スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Never Ending Story
神々の光


リビングに 積み木のように 積みあがる

確たる事実(あかし) 今 幕を閉じん



子をくわえ フ…と立ち止まり 振り返る

箱のクロネコ 何も語らず



皆様、華小町…いえ、凛です。
のっけから妙な短歌で始まってしまいました。
言わなきゃ言わなきゃと思い…つい今まで引っ張っちゃいました(汗)

何からお話すればよいか…

ご訪問下さるお客様の中には、このblogの更新が突然滞りがちになった事に不審に思われたかたもいらっしゃると思います。そう、先月から急に…。

実はお引越しの準備に追われていました。
兄の転勤が急遽決まったのです。今度は…

泰国(あ…中国語読みです。『タイ』と読みます)

今、泰国は政情不安だとかで、なかなかビザが取れなかったのですが先日やっと取得できたとかで、今月末にそちらに移動します。プーの私はもちろんひとりで美国にいるわけにいかず、ついて行きます。最初、此処に来る時一緒に来てた母も、泰国には一緒に行くそうです。



タイトルである『美国』、そこでの日記は今月でお終いです。
今度行く処にネット環境があるかどうかも判然とせず(頓着の無い兄のせいです)皆様にお会い出来る事もお約束出来ません。
ごめんなさい。

ただ、永遠のお別れではありません。
ノボセでハジケの私の事、何とか復活のめどを立て、戻って参ります。
それまでご容赦下さいませ。

皆様、本当にお世話になりました。
お友達ひとりひとりに出来る限りご挨拶したいのですが…
もう後2週間しかなく、今こんな処でお話する私をお許し下さい。

最後に…かずみ姉さんと共に歩いた華小町になって…



空の蒼


窓の先 冴え冴えと蒼 抜ける空

遥かに広がる 萌え立つ緑



美国の空


夕陽(ひ)が沈み 刷く紫に 霞み行く

空を眺める 今はまだ9時






チビッ娘に 『生きる』を教えて くれました

心の支え 美国(うつくしのくに)






仲良くして下さったお友達…


お友達になってくれて  本当にありがとう

一緒にあそんでくれて  本当にありがとう

楽しいお話してくれて  本当にありがとう

色んな事教えてくれて  本当にありがとう



来て頂いた皆様心から  本当にありがとう



私はこの国を後にして  新しい処で生きる

不安なことは不安です  それでもわたし…




元気です♪

スポンサーサイト
【2007/07/18 21:41 】
華小町 | コメント(20) | トラックバック(0)
さあ…笑顔を見せて…
これほど近い月は


満つる月 藍の夜空に 朱(あか)を射し

 冴え冴えと近く 心静かに






皆様…卯月ももうそろそろ末を迎えようとしております。
華小町でございます。

先日 かけがえの無い姉様 のご卒業をお送り致しました。
そしてまた…
小町を可愛がって下さったお方 が…ご卒業なさいます。

殿方の本分のお仕事、しかもやりがいのあるものであればそれは喜ばしい事。
正しく送り出して差し上げるのが必定。

明日からの2日…華小町は感謝の気持ちと共に


華小町歌集「共に過ごした日々」をお送り致します。

宜しくお付き合い下さいませ。

かしこ




…あ…その前に…

H×S塾長さまのお住まいになっている場所…
哀愁の街を詠ませて頂きました。
お気に召して頂けると宜しいんですけれど…






目を上げて 哀愁の街 闊歩する

  決意の言葉 耳掻っ歩じる



駅前の ビルの5階の ポテトクラブ

  美結ちゃん指名で コスプレ無料



レンタカーの 三叉路を抜け その先は

  『レッドバロン』と『100萬ボルト』



陽は下がり 送電塔を 朱に染め

  蝙蝠が舞う 江戸川の支流





……………あり?…………
【2007/04/29 12:00 】
華小町 | コメント(5) | トラックバック(0)
塾生であると言う事

塾帰り 駄菓子屋パシり 買い食いす

ロイヤルクラウン ミリンダグレープ

ロイヤルクラウンコーラミリンダグレープ




補習中 カツカツ響く チョーク音

カチカチと鳴る 早や弁の箸



それぞれの 個性を伸ばす 妄想塾

私の特技 アイタタとノボセ



鼻先に ハリセンの音 木魂する

涙目の先 なお いと可笑し



…………あり?……また?…コホン…





この肩に 羽毛のように 手を乗せる

柔い温もり 塾生の皆



集い合う 皆の言葉と 笑い声

灯りは消えぬ それぞれの胸



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/28 00:00 】
華小町 | コメント(6) | トラックバック(0)
…そして旅立ち


アイタタタ 受けたバトンで 大火傷
道連れ探し  を疾風(か)ける



塾企画 迷走に次ぐ 迷走に
自ら名乗る ダイヤモンドヘッド凛



柔らなる 言の葉紡ぎ 手を繋ぐ
コラボの輪の中 弾き語りに似て



塾幹部 企画に萌えて ノボセ上がる
めくるめく色 縁日のよう



あの重樹 ワールドカップに テレヒデオ
伝説の人 伝説になり



カブセ隊 blogジャックも お手のもの 
ノボセの虫は 超絶好調???!






………て、ありり?やっぱし?…………(をぃをぃ)



目を細め 優しく明るく 見守る人
瞬時(すぐ)に縮まる 幾千の距離



手をかざし 旅立つ人の背 送り出す 
出会いはこんなに 貴重な宝石



遠くから 顔見ぬあなたの 声を聞き
笑って送る 卯の花の月



忘れない 素敵な出会い ありがとう
空の蒼さを 気づかせてくれた人
空の蒼




風が頬に まとわりつく 
遠く彼方に 淡い薄雲
ゆらめくように 芝が揺れる 
微かな音が 耳をくすぐる
私は遠く 蒼を望む 
傍に誰かの 心を感じ


つながる空に 姿を思う 
その人はふと 振り返り
こぼれる笑顔で 右手をあげる
その手が揺れて 霞んでゆく

その手の形は 決して忘れない…


声にならない 言葉をかける



胸を張り 心置きなく 頑張って
 

さぁ…






行ってらっしゃい


【2007/04/27 00:00 】
華小町 | コメント(7) | トラックバック(0)
せめて心を
彼方に思いを馳せて…


筆をとり 文机(ふみ)に向いて 手を止める

  思いは遠く あの姉様(ひと)のもとへ





皆様、お聞き及びの事と存じますが…

もうひとりの華小町がご卒業なさいます。

かけがえのない姉様。
華小町を育てて下さった姉様。
今、こうして皆様に拙い歌をお見せ出来る機会を下さった姉様です。

旅立ちをご決心なさった姉様に小町の出来る事、それは…
精一杯応援して差し上げる事。

遠く異国の地から出来る事は限られています。
どうにもならないこの身が口惜しい…。
それでも小町は姉様にお送り致します。

明日からの3日間… 私ひとりの華小町…


華小町歌集「卒業 ?姉様へ?」


お送り致します。








その手から 零れ落ちる 花びら

  見る友の胸に ひとひら分けて…

零れ落ちる花びら
【2007/03/27 00:00 】
華小町 | コメント(6) | トラックバック(0)
第一夜 旅立ち行く瞬間(とき)
桜咲く…


「おめでとう!」 涙をながし 駆け寄る人
  「あの人誰よ?」 「教育実習よ」



後輩に 見送られる 卒業生
  中に混じって 元同級生



卒園式 バリッと決めて 記念写真
  袖からのぞく クリーニングタグ



卒業生 証書もらいに 壇上へ
  同時に動く 右手右足



パチスロに 競馬競輪… もう卒業 
  授業料で いっぱいいっぱい



カップ麺 3日に分けて 口にする
  月末と卒業 ダブルパンチで


…………あり?……









その手を…

「やりなおそう」 握るその手を するりとかわし
  一歩踏み出す 未練断ち切り



その涙 涸らすことが 出来るなら
  旅立つ事を 躊躇はしない 







その手から 零れ落ちる 花びら
  見る友の胸に ひとひら分けて…
零れ落ちる花びら


【2007/03/26 00:00 】
華小町 | コメント(2) | トラックバック(0)
第二夜 哭く心…そして精一杯の… 

花びらを見つめて

桜咲き ヒラヒラヒラと 舞い降りる
  花びらの向こう あなたの笑顔



「卒業ね」 明るい声で 差し出す手
  頬を伝う 泣き笑いの顔



「これからも また会えるよね?」と 言いたくとも
  声を詰まらせ 呟く唇



涸れるなら 涙のあとが 消えるなら
  せめて笑って 誤魔化せるのに





桜と月
 
私の頬に    涙はいらない
旅立つあなたを 笑って見送る
私は私の    送り方がある

色んなものを  くれた姉さん
色んな言葉を  くれた姉さん
私があなたに  送りたいもの


さあ…


胸いっぱいの  心をどうぞ











その手から 零れ落ちる 花びら
  見る友の胸に ひとひら分けて…
零れ落ちる花びら

【2007/03/25 00:00 】
華小町 | コメント(4) | トラックバック(0)
第三夜 悠久の契(つながり)
かぶせ隊 レディース総長 卒業し
これからマタ?リ おコタでみかん



総長が パシ凛に言い パシらせた
短歌(うた)と言う名の ヤキソバパン


…………ありり?……










雲を追い 蒼を見つめて 目を細む
  繋がる彼方 馳せる面影
そう、蒼の彼方に…



遠くありて 現(うつつ)にこの身は 見えずとも
  常に寄り添う 心と心



涙より 思いっきりの 応援と
  精一杯の 得意の笑顔を♪



手の平に そっと重なる 細い指 
  あなたの色に 染まりゆく時
ねえ…手を添えて…



「詠いたい」 ゆらめくように 湧き上がる
言葉を紡ぐ 溢れる思い




「ただいま!」の 溢れる笑顔 華小町
  我が身は悠久(とわ)に ふたりでひとり








その手から 零れ落ちる 花びら
  見る友の胸に ひとひら分けて…
零れ落ちる花びら

【2007/03/24 00:00 】
華小町 | コメント(7) | トラックバック(0)
歌を詠むということ
皆様…お久し鰤でございます。華小町でございます。

と、申しましても…今、訳合ってフュージョンは私ひとり。
本日は皆様に、短歌の楽しさをお伝えいたします。

詠人は私…華小町。

寸評は…華・R・小町でお送り致します。




華小町歌集  「詠人知りたくならず」

それではどうぞ。







市役所で 婚姻届の 提出時

  「妻」のところに 「毒」と書き込み


寸評:
喜び勇んで提出する若い新婚夫婦。だんな様の緊張する姿が目に浮かぶようです。そして極度の緊張の時に出る何気ない本音。秀逸の作品ですね。





夕食の 茹でたキャベツを 見た娘

  「母さんキャベツが… 弱ってるわ」と


寸評:
子供の純粋な視線をよく捉えて、ほのぼのとした雰囲気をかもし出している作品です。季語の「春キャベツ」が季節を感じさせ、暖かい作品となっていますね。





たまにはね♪ ネィルショップで お洒落して♪

  差し出す指に ゴム指サック


寸評:
爽やかな春を向え、女性達もウキウキとオサレをしたくなるような高揚感が垣間見える作品です。上気してピンクに染まる頬、ネイルショップにあるカラーの色鮮やかさと、指先についた指サックの青の素敵なコントラストが想像できる作品になっていますね。





安全の 注意喚起を する看板

  「シートベルトを 諦めようね♪」てww


寸評:
車の運転中に見た交通事故防止の注意喚起の看板。何気ない風景を鋭く捉え、私達に『はっ!』っと目を覚まさせてくれるような気がします。「締める」と「諦める」の対比が世情を反映している、社会性のある重厚な作品になっていますね。



………………………………



皆様…短歌と言うものは、自由に、心に浮かんだ情景を言葉に紡ぐだけ。
そして、無理に難しい言葉を選ぶ必要はありません。
誰もが思いつくまま、言葉の湧き上がるままに詠ってみませんか?(笑)



forhanakomachi-thumbnail2.jpg
もうひとりの小町の処へお行きなさい
【2007/03/09 00:27 】
華小町 | コメント(5) | トラックバック(0)
君の手の中
その努力 消える事ない その思い

   日々積み重ねた 己を信じて



辛い時 皆の言葉を 思い出し

   一歩だけ…そう あと一歩だけ





君 忘れる事無かれと 信じる事
君 諦める事無かれと 続ける事
君 折れる事無かれと 決する事

皆の心は その思いと共にある







成功と 誉れを掴む その日まで

   エールを送ろう この身朽ちるまで







華小町と 魁!妄想塾 のH×S塾長さまとの出会いは7月
でも 凛と彼の出会いはもっと前…4月4日
その日が運命の出会いだったのかも知れませぬ
華小町の誕生の…
そして不思議な縁…

今 彼は大きな試練に立ち向かおうとしている
そして栄光を掴む為に敢えて苦境を選択する

華小町は心とこの身を全て懸けて応援致します
その決心に呼応する 湧き上がる魂と共にエールを送ります

その弛まぬ努力の結果が必ずや実を結ぶように…



小町の幸は あなたの目標
小町の夢は あなたの希望
小町の笑は…あなたの笑顔






栄光を 掴むその手にこの指を そっと添えましょ華小町

forhanakomachi-thumbnail2.jpg
もうひとりの小町の処へお行きなさい
【2006/09/01 00:03 】
華小町 | コメント(11) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。