スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
教育って何?
え?…


私、今の今まででっかい…
くじらの爪楊枝のように(でっかいくせにセコっ!)
それはそれは大間違いをしておりました。

前にどこかの記事で私は
『此処の義務教育は高校まで』とか、抜け抜けと言ったと思います。

でっかい、それはそれはくじらのt(ry
…間違いだったようです。

この国は自由の国。
守る『義務』はありますがそれはルール(法律なんかの事)。

『義務教育』っていうのはこの国にはないそうです。
あるのは「教育を受ける権利」。

言ってる事判ります?いいですか?
この違いをよぅ?く判りなさいね(わぁぁ…斜め上だ 笑)

例えば

15歳の悪ガキ「おぅよぅ!オレッちだって勉強してぇんだよ!
学校に行かせろよ!」

学校側「あ、そ、ぢゃ通えば?」
悪ガキ「へ?…ずいぶんあっさりだな…入学試験はねぇのか?」
学校側「ともかく教育を受けたいんだから学校に来れば?」

そして暫くして…

学校側「あんたテスト出来ないから落第ね♪」
悪ガキ「をぃ!さっぱり授業わかんねぇぢゃないか!
もっと優しく教えろよ!」

学校側「私達には判るように教える義務はないからね♪
授業について行けなかったら違う学校に行きなさいね♪
教育を受ける権利の行使は違う学校でも出来るから♪」

悪ガキ「えぇぃもう!やってられっかよ!もう学校行かない!」
学校側「あ、そ、ぢゃぁねぃ?♪」

つまり、「本人が教育を受けたい」と言ったら教えてあげる。
学校側はわかるように教える義務はない。ついてこれなきゃ切り捨て。
本人が辞めたい(権利を放棄する)のは自由。

ただ、学校側はその学力アップレベルで査定される。
学力レベルによって国からの援助金が違う(優秀な学校は援助が多い)ので
出来ない子供は違う学校に行ってもらうように半強制的に説得する。

…さすが自由の国(なのか? 笑)
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/11 05:48 】
意識 | コメント(2) | トラックバック(0)
人気の職業
また最近美国ネタが減って来てるこのていたらく(笑)

…と言いつつ無理矢理ご紹介すると…この前のようにますます怪しくなる。
その空気も読まずまたご紹介をっと。

美国の一般の人達、特に男性にとって最も人気のある職業って知ってます?

…宇宙飛行士?…弁護士?…プロフットボール選手?…スーパーマン?



て、小学生の将来の夢みたいやん(笑)

えとですね、今挙げた職業はある一定の資格、資質が必要になります。
例えば宇宙飛行士や弁護士はいっぱい勉強しなくちゃなんない。
プロの選手は小さい時から頑張んなくちゃなんない(笑)
多くの人にはなかなか手の届かない職業です。

で、最初の質問。職業選択の自由、それは…



ファイヤーマン!

…て、火を付けるほうとちゃいますよ。

…え?円谷プロの 特撮ヒーロー ともちゃいますって(笑)

はい、消防士の事ですね。
古くは『タワーリング・インフェルノ』のスティーブ・マックイーン、
新しくは『バックドラフト』のカート・ラッセルが演じた消防士です。

一たび火事が発生した時、危険を顧みず消化にあたる。
一瞬の油断は即、死につながる。
決して現場では手を抜いてはいけない過酷な職業。


かぁっこいぃ???♪

此処の人達が憧れるのは判るような気がします。
確実に消化活動をした時、それはそれはヒーローですもんね(笑)

ただ、人気のある理由はそれだけぢゃないんです。あとふたつあります。

ひとつは…


1ヶ月に9日しか仕事しなくて良いから(笑)

その少ない勤務時間で結構なお給料が貰えるんです。
もちろん危険手当が入っています。
あ、言い訳しときますけど…
9日の勤務は不規則な時間帯がたぶんに含まれてます。
なので決して楽と言うわけでは…。

それから…


なるのにあまり難しい試験がないから(笑)

特別難しい資格は必要ないんです。
いっぱい勉強しなきゃ…ってほどではないと言う意味ですよ。
身長、体重、体力などある一定の基準をパスする必要はもちろんあります。
けど、試験も司法試験や、大学卒業に比べて比較的受かりやすい。
基本的に体力勝負。此処の人達にはもってこい(笑)

最後にこれが一番の理由かも…







無条件で家をブッ壊せる!

火を消す為なら、ともかく徹底的に壊しちゃっていいんです。
一番大事な事は被害を最小限にする事。
また、取り残された人を一刻も早く助け出す事。
その為に行く手を阻むものは叩き壊す!

見てるととにかく荒っぽいなんてもんぢゃない。
火事の被害より破壊された被害のほうが多いんぢゃないか…ってほど。
此処の人達の性格が充分発揮できる職業です(笑)


…て、をぃ!


またみっつあるみっつある!


なり易くて、自尊心と給料、破壊の欲求を満たしてくれる職業。
それでも、火事に危険はつきものです。死は常に間近にあります。
命を張って仕事してる事には違いありません。
立派な職業だと思います。


…と、苦し紛れに無理矢理まとめてみる(笑)
【2007/03/15 00:26 】
意識 | コメント(4) | トラックバック(0)
1ドルコイン普及に対する生の声
satoshiさん の処で話題になっていた美国のお話。

1ドル硬貨を普及させようとする動きのある事。

早速兄の会社でアンケートを取ってもらいました。
その結果をクイズ形式でっと。



『クイズ 8人に聞きました』


て、少な過ぎやん!

いやいや、実は回答がほとんど同じなので少なくても良いんです(笑)

まず、『普及する事に賛成か反対か。』

賛成…0人。反対…8人。全員反対でした(笑)

理由です(複数回答可)

重いから…7人
使えないから…7人
記念にも何にもなんないから…7人
間違って使っちゃうから…4人
ティキバーで使えないから…3人

理由のコメントです(複数回答可)

「重い」と言うのは、1ドル札に対してです。

此処の人たちがあまり財布と言うものを持たないお話 をしました。
硬貨はほとんどの人がポケットの中に無造作に入れています。
お札の束であればポケットの中でも軽く持てます。
ジャラジャラと小銭は重くてイヤなのだそう(笑)

「使えない」と言うのは自動販売機での事になります。

自動販売機は1ドル硬貨を使えるよう全て更新しなければなりません。
日本では500円玉の時それをやりましたが、此処はどうでしょう?
これだけ広大な土地にある自販機は天文学的数字かも。
すんごくへんぴな処にある自販機…出来るんだろうか(笑)

「記念にも何にもなんない」と言うのは…

もう記念25セントで飽きて来てるんです(笑)
此処の25セントは新しい柄が年に5枚出ます。
各州が毎年その州ならではのデザインを作るのです。
例えばNew York州は『自由の女神』がデザインと言う風にです。
それが終わってないのに1ドルまで記念にする気は無いそうです。

「間違って使っちゃう」って言うのは…

大きさが25セントに似通ってるから。
ポケットから無造作に出した硬貨をいちいち確認するのが面倒なのです。
それならお札を出したほうが楽だとか。

基本的に此処の人達は硬貨を使う事に慣れていません。
日本人のように端数の金額を硬貨でまかなう事をしないのです。
…計算出来ないから(笑)

大きい紙幣で払い続けるので硬貨はどんどん貯まりポケットが膨らみます。
そりゃぁもうパンパンになるまで(笑)
硬貨を歓迎しない理由としては充分ですよね。
そう言った訳でコイン化を反対してるとか。


…て、え?あとひとつ残ってるって?…え?…あ゛…



んっと、「ティキバーで使えない」と言うのは…

チップはお札じゃなきゃ挟めないから。
何処に挟むんだって?…それを私に言わせる?
えっと…んっと…ヒモ………てへへへ…

と、可愛い娘ぶっても仕方ありません(笑)

ティキバーと言うのは…

お店のあちこちに丸いステージがあって、そこで踊り子さんが踊ります。

…て、ダンサーって言えぇぇ??!

女性のダンサーのステージには男性が、男性ダンサーのステージには女性が
…いわゆる「かぶりつき」の状態で体を乗り出して座ります。
手には細長く折った1ドル札を握り締めています。

ダンサーの人は、トップレス…女性も男性も(笑)
そのダンサーが「かぶりつき」の観客の前で踊るとその1ドル札を…
ビキニパンツのヒモに挟んであげてチップを渡すんです。
これがコインになると…パンツが重くなっちゃう(笑)

これこそが本当のコイン化に猛反対な理由!
…んな訳ないか(笑)

まだまだこの国では高額硬貨の普及は難しそうです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/03/02 00:19 】
意識 | コメント(6) | トラックバック(0)
意味不明な動物達
『い、痛い…。』

腕の痺れを感じ、私は目を覚ました。
身体が動かない。力が入らない。…たぶん、私は寝ているはずだ。

目を開けた。が、明りは入らない。
『…あ゛…またアイマスクが取れてないんだ。』
アイマスクを取ろうと左腕に力を入れた途端激痛が走った。
畳針をねじ込むような痛みが背骨の奥まで貫通した。
私は声にならない呻きをあげた。
それでも痺れた腕が動かない。これではアイマスクが取れない。

いつからこの状態だったのだろう。今日は何日?…
記憶を辿る事で血液が脳に向うのが判る。
頭の奥から弱い鈍痛…いや、疼痛か…それが感覚に現れる。

トクン…トクン…トクン…トクン…ドクン…ドクン…

徐々に痛みが大きくなり、そして眩暈に変わる。
『そうだ…お誕生日の言葉…あれは?…え?…何の事?』
意識が混濁している。記憶に霞がかかっている。

私は脳に昇る血液の量を加速させた。
心臓が躍動し血液が移動する度に身体中の痛みは激しくなる。
それは逆に私が生きている証だ。そう思う事にした。

ドクン…ドクン…ドクン…ドクン…

映像が脳裏に浮かんだ。やはり私はベッドに横たわっていた。
ブランケットを肩まですっぽりと被り、丸く、小さく蹲っている私。
灯りも無く、秒針の蛍光色だけが規則正しく動いているのが見える空間。







ガチャッ!

突然ドアノブが鳴った。ゆっくりと扉が開いてゆく。
『こんな夜中に…誰?…。』


リスだ。リスが立っていた。小学生くらいの大きさのリス。

彼は…ボンタンを穿いていた。
その手には…先端の尖ったサングラスが握られていた。ヤンキーリスだ。

目がギラギラと光っていた。彼が近付いて来た。歩き方がだらしない。本人は肩で風を切っているつもりが、たぶん頭が重いのであろう、肩を揺するたびに視線が泳ぐ。右肩を揺らせば一瞬の遅れで左から右へ頭が動き、左肩を揺らせば遅れてグルンと左に流れる。まるでからくり人形か、吉本新喜劇の売れない役者のオーバーリアクションのようだ。

『…ぷぷぷ…それ、わざと?それともコント?』
それでも彼は無言で私のほうに近付いて来た。
何か私に言いたい事があるようだ。目が口ほどにものを言っていた。
『ちょっ!…何々?!…私に何の用?!』

彼がグダグダと近付いてくる。ボンタンの擦れる音、そして獣の匂い。
強烈な野生の獣の匂い…私はむせた。吐き出すだけの激しい咳き込み。
肺の中の空気が一気に迸り出た。そして酸欠で意識が遠のく…遠く…。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

またもややってしまいました(笑)
今回の熱は39度くらいで大した事なかったんですが、お咳が酷かった。
息苦しくてたぶん酸欠でクラクラしてたんだと思います。
そう言う朦朧とした時に来る動物達(笑)
今回も無言で近付いて来ました。
いったい何を言いたかったのか…知りたいと思いません?
【2007/02/08 00:07 】
意識 | コメント(0) | トラックバック(0)
Go!スーパーボゥル!
え?…皆様…(結構気に入ってるんだすけど 笑)

日本では月曜日に『スーパーボゥル』の放映があったと思います。
プロアメリカンフットボールの頂点を決める試合ですね。

で…ぢつは…今回は…私の住んでる州のチームが…ごにょごにょ…

私は詳しくルールを知らないのでなんとも言えませんが…
この国では熱狂と言うか狂信と言うか、応援は凄まじいものがあります。

ハイウェイの脇には『Go! & Win!』の看板が林立。
グッズ販売店の店主さんは髪の毛をトレードマーク型に剃り込み入れて、
それを毎日朝のニュースで取り上げる(笑)
でも、それだけではありません。

こちらで試合が行われたのは日曜日の夜です。
その3日前の木曜日の事。





「たっだいまぁ?…帰ったで…。」
テンション低く兄が仕事から帰って来ました。
で、帰って来るなりクローゼットに向かい中で何やらゴソゴソ。

「兄ちゃん何してんの?」
「いや、ブルーの服あったような気がしてな…。」

聞くと、会社の総務通達が流れて来たんだそうです。

『明日は Blue Friday!青い服を着て来なさい。』

ブルーと言っても紺色のような色の濃いのはダメ。
理想は花紺、空色より濃くて、鮮やかな青。(こんな感じ 笑)

…て…へ?何の事?…

「此処のチームのチームカラーや。」


…………






うひょひょひょ!

会社ぐるみでアメフト応援?!


そうなんです。スーパーボゥルの応援をみんなで行うんです。
総務が通達を流して会社としてチームを応援してんの(笑)

兄の会社は作業服がありますが、この日だけは別です。
後で兄に聞いたら、チームのシンボルマークの入ったシャツやトレーナー
はっきりとチーム名の入ったキャップなら尚喜ばれます。
みんながブルー一色の服を着て仕事してたそう(笑)

…日本でもタイガースファンはいてますよね?
それでも仕事中にタイガースの縞のハッピはさすがに着れません。
此処は総務が半強制です。

さすが半端のないこの国…なのか?(笑)
【2007/02/07 00:05 】
意識 | コメント(3) | トラックバック(0)
頑張ってる人をほんとに尊敬してます。
「たっだいまぁ?!!帰ったでぇ?!!」

うぉ?!このテンション!また何かありました(笑)

聞くと、一度Fire(クビ)になった人が再就職してたのですが年季明けで
(笑)正式採用になったんだそうです。
その彼(米人)はすんごく腕の良い職人だったんですが素行不良でFire。
遅刻、無断欠勤、そして色恋沙汰。会社の同僚の奥様に手を出しケンカ。
この国でも致命的です。
Fireになった時、兄はすんごく落ち込んでいたんですが…復帰!!

3ヶ月前、その彼が会社に泣きついたのだそう。
兄の会社をFireになり、フリーターのような生活をしていたんですが
どんどん生活が苦しくなった。
その女性は前の人と別れてその人と再婚(子供が出来てたから 笑)して
ますます生活が辛くなった。

「おねげぇしますだ。心を入れ替えて精進しやすから雇ってくだせぇ。
毎日決まった時間に出勤しやす。休日出勤もどんどん致しやす。
うちのカカァとガキのため、なんでもしやす。ですからおねげぇしやす。
もう一度働かせてくだせぇ!」

と言ったかどうかは不明(笑)ともかくそれに近い事を言ったとか。

で、それが認められて職場に復帰。
…この国でもそんな事が出来るんですねぇ(しみじみ)。

ただ、3ヶ月は様子見の状態だったので、お給料は少し低かったとか。
その彼がめでたく試用期間を過ぎて正式採用されたんです。

兄はもう大喜び!また一緒に仕事出来るとウキウキです(笑)

「いやぁ…見違えたわホンマ…。朝は始業前の15分前にきっちり来てるし
どんな仕事も嫌がらんと進んでやりよるし、土日も休まんときっちり仕事
してるし…。前の生活がウソみたいや(笑)」


兄がしみじみ話します。兄はそう言う事に寛容なほうなんですが、その兄
がここまで言うんじゃ…前は相当いい加減だったようです。

「やっぱし、人間…生活がかかっとると一生懸命になるもんやな。」

私の住んでる処は、基本が自給自足である程度生活出来る田舎です。
お仕事は遊ぶお金を稼ぎ出す為に仕事をしてる(と言うと言い過ぎか)。

終業時間にはきっちり帰る。プライベートの緊急の用事の時は休む。
与えられた有給は何があってもちっちり休む。
会社の要請があってもプラーベートを優先させる。

此処に住む人達のおおよそは、そう言う感じの生活のようです。
例え会社を辞めるようになっても生活していけるからかも知れません。

ところがやはり、彼のように生活がかかるとそうではない。
会社を辞められないので一生懸命頑張って働く。
日本もそんな雰囲気がありますよね。
生活を確保する為に、生活がかかってるから一生懸命に働く。

これってもしかしたら…豊かになる為の必要条件なんじゃ…(え?)

ある程度お給料が少なかったり、ちょっと稼ぐお金が足りなかったりする
ほうが…人間頑張る気持ちが持続して…ステップアップが早いんじゃ…。


お仕事をした事の無いプーのたわ言でした。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/11/22 00:23 】
意識 | コメント(2) | トラックバック(0)
ほんとは日本の文化をきちんと教えてあげたいんだけど…
先日ウォルマートに言った時の事。

兄の会社の同僚(米人)が写真屋さんから出てくるところに遭遇。

…このウォルマートは私の住んでるアパートにも、兄の会社にも近い
ので色んな人によく会います(笑)

女の子の写真が出来たので取りに来たそうです。

聞くと娘の3歳の誕生日の時の写真だそう。
で、その時に衣装をプレゼントされたらしいのですが、それが…


『kimono!』

意識はしてないと思うのですが、七五三のような感じかと。

「おぅ!ちょっと Can I see か?」
「OH!Yeah!」

いつものように日本語と英語ごちゃ混ぜの英語で写真を見ようとする兄。
快く見せてくれるお友達。私も見せて貰いました。

わぁぁ…金髪でクリクリお目々のすんごい可愛い娘!!

…けど…これ…kimono?…








ジンベさんやん!

そうです、赤の花柄のド派手なジンベエ姿でした。
おかしいと思いました。30ドルもしたって言うんですけど…着物って
5千円以下で買えるものじゃないですものね。

その人はオリエンタルなジンベをいたく気に入っていて

「It's kimono!Cool!Very very beautiful!」

を連発!色とデザインにすんごい愛着がありそうでした。



けど…「それ着物とは違うんよ」などと言ったところで…
ジンベエと、浴衣と、着物の区別が此処の人に判る訳もなく…。
それを無理に教えた所で手に入れられる訳もなく…。









いっかな!(笑)

それでも、こんな可愛い娘にほんとの七五三用の着物を着せてあげたら…

メチャメチャ可愛いやろなぁ…。
【2006/09/13 00:54 】
意識 | コメント(3) | トラックバック(0)
秩序な人々
satoshiさんからもご指摘ありました。
私達人間が管理をする…その通りだと思います。
昨日の記事でちょっと申し開きする事があります(誰に?…笑)



この国の人は確かに狩猟民族の末裔です(笑)
なので、狩りが基本的に好きですね。
だからと言ってやたらめったら動物を狩るわけではありません。

私の住んでる此処で一番好まれているのが『鹿』
いわゆるディアハンターですね。

…そう言えばそんな映画、あったなぁ…。…ロバート・デ・ニーロ主演!
あり?…これも戦争映画だ…ベトナム戦争の。

あ!…話を戻してっと(汗)

鹿も無尽蔵に狩って良い訳ではありません。

まず、鹿狩り専用のライセンスを取得します。
このライセンスがないと密猟になり即Jail行き。

ライセンスがあっても狩猟期間が決まっています。
ライフルを使う場合1年でたった3週間
『BOW』、いわゆる弓を使うと1年で6週間ハンティングが出来ます。
まさに狩猟民族(笑)

で、鹿をハンティングしたら申告をしなければなりません。
そうすると認証のようなものをくれます。

この時に重要になるのが牡鹿か牝鹿か。
1年で狩猟出来る鹿の数は決まっています。
一番多い人で年間たった6頭。牡鹿はそのうち1頭だけ。
(牝鹿のほうが多いからなんだそうです)
その決まりを破ると…ライセンス剥奪&即Jail

狩猟出来る数が決められてるので出来るだけ大きいのを狙います。
なので、若い小さい鹿は安心です。
結構バランスが取れてて増えもせず減りもせずなんですね。

かようにどんな動物でもちゃんと数のルールを守って狩猟をするんです。

で…ハンティングした鹿は…もちろん…










食べちゃう!(笑)

まさに狩猟民族(笑)









…え?広い土地があるから密猟しても判んないって?

チッチッチッチッ ヾd ( ̄ー+ ̄)キラーン☆

甘い甘い。甘過ぎですわよ。
甘甘のクリームあんみつにハチミツかけて食べるより甘いですわ。
…て、美味しそうやね(笑)

まず1頭の鹿の重さは100キロ以上。捌くのは容易ではありません。
当然『肉の捌き屋さん』(って言うのかな?)に持って行きます。
其処で認証を見せないと捌いてくれないんです。

例え自分で捌けたとしても…バレないわけが無いんです。
だって…














自分でバラしちゃうんだもの(笑)

大きい鹿、しかも(シャレてるんとちゃいますよ)見事な角のある牡鹿
なんかを仕留めるとそりゃぁもう!

自慢しまくり!(笑)

そしてそれに負けまいとみんな頑張っちゃうんです。

鹿撃ちに行く時は、何人かで連れ立って行きます。
それも仕留めた時の大きさを自慢したい為。
自慢できない事はやらないんです。
そして、たとえ密猟でも、見事なのが仕留められたら自慢しちゃう。

…………




「こないだ鹿撃ちに言ったんだけどね、いやぁ見事なのが獲れたよ!」
「ほう!角の大きさは4ポイントか?」
「いやいやそんなもんじゃないぜ!6ポイントさ!
そりゃすげぇな!…て、お前…今年2頭目じゃないのか?」
…あ゛…。」

こんな感じ(笑)

あ、『ポイント』って言うのは片方の角の枝分かれした部分、3インチ
以上の角の事を言います。ポイントが大きいほど角も大きくなりますね。

密猟だったとしても黙ってられない人達…まさに狩猟民族(笑)
【2006/08/21 00:01 】
意識 | コメント(5) | トラックバック(0)
真実と正しい事
実は昨日の記事にはもっと哀しい後日談があります。

神を信じてらっしゃる人には少し毒があるので<< 続く >>に入れときます。
ご興味と勇気のある方はどうぞ(笑)

あ、色分けは昨日と同じにしておきます。
判んなくなっちゃうかも知れないので(汗)
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/29 00:12 】
意識 | コメント(2) | トラックバック(0)
信じる心…
昨日の記事、神様の事で興味深い内容。
そして、桜さんのコメントにもある進化論…。

ちょっと笑えないお話を聞きました。
オブラートに包む意味で物語風にっと(笑)でも実話です。
お友達の名前は…仮名ってどこまで来たんだっけ?(汗)…江濡さんだ。

…こんな所でボケてどうするん!…あい、ごべんばばい。

ともかく、微妙なお話で、長くなるので<< 続く >>に。
敬虔なクリスチャンの方はご気分を害するかも…(汗)
続きはどなぃ?(笑)
【2006/07/28 00:09 】
意識 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。