は、確実に曲がるのを確認するまで飛び出さないっと。

この規則や標識を見ると…合理的なんだか…何なんだか…C= (-。- )
スポンサーサイト
【2005/04/30 23:35 】
| コメント(0) | トラックバック(0)
運転免許
私の住んでいる所は特に、車が無いと生活出来ません。
その為、ほぼ、ひとりに1台車を持っています。
そして、何歳になっても運転をします。
(80歳以上のお年寄りも例外ではありません)

運転免許の取得方法は、州によってさまざまです。
私の州では、以下の手順になります。

?ペーパー試験を受ける。

費用はタダです。試験場は平日9:00?17:00
50問の4択マークシート。3問間違えると不合格。
試験場は市役所のような所で、申請書発行手続きみたいです。
窓口に行って、「試験を受けたい」と言うと、その場で用紙をくれます。
いつ行っても、何時間かけて回答してもかまわず、記入が終わったら窓口に提出します。するとその場で、点数チェックをしてくれ、合否が判定されます。合格するまで毎日行ってもOKです。

?合格したらIDカード(仮免許証)発行の手続き

此処で初めて発行費用がかかります。
写真をとって、即日発行してくれます。
これで、免許取得済の同乗者が居れば運転出来ます。

?路上試験を受ける。

ペーパーが合格してから半年以降の期間が必要です。
「半年間、車の運転を練習する」と言う理由からです。
路上試験は市内を検定員の指示に従い走ります。
日本のように、細かい指示はありません。
検定員の人は、方向を指示するのみです。
シートベルト、制限速度を守る、標識に従う、これを守って走るだけ。
ポンピングブレーキ(でしたっけ?)も必要なければ、片手で運転しててもOKです。ただ、路上駐車の検定はあります。
2回、路上試験で不合格だと、ペーパー試験からやり直しになります。

?合格すると、免許は即日発行

発行費用がかかります。免許証の有効期限は4年。
更新手続きは、旧免許証を提出して、写真を撮り、再発行するだけ。
当然、いつ行っても良く、すぐに発行されます。

車が無いと生活出来ない事を知っているので、合格するように配慮してくれています。運転免許は、15歳から取る事が出来ます。
但し、18歳までは、ひとりで運転、夜の運転は禁止されます。

此処では、スピード違反、シートベルト未着用が非常に厳しくなっています。一度違反すると、即免停処置が下されます。
日本のように講習を受けて期間が軽減する事はありません。
…ただしその間、通勤と、近くのスーパーまでは車を乗っても良いのです!
車が無いと生活出来ない、という事がここにも現れてます(笑)

日本のような検問(理由も無く車を止める事)はありません。
蛇行運転や、スピード違反、標識無視を見つけた時のみです。
違反で車を止められて、お酒を飲んでるのが判った時にはJail(拘置所)に何日か拘束されます。
…それでもその間でも仕事には行って良いのです!
仕事が終わればJailに戻ります(笑)

普通のパトカーと、Sheriff(郡保安官)が常に道路を巡回しています。
毎日、どちらかの車は見る事が出来ます。
簡単に免許が取れるけれど、それなりに管理しているので事故は少ないのかも…。
【2005/04/30 01:13 】
| コメント(0) | トラックバック(0)
最初に…福知山線での脱線事故を本日知りました。
怪我をなさった方には本当にお見舞いの気持ちを、お亡くなりになった方々に対しては、心からご冥福をお祈り致します。
私も、福知山線には乗った事があります。
そう、今はたまたま乗り合わせていなかっただけなのだと思います。
驚きと、人災であると聞いて、ショックを隠せません。
一時も早く改善をして頂き、二度とこの様な悲惨な事の無い様になりますよう、切に祈っております。

私の住んでいる所には、電車も、汽車も、路線バスも走っていません。
スクールバスがあるのと、タクシーが2台、ハイヤー(リムジン)を手配できる会社が1社あるだけです。
皆の移動手段は、自家用車だけになります。
車が無いと、どこへも行く事が出来ません。
ですので、皆が車を所有しています。

…ごめんなさい、続きは明日にします。



事故にあわれ、怪我をされた皆様と、不幸にも亡くなられた方々のご遺族様が、一日も早くお元気になられますように…。
【2005/04/29 07:43 】
日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
会話
言葉について、もう少し書く事があります。

よく「英語は早いうちから勉強していると話せるようになる。」
と言われます。これが(決して間違ってはいませんが)正確ではないのです。(°O° ;)

これは、家族で美国に住んでいる日本人の方から聞いた話です。

ご両親はどちらも日本人で、二人姉妹の子供のうち、妹さんは美国で生まれました。以来ずっと美国に住んではいます。
ところが、5歳になるまで妹のほうは英語を話せませんでした。
普通に話し、理解出来るようになったのは幼稚園(Kindergarden)に行くようになってからです。

プチ解説: 4 ?5 歳 Preschool(幼稚園の年少さん)
       5 ?6 歳 Kindergarden(幼稚園の年長さん)
       7 ?12歳 Elementary school(小学校)
       13?15歳 Junior high school(中学校)


まず第一に、土地が広大すぎて、お隣さんが1km近くも離れている事が理由です。他のお友達と遊びたくても、近くにお友達がいないのです。
(これは、私の住んでいる所だからかも知れません)
当然、ご両親のお友達の所のお子さんと遊ぶ事になります。
そのご家族は、ほとんど日本人のお友達家族とのお付き合いをしていました。会話は日本語。その結果、英語に触れる時期が遅くなったのです。

もうひとつは、美国の習慣(あり?法律だわ)にあります。
美国では、ほぼ12歳までは子供だけで家にいさせてはいけません。
常に保護者がいなければなりません(そういった意味でベビーシッターが必要なのです)。
それが発見されると、両親は罰せられます。

先の日本人ご家族の場合、ご主人はお仕事ですが、奥様は常に家に居ます。ベビーシッターは必要なく、日本語で会話する為、ここでも英語に触れる機会を遅くしました。

ご両親の言葉です。
「私らが気を使って教えへんかったから、下の娘は日本語でもない、英語でもない、なんやごちゃまぜの言葉喋ってて、えらい難儀したわ(関西の方達です)。何ゆってるかわからへんねんもん。」
冗談のつもりで言ったのだと思いますが、私は笑えませんでした。
美国には、日本語放送のTVもあり(標準語です)、当然英語でのアニメも放送し、ご両親は関西弁で喋り…。子供にとっては…もしかしたら辛かったのかも知れません。

でも、幼稚園に行くようになって、ほんの数週間で英語を理解しました
(す、すごい!)。
今では、ご両親は別の悩みを持っています。
子供達と話してる娘の…英語が…理解出来ない!
これには笑いました。そして、子供達に諭すように言っているのだそうです。
頼むから…私らと話す時は日本語使って。」(笑)
【2005/04/28 04:55 】
言葉 | コメント(0) | トラックバック(0)
言葉
此処、美国では英語で会話します。
…あ!当たり前やん!って思った人、手を上げて下さぁ?い!

(^o^)/

英語と同じくらい(ってこれはオーバーか…汗)かなりの人がスペイン語を話します。電気機器の取扱説明書にもスペイン語での説明があります。TVの字幕もスペイン語があります(にゃははは)。
何で何で?!って思った人、足上げて下さぁ?い!

\( ^∇^)/θ(って何やらすねん!)

これは、メキシコ人が此処、美国に多いからです!
皆、美国に仕事を求めてやってきます。
メキシコの人は、陽気で元気で屈託がありません。
本当にほとんどの人がイメージそのままの性格をしています。
会って話してると本当に楽しくなっちゃって、踊りだしたくなるほどです(笑)。

メキシコの人達のエピソードは、後日に回すとして…。
ともかく、基本は「Queen's English」と言われる英語を話します。
当然、私も…拙い英語で話さなければなりません。
んが!ほとんど中学で習った単語と文法で、会話が成立して、何となく通じるのです!!
何とビックリ\(@O@)/
美国の人達は、英語を満足に話せないと知ると、とりわけゆっくり、丁寧に、簡単な単語を使って話し始めます。
ちょっとくらい文法がおかしくとも、発音が変でも、相手のほうが聞き取ろうと必死になってくれます。
とっても、優しい人達です。
尚且つ、イメージどおりのフレンドリーさで、どんどん話しかけてきます。
すぐにお友達は出来、今は拙い英語で色々会話してます。
そんな訳で英語はなかなか上手くなりません…(笑)


私の兄が(あ、私は兄と同居しています)しみじみと申しておりました。
「俺、もっと英語勉強しとったら良かった…。中学校の時の塾の先生に、土下座してあやまらなあかん…。」

塾の最初の授業の時に先生が、
「今は、20人にひとり、英語を話せる人がいれば充分でした。でも、5年後には、5人にひとり、話せなくてはならなくなります。あなた達は、だからこそ中学から英語をお勉強するのです。」
と、言ったそうです。
中学1年の兄は、その時、豪語したんです。
『なにゆぅてんねん!5人にひとり必要やて?俺が英語話せへん4人の中におったら必要無いやないか!勝手な事ゆぅて、塾代稼ごうゆう腹やな!そんな手にゃ乗らんで!!』
中学生の分際で、こんな生意気な事をほざきやがる兄でした。
兄は、結託しようとして乗ってこなかった友達を尻目に(私が見ても判るほど)まったく身を入れて勉強しようとしませんでした。

当時、兄には仲の良い友達(今でも付き合っています)が4人いました。
その友達は、現在日本在住で、英語と関係ない仕事をしています。
ひとり、そう、文字通り「5人にひとり」の中にどっぷり嵌ったのです。

兄は、お酒を飲んで酔っ払うと、いつもその事を言います。
「誠に申し訳御座いません!
私が心の底から間違っておりましたっ!m(j◇j)m
…今度会ったら、土下座してあやまらさせて頂きますっ!」
私を塾の先生に見立てて、その時の為に予行演習をしているアイタタな兄です(笑)

話がそれましたが、ともかく、美国での会話は何も心配する事はありません。
美国に住む時にも「No Problem!」(…あ、私もアイタタ)
【2005/04/27 08:52 】
言葉 | コメント(2) | トラックバック(0)
美国のTV番組
美国では、日本でもある「Perfec-TV」のような有料TVが主流です。
普通のチャンネルはほんの少しで、
「Insight」に代表されるケーブルテレビ、
「Dish Network」「Parfec-TV」に代表される衛星放送。
それはもう、チャンネル数は驚くほどです。
ジャンル別に専門チャンネルがあるのですが、問題は内容。
チャンネルは数限りなくあっても、番組には限りが…(当り前!)。

笑ってしまうのは映画専門チャンネル。
先月でしたか、「Rocky Marathon」と称してS・スタローンの「ロッキー???」を順に、1週間流し続けてました…┐(´▽`;)┌ 
アーノルドシュワルツネッガー、シルベスタ・スタローン、
ハリソン・フォード、ブルース・ウイリス…etc.(敬称略)
など、1週間で見ない顔はありません。
何かの映画は必ずTVで放映されています。

新番組も例外ではありません。
今年の3月から日本のアニメ「金色のガッシュベル」が始まりました。
「Zatch Bell!!」と言う題名です。
始まったばかりなのに、金,土,日,と3日間それぞれ放映します。
(…長かった…これが言いたかった…)
ふふふん♪その日に忘れても?チェックしてればOKよ?♪

再放送ばかりではありません。
「新番組」と称して、他チャンネルの番組を放送します(大丈夫?)。
日本でも馴染みはあるでしょうか?
「Low And Order」「CSI」「X-Files」
などは、新旧取り揃えて毎日どこかで放送してます。
曜日によっては同じ時間にちがう「Low And Order」がっ!!

日本の番組も数多く放送されています(吹き替えですけど)。
「風雲タケシ城」(古っるぅぅぅいの。タケシさん若い!)
「料理の鉄人」(故人になった人も出演しています…アーメン)
「トリビアの泉」(日本語字幕がそのままです 笑)

日本アニメは溢れるほど放送しています。
「ワンピース」なんかもあります。
先週また新しいチャンネルで、「新番組」として始まりました…┐(´?`;)┌ 

♪アッバウト?で気疲れしない国?美国?♪
【2005/04/26 06:45 】
TV | コメント(2) | トラックバック(0)
時差
今は、お昼の2時、ひとつ前のblogから6時間くらい後です。
…って、時間がおかしいわ?と思いますよね?
4/24のblogがふたつで、これが4/25の最初?
と、ツッコミを入れて頂いた方ありがとうございます!

そうです、これが日本との時差なのです(得意気)。
私の所は日本と14時間の時差があります。
今は、4/24のお昼の2時、日本では4/25の明け方4時ですね。
これだけでも日本と遠く離れてることが解かります。

しかも!しぃかぁもぉ?!!…ちょっとしつこい…。
美国は同じ国内でも時差があります。
西部、東部、中部など、色々!
パソコンの「タイムゾーン」を見れば、あるわあるわ一杯!
美国は夏時間、冬時間などもあるので、同じ地域でも時差が出ます。
えっと、私の所は…あり?どれだっけ?

生活にはあまり困らないのですが…困るのがTVの番組予約!
TVはほとんどが東部標準時間を使います。
冬は今住んでる所と同じで、夏時間になると1時間早くなります。
油断すると「何これ?」の番組が録画されてます。
侮れません、美国!

そのせいで、大失敗をやらかしました(@_@;)
大事なお友達に送る番組を取り損ねたのです!!
どうしよう…一番大事な回だったのに…ブ…ゴ…シェ……(/_;)



…ふふふ…ふふふふ…HAHAHAHA!(わぁ?不気味)。
でも、大丈夫、美国ならではの解決策があったのです!
(私信)花果さぁ?ん!大丈夫ですよぉ?!!
ふふふ…気を持たせながら次号に続く…
【2005/04/25 04:43 】
日常 | コメント(2) | トラックバック(0)
天候
朝、空調のぶぅ?んと言う音に目が覚める。
外が明るい。
私は、暖かいコーヒーを用意し、その香りを楽しみながら窓に近づく。
外は雪景色。時折、風が粉雪を舞い上がらせ、車を白く霞ませる。
て、今は4月も終わりやん!!

そうです、美国は今、真冬なのです。
(昨日の日記に書きましたが)先週は初夏でした。
皆が半袖半パンツ、素足にサンダルでした。
今日はフード付きのコートに厚手の手袋でお出かけです。

私の住んでいる所は、いわゆる中東アメリカに位置します。
内陸で、地平線が見えそうなほどなので、寒暖の差があります。
もう、中途半端はありません。
20度の気温変化は当たり前!
天候も、雹が降ったり竜巻がおきたり、雨と雪が混じったり…。
それが1日のうちに、猫の目のようにくるくる変わります。

日本のテレビによく出る都会の景色も美国、此処も美国?♪
いやぁ…広い国ですこの美国。
これが、景色です。
Panolama_1s.jpg

【2005/04/24 22:47 】
美国の天気 | コメント(0) | トラックバック(0)
美国日記の1
「美国」とは中国語でアメリカの事。
発音で言うと「Mei Guo」
「めいくぉ」に近い聞き取りです。
何度も聞いてると日本人の言う「あめりか」に聞こえてくるから不思議!
…いや、一度も中国に行った事は無いんですけど…(汗)
…一度も本当の中国語で聞いた事は無いんですけど…(汗々)
少し、放送大学で中国語を勉強しただけなんですけど…(ハハハ…)
……知ったかぶりしてごめんなさい<(_ _)>

と、ともかく、美国在住です。
生まれは関西なんですが、流れ流れて日本から千キロ以上離れた此処まで来ました。
…いや、赤い靴も履いていませんし、ひいじいさんに連れられて来た訳でもありません。
?!古っるぅ?!ギャグまで古?!(*_*;
いつまでこの地で生活出来るのやら…(ΘΘ)(遠い目のつもり)
日本人の目から見た「美国」生活のあれこれを徒然なるままにつづってみようと思っています。
続きはどなぃ?(笑)
【2005/04/24 01:32 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。